本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「レコンキスタ」「パルチザン」 ウクライナで過去の戦争用語がよみがえる
「レコンキスタ」「パルチザン」「ジェノサイド」「レジスタンス」——ロシアのウクライナ侵攻で、世界史で習ったような歴史用語が飛び交っている。「レコンキスタ」は領土回復、「パルチザン」は主として外国による不当な侵略に対する抵抗運動のことだ。...
別窓で開く

ロシアによるウクライナ侵攻から3カ月がたったが、いまだに戦争終結のシナリオは描けない。プーチンは当初、数日で首都キーウを占領し、ゼレンスキー大統領を逮捕したうえで傀儡政権を樹立できると考えていたとされる。これが戦略的な大失態であることが明らかになって、いまは東部のドンバス地方に兵力を集め、支配地域の...
別窓で開く

ブラックジョーク? ウクライナをロシアの一部のように演説していたプーチン
2014年のクリミア半島併合はロシアの、ウクライナの安全のためだと主張したプーチン。クリミアに兵士を送り込んだ張本人が、なぜこのようなことを述べるのだろうか? そこには、ウクライナに対するロシアの秩序観が影響していた。ロシアの軍事研究の第一人者・小泉悠氏が、2022年現在のロシアによるウクライナへの...
別窓で開く

ウクライナへの“電撃”侵攻はロシアが併合するための常套手段
ロシアの都市ソチで冬季オリンピックが開催された2014年、クリミア半島占領に踏み切ったロシア。細部には多くの違いがあるが、電撃的な軍事作戦などの方法は、今回のウクライナ侵攻と重なる部分が多い。ロシアの軍事研究の第一人者・小泉悠氏によるクリミア併合時のロシアの主張とそのプロセスの解説から、ロシアが仕掛...
別窓で開く

ロシアを「北朝鮮化」してアメリカに挑もうとする中国の狙い
自由民主党・参議院議員の青山繁晴が4月20日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナ情勢について解説した。...
別窓で開く

プーチン大統領を戦争行動に駆り立てる「ネオ・ユーラシア主義」
ジャーナリストの須田慎一郎が4月18日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。プーチン大統領を動かす「ネオ・ユーラシア主義」について解説した。モスクワで、取材に応じるロシアのプーチン大統領(ロシア・モスクワ) AFP=時事 写真提供:時事通信ロシアの民族主義者の間で出回る「ネオ・...
別窓で開く

2013年の「ユーロマイダン」から激化したウクライナの内部分裂
EUとの協定締結を取りやめた当時のウクライナ、ヤヌコーヴィチ政権。それに対して抗議の声を上げる市民たち。当初は、声を上げ旗を掲げて行進する平和的なデモだった。しかし、ウクライナ政府がその対応に機動隊を投入したことで、デモは過激な活動へと発展していく。なぜ、ウクライナ情勢は沈静化しなかったのだろうか。...
別窓で開く

ウクライナがロシアの勢力圏下に留まざるをえなかった理由
ロシアと西側諸国のあいだでバランスを取っていたウクライナ。しかし「オレンジ革命」により樹立されたユシチェンコ政権は、NATO加入を掲げロシア離れを図った。ウクライナが、ソ連崩壊後にロシアとの関係を悪化させる方向に動かなかった理由を、ロシアの軍事研究の第一人者・小泉悠氏が経済の視点から解説する。...
別窓で開く

「勝利を確信」しているウクライナの人たち 〜キエフの状況を現地からレポート
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月29日放送)に映画監督でジャーナリストの新田義貴氏が生出演。ロシアによるウクライナ侵攻のなか、ウクライナの首都・キエフの現状をレポートした。ロシアによるウクライナ侵攻の懸念が高まるなか、国土防衛に協力したいという一般住民の軍事訓練が行われた。...
別窓で開く

ロシア語で「キエフ」、ウクライナ語では「キーウ」。両国の異なる文化を知る
世界中が注視するロシアによるウクライナ侵攻。ロシアの勢力圏は旧ソ連諸国、中東、東アジア、そして北極圏へと張り巡らされているが、その狙いはどこにあるのか? ロシアの軍事研究の第一人者・小泉悠氏は、ロシアとウクライナの文化的な背景について以下のように解説しています。...
別窓で開く


<前へ1次へ>