本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「南アフリカの悪夢再び」韓国メディアは森保Jのベスト16敗退をどう報じた?「少しずつ格差は縮まっている」とアジア勢の健闘称える 【W杯】
[カタール・ワールドカップ ラウンド16]日本1(1PK3)1 クロアチア/12月5日/アル・ジャヌーブ・スタジアム カタール・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦で、クロアチア代表にPK戦の末に敗れた日本代表。史上初のベスト8にあと一歩届かなかった森保ジャパンについて、韓国メディアはどう伝えたの...
別窓で開く

初の逆転勝利、非欧州勢で初めてドイツに勝ち越し…日本の歴史的な勝利を数字で見る
日本代表の勝利はあまりにも衝撃的だった。4度の優勝を誇るドイツ代表に勝ったこともそうだが、その内容があまりにもセンセーショナルだった。 日本にとっては初めて尽くしの歴史的な勝利になったのだ。それでは、この勝利がいかに“あり得ない”ことなのか、データと共に日本の素晴らしい勝利を振り返ってみよう。...
別窓で開く

ブラジル・メディアが森保ジャパンの「切り札」と強調した武器は? 優勝経験国との対戦も「絶好の機会」と集大成の戦いに期待感
4年に1度のサッカーの祭典、カタール・ワールドカップ(W杯)が開幕を迎えた。初の冬期開催や中東が舞台となるなど、これまでにないシチュエーションの大会には、さまざまな関心が寄せられている。【動画】柴崎岳からのキラーパスで相馬勇紀が先制点! カナダ戦ハイライト もちろん、日本サポーターにとっては強豪国と...
別窓で開く

打倒ドイツの肝は“キーマン封じ”。大役を担うべきは長友佑都。原点回帰で強固な守りを徹底的に見せてほしい
 カタール・ワールドカップ(W杯)の日本代表の命運を左右する、重要な初戦・ドイツ戦は11月23日に開催される。 1−2の逆転負けという不完全燃焼感の濃い結果を余儀なくされた17日のカナダ戦を経て、森保一監督がチームをどう立て直していくのかが肝心だ。 指揮官は通常、試合2日前から非公開練習を実施してき...
別窓で開く

「落ちたらまた這い上がってくればいい」——心を揺さぶった言葉の数々。“燃える闘魂”アントニオ猪木は何を残したのか?
“風が頬を撫でた” 普段は風を感じるなど皆無の後楽園ホールのエレベーター前、カメラマンとして準備をしている最中にそれを感じた。条件反射で振り向いた先にいたのは、エレベーターから降りてくるとろこのアントニオ猪木。風の主は、プロレス界の英雄だったのだ。 新日本プロレスが誕生したの...
別窓で開く

22分の堅守が「長友劇場」の始まり。36歳SBは「強い相手になるほど価値を示せる」と豪語。本番では“エースキラー”の再現を期待
[キリンチャレンジカップ]日本 0−0 エクアドル/9月27日/デュッセルドルフ・アレーナ カタール・ワールドカップ(W杯)の過密日程を視野に入れ、日本代表の森保一監督が、9月23日のアメリカ戦から先発全員を入れ替えるという大胆策に打って出た同27日のエクアドル戦。だが、相手の強度や球際の強さ、カウ...
別窓で開く

Netflixが2022年8月配信開始の最新コンテンツを発表!DCコミックスの実写化「サンドマン」、 アニメ「賭ケグルイ双」「TEKKEN:BLOODLINE」など注目作盛りだくさん!!
『サンドマン』は、Netflixで2022年8月5日(金)独占配信スタート動画配信サービスのNetflixは、2022年8月配信開始の最新コンテンツを発表した。?DCコミックスの人気シリーズを実写ドラマ化した「サンドマン」や、洋画ではジェイミー・フォックスがヴァンパイアハンターを演じる映画『デイ・シ...
別窓で開く

「価値観の違いかもしれないけど」家本元審判員がブラジル戦で感じた“世界との差” 「海外ならこれでもか!ってくらい…」
 6月6日に開催された国際親善試合で、日本代表がブラジル代表と国立競技場で対戦し、0−1で惜敗した。勝負を分けた決勝点は、微妙な判定から生まれたものだった。 75分、遠藤航が自陣ペナルティエリア内で、自身とほぼ五分五分の状況でこぼれ球に反応したリシャルリソンと接触。リシャルリソンは激しく転倒した結果...
別窓で開く

完封まであと一歩! ブラジルの超強力攻撃陣を終盤まで封じ込めた日本代表の堅守を海外メディアが高評価!「南米の支配に抵抗できる」
 月曜日ナイターで開催された国際親善試合で、日本代表はブラジル代表と対戦。幾度となくピンチを招くも懸命の粘りで凌いでいたが、75分に痛恨のPKを献上すると、ネイマールに決められてしまう。これが決勝点となり、0−1で競り負けた。...
別窓で開く

「攻撃に大きな障害を与えた」ブラジル・メディアが着目した日本のスタッツは?「なんとか振り切ろうとしたが…」
 6月6日に開催された国際親善試合で、日本代表がブラジル代表と国立競技場で対戦した。再三危ない場面を作られるも身体を張った守備でなんとか均衡を保っていたが、75分に遠藤航がペナルティエリア内でリシャルリソンを倒し、痛恨のPKを献上。これをネイマールに決められ、健闘むなしく0−1で敗れた。...
別窓で開く



<前へ123次へ>