本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



欧米に「逆経済制裁」科すプーチン大統領 バックに途上国の共感が...でも、経済面で「中国の半植民地になる」とのエコノミスト指摘
ロシアによるウクライナ侵攻から5か月。世界的な食糧危機や物価高が広がり、欧米メディアの中には「戦争疲れ」「支援疲れ」を懸念する声が出始めている、と報じるところが増えた。事実、2022年6月26、27日にドイツ南部エルマウで開かれた主要7か国サミット(G7)の会場付近では、「ウクライナへの武器支援に反...
別窓で開く

キヤノンやニコン、ソニーなどのカメラや、ドローン、GoProなど8ブランド200以上の機種を充電可能! ケンコー・トキナーが「Bronine VOLKIT バッテリーチャージャーシステム」を本日24日(金)発売
 ケンコー・トキナーが、8ブランド200以上の機種を1台で充電できる「Bronine VOLKIT バッテリーチャージャーシステム」を2022年6月24日(金)から販売します。...
別窓で開く

対ウルグアイ第2Rへ司令塔は山沢! 初キャップは4人!! ジョセフHC「どんなパフォーマンスをするか楽しみ」
違いを見せられるか。先週に続き、日本代表が『リポビタンDチャレンジカップ2022』ウルグアイ戦に臨む。6月18日の試合登録メンバーは大分合宿で準備してきたナショナル・デベロップメント・スコッド(NDS)から選出された。それでも日本代表はウルグアイのフィジカルに苦しみながらも、スクラムやラインアウトか...
別窓で開く

NDSからラグビー日本代表、そしてRWC2023へ! ウルグアイとのサバイバルマッチがキックオフ!!
狭き門である。ナショナル・デベロップメント・スコッド(NDS)から日本代表へのサバイバルは熾烈だ。6月11日、EMERGING BLOSSOMSとして『ジャパンラグビーチャリティーマッチ2022』TONGA SAMURAI XV戦を戦ったメンバーは今週末、日本代表として『リポビタンDチャレンジカップ...
別窓で開く

来年のW杯へ、ラグビー日本代表の「司令塔サバイバル」が始まる!!
2023年にフランスで開催されるラグビーワールドカップ(W杯)まで1年と3ヵ月余り。19年大会のベスト8以上を狙う〝ブレイブブロッサムズ〟ことラグビー日本代表は、6、7月に国内チャリティマッチ1試合、ウルグアイ代表、フランス代表とそれぞれ2試合ずつの計5試合を行なう。特にW杯開催国で強化が進むフラン...
別窓で開く

軽くて高機能な「EOS R10」でミラーレス一眼デビューしてみない?
キヤノンより小型・軽量なミラーレス一眼「EOS R10」(予想実勢価格:ボディ12万8480円前後)が7月下旬に発売となります。ボディはバッテリーとSDカードを含めても、EOS Rシリーズ最軽量の約429g。同時に発表された、同じくAPS-Cセンサー搭載のミラーレス一眼「EOS R7」よりも、さらに...
別窓で開く

極度の円安に苦しむ日本、打開策は自国内でのGXとDXの推進との声—香港・亜洲週刊
香港誌・亜洲週刊はこのほど、極度の円安に苦しんでいる日本で、経済界からその打開策としてグリーン・トランスフォーメーション(GX)とデジタル・トランスフォーメーション(DX)を挙げる声が出ていると紹介する、毛峰東京支局長の署名入り記事を発表した。以下は、同記事の主要部分の要約だ(一部で数字を追加)。...
別窓で開く

年間170日は海の上に 脱サラ53歳が「カヤックフィッシングガイド」に転身するまで
【地方移住は人生の楽園か】#3 東京から移住を考えるとき、伊豆を候補にあげる人は少なくない。車で2時間前後と近距離であること、温暖な気候、美しい海や山、豊富な温泉、海産物や果樹……と魅力がいっぱいだ。実際の住み心地はどうなのだろうか。 熱海市の隣、伊豆半島の付け根に位置する函南町出身の長崎友昭さん(...
別窓で開く

自転車に乗りながらスマホを充電!モバイルバッテリーにもなる防水LEDライト
自転車のホイールと接触させて発電したり、ホイールの回転する力で発電したりするダイナモ式のライトと比べ、漕ぐ際の抵抗がなく明るさも自在に変えられるLEDライトですが、最近はバッテリー内蔵の充電式が主流になっています。そのバッテリー、ライトとしてだけ使うなんてもったいないですよね。...
別窓で開く

産業衰退でCO2排出が減る日本、喜んでいる場合なのか 無謀な脱炭素政策に、自治体、政治家、企業、市民は異議を唱えるべきだ
(杉山 大志:キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)経団連の資料が示すCO2減少の実態 日本の産業部門のCO2が減っている。 その理由は何か。 経団連の資料(2021年度 カーボンニュートラル行動計画 第三者評価委員会 評価報告書、2022年3月30日)を見ると、(1)経済活動量の変化(2)CO2排...
別窓で開く