本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



習近平主席が東南アジアで外交攻勢、20カ国首脳と会談—改革開放、ゼロコロナ緩和もアピール
11月にASEAN関連首脳会議、20カ国・地域首脳会議(G20サミット)及びアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議などがカンボジア、インドネシア、タイで開催された。一連の国際会議に第20回共産党大会で3期目続投を決めた習近平国家主席が出席し、活発な外交活動を展開した。...
別窓で開く

「孔子学院」に排斥の逆風、海外の影響力拡大のため職業訓練校で巻き返しか—中国
中国は2009年から、海外の大学と提携して、中国語や中国文化について教える組織の「孔子学院」を設置してきた。しかし孔子学院には、中国側の政治宣伝を行っているとの批判も高まり、閉鎖される事例も相次いでいる。米国の政府系メディアであるボイス・オブ・アメリカは6日付で、中国は、発展途上国での設置に力を入れ...
別窓で開く

「ニホンは強すぎる」U-20アジア杯で日本と同組の中国が悲嘆! 早くも白旗ムード「何失点するか…」
 U-19日本代表が挑むU-20アジアカップの組み合わせが10月26日に発表され、日本はグループDに入り、中国、キルギス、サウジアラビアと同組(対戦順)となった。 このドローの結果を受けて、日本、サウジアラビアと同居した中国は早くも白旗ムードのようだ。  中国のポータルサイト『捜狐』は、「...
別窓で開く

キンタナ氏「韓国の国連人権理事国落選…文政権の基調が否定的な影響」
トマス・オヘア・キンタナ元国連北朝鮮人権特別報告官は、韓国が国連人権理事会理事国選挙で落選した背景の1つとして、ムン・ジェイン(文在寅)政府の基調を挙げた。キンタナ氏は27日(現地時間)、米国の声(VOA)とのインタビューで、「(韓国が)人権理事会で席を失うのは、アジア太平洋地域にとって悪いニュース...
別窓で開く

U−20アジアカップの組み合わせ決定…4強進出で来年のU−20W杯出場権を獲得
U−19日本代表が出場するAFC U−20アジアカップウズベキスタン2023の組み合わせが決定。日本はグループDに入り、サウジアラビア、中国、キルギスと同組になった。 大会は2023年3月1日から同18日にかけて行われ、2023年5月〜6月にインドネシアで行われるFIFA U−20ワールドカップの予...
別窓で開く

U-19代表が挑むU-20アジア杯の組み合わせが決定! 日本はサウジアラビア、中国、キルギスと同組
 日本サッカー協会は10月26日、U-19日本代表が挑むU-20アジアカップの組み合わせを発表。日本はグループDに入り、サウジアラビア、中国、キルギスと同組となった。 U-19日本代表は、9月にラオスで行なわれた予選で、ラオスに4−0、グアムに9−0、パレスチナに8−0、イエメンに1−0と4戦全勝を...
別窓で開く

中国西部や中央アジア諸国で産出される天然ガスを、中国東部の消費地に輸送する「西気東輸」パイプライン。その第4ルートの建設工事が9月28日に始まった。すでに稼働中の第1、第2、第3ルートと併せて、中国の戦略的エネルギー調達のパイプがさらに増強される。石油・天然ガスのパイプラインの建設・運営を担う国策企...
別窓で開く

歴史、宗教、経済が複雑に混在、少数民族の一人が読み解いた新疆ウイグル問題 抑圧を生む不公平な漢族社会、「21世紀国家」になれない中国
(馬 克我:日本在住中国人ライター) 10月6日、国際連合人権理事会において、米、英、カナダなどの西側諸国が、新疆ウイグル自治区(以下「新疆ウイグル」)におけるウイグル人の人権状況に関し討論を行う議案を提出したが、反対19票、賛成17票、棄権11票で否決された。...
別窓で開く

揺れ始めたロシアやイラン。独裁体制の実態はハウス・オブ・カード
『週刊プレイボーイ』で「挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが独裁体制の脆弱さについて指摘する。* * *ロシアのプーチン大統領が発動した予備役の部分動員令は国民の混乱と反発を招き、皮肉にも現体制の脆弱(ぜいじゃく)さを露呈してしまいました。...
別窓で開く

「ユーラシア戦争」はもうすでに始まっている!? ロシア弱体化によって各国で紛争が勃発中!
米空軍F15がイランの発射した無人機を撃墜したウクライナ戦争で明らかにロシア軍が不利になっている。元・陸上自衛隊中央即応集団司令部幕僚長の二見龍元陸将補はこの状況を受けて、現状から推測される危惧をこのように解き明かす。「ロシアの影響力が低下すると、いたる所で領土を巡る"ユーラシア戦争"と呼んでもよい...
別窓で開く