本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「ぶっ飛ばしてやろうかなと。でもぐっと抑えて…」吉田麻也、W杯前に怒りを感じたドイツメディアの言動を告白!「こいつらなめてるな」
 1月24日に日本テレビの公式YouTubeで公開された、「【海外組食事会 前編】吉田麻也と板倉滉へ槙野が直撃! 海外取材スペシャル企画」で、カタール・ワールドカップでCBコンビを組んだ日本代表DFの吉田と板倉が大会について振り返っている。...
別窓で開く

「恋人みたい」話題沸騰の日本人女性サポ、“大好きな”モドリッチとの2ショットが大反響!「やば、惚れられちゃってるやん」【2022総集編】
 今年も残すところあと1日となった。本稿では、2022年のサッカー界における名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返る。今回は、カタール・ワールドカップで話題となった日本人美女サポがルカ・モドリッチとの2ショット写真を公開して反響を呼んだ記事を再掲する。記事初掲載:2022年12月...
別窓で開く

イルカたちの歓迎にJ・キャメロン監督も笑顔満面!『アバターWoW』来日記者会見 シガニー・ウィーバー、ゾーイ・サルダナら登場
左から:ジョン・ランドー サム・ワーシントン ゾーイ・サルダナ ジェームズ・キャメロン監督 シガニー・ウィーバー スティーヴン・ラング超・話題作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が2022年12月16日(金)の全国公開に先がけ、ジェームズ・キャメロン監督と主要キャストらが登壇する<ウォーター・フ...
別窓で開く

「南アフリカの悪夢再び」韓国メディアは森保Jのベスト16敗退をどう報じた?「少しずつ格差は縮まっている」とアジア勢の健闘称える 【W杯】
[カタール・ワールドカップ ラウンド16]日本1(1PK3)1 クロアチア/12月5日/アル・ジャヌーブ・スタジアム カタール・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦で、クロアチア代表にPK戦の末に敗れた日本代表。史上初のベスト8にあと一歩届かなかった森保ジャパンについて、韓国メディアはどう伝えたの...
別窓で開く

「巨人キラーの衝撃的な結末」森保ジャパンのPK戦敗退に韓国メディアも驚き!「残酷な運命。日本は自滅した」【W杯】
 グループステージでドイツとスペインを下した森保ジャパンの快進撃がストップした。 現地時間12月5日、日本代表はカタール・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦で、前回準優勝のクロアチアと対戦した。 43分に前田大然のゴールで先制した森保ジャパンは、しかし55分にセットプレーから同点ゴールを献上。...
別窓で開く

「日本の辞書に諦めるという文字はない」海外メディアが森保ジャパンを“大国キラー”と絶賛!「ますます驚かせる準備を整えている」【W杯】
 最後までアルゼンチンを苦しめたオーストラリアは、1点差の惜敗でベスト16敗退となった。だが、彼らがカタール・ワールドカップにおけるアジア勢躍進の一端を担ったことは変わらない。 今大会に出場したアジア勢は、ホスト国のカタールを含めて6チーム。そのうち、オーストラリアのほか、日本と韓国を加えた計3チー...
別窓で開く

「恋人みたい」話題沸騰の日本人女性サポ、“大好きな”モドリッチとの2ショットが大反響!「やば、惚れられちゃってるやん」【W杯】
 話題の美女の投稿が反響を呼んでいる。 12月1日に開催されたカタール・ワールドカップ(W杯)グループステージの第3戦で、日本代表はスペイン代表に2—1で勝利した。 グループEを首位で抜けた森保ジャパンは、決勝トーナメント1回戦で前回準優勝のクロアチアと対戦する。...
別窓で開く

ブラジル・メディアが森保ジャパンの「切り札」と強調した武器は? 優勝経験国との対戦も「絶好の機会」と集大成の戦いに期待感
4年に1度のサッカーの祭典、カタール・ワールドカップ(W杯)が開幕を迎えた。初の冬期開催や中東が舞台となるなど、これまでにないシチュエーションの大会には、さまざまな関心が寄せられている。【動画】柴崎岳からのキラーパスで相馬勇紀が先制点! カナダ戦ハイライト もちろん、日本サポーターにとっては強豪国と...
別窓で開く

「日本は2092年に恐ろしくなる!」スペイン紙が森保ジャパンの“現状”を皮肉交じりに紹介「我々には理解し難い」
文字通りの大一番を直前となり、史上初のワールドカップ(W杯)ベスト8を目指すサムライブルーへの注目度も高まっている。 今年4月に決定したグループステージの組み合わせは、上記の目標を掲げる日本代表にとって、決して芳しい結果ではなかった。なにせグループEは強豪揃いの熾烈を極めるグループなのである。優勝候...
別窓で開く

大迫勇也、原口元気が落選…4年前の悲劇の生き証人、柴崎岳は森保ジャパンに何をもたらせるか
 欧州組第一号として、11月12日にドーハ入りし、13日の練習から合流したのが、2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)に続く2度目の大舞台に挑む柴崎岳(レガネス)だ。 この日の彼は、長友佑都(FC東京)らと率先して先頭を走り、仲間をけん引。フィジカル、ボール回し、3対3+フリーマンなど全メニューを...
別窓で開く


[ キラー ジャパン ] の関連キーワード

南アフリカ ブラジル スペイン ジャパン ウィーバ
アジア ドイツ アバタ

<前へ1234次へ>