本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



50年ぶりのルマン参戦!フェラーリのハイパーカーとは? フェラーリ 499Pを解説
自動車メーカーが自動車業界最高峰の技術力をかけて戦う自動車レースといえば、「F1」とルマンで知られる「WEC」。しかしWECの最高峰カテゴリーは、2017年にポルシェが撤退を表明して以降、やや寂しい状況が続いていた。2018年にレギュレーション改正の検討をスタート。...
別窓で開く

3年ぶりのWEC富士で、強豪プジョーのキーマンを直撃! 来季ル・マン100周年でライバルたちを迎え撃つ、王者トヨタの「強み」とは?
快晴の下、3年ぶりに開催されたWEC「富士6時間耐久レース」。今年のル・マン24時間を制したニューマシン、トヨタGR101 HYBRIDが日本のファンの前で初めて走った(写真/TOYOTA GAZOO Racing)■「ライバル不在」から一転、戦国時代へ今年6月、F1のモナコGP、アメリカのインディ...
別窓で開く

【トヨタ・センチュリー】日本の伝統的なショーファードリブン!センチュリーロイヤルも解説【画像あり】
− トヨタセンチュリーの魅力に迫る −トヨタ センチュリーと言えばリムジンのイメージを思い浮かべる人もいると思いますが、センチュリーのリムジンは市販車、改造車に限らず非常に貴重だと言えるでしょう。自動車ジャンルの中でも、エンジン・乗車スペース・荷物スペースを分けたセダンは、長年に渡って主流でしたが、...
別窓で開く

「FR車」は何がいいのか マツダが新SUVに採用の後輪駆動 日本で少数派になったワケ
マツダが欧米で展開する新SUV、CX-60にFR(後輪駆動)を採用します。日本ではFF(前輪駆動)が主流になるなか、FRにはどのようなメリットがあるのでしょうか。実はマツダの挑戦と見ることもできます。マツダCX-60発表 ラージ商品群は「FR」でいく! マツダが欧州において新型クロスオーバーSUV「...
別窓で開く

顔の威圧感がハンパない!キャデラック「エスカレード」がより豪華かつ先進的に進化
ゼネラルモーターズが展開するキャデラックのフラッグシップSUV「エスカレード」がフルモデルチェンジ。大きく存在感のあるボディはさらに威風堂々としたものになり、インテリアの豪華さやハイテク装備もますます充実。ヨーロッパ勢にもヒケを取らない唯一無二の魅力を身に着けた、新型エスカレードの魅力を深掘りする。...
別窓で開く

RAV4級のサイズが魅力!小型SUVの「XT4」は日本にマッチしたキャデラック
大きなボディや大排気量エンジンなどにより、日本人にとってはかなり縁遠い存在だったキャデラックから、同ブランド初のコンパクトSUV「XT4」が登場。日本車の売れ筋モデルと同程度のボディには、イマドキの高級車らしい個性が満載。その魅力と実力を紹介する。■過去の印象を打破した新時代のキャデラックキャデラッ...
別窓で開く

高級車はこうでなくちゃ!レクサスの旗艦「LS」が原点回帰で極上の乗り味が復活
1989年に、北米市場での展開がスタートしたレクサス。その鮮やかなスタートダッシュを牽引したのが旗艦モデルである「LS」だ。その後、乗り味の変化などでかつての名声に陰りが見えたこともあったが、2020年秋に登場した最新モデルは格段に実力を高めてきた。今回はそんな最新型LSを紹介する。...
別窓で開く

街に海に山に大活躍する最新軽自動車10選【即買いヒットアイテム】
【特集】即買いヒットアイテム今や乗用車市場における売れ筋となった軽自動車は、新型が登場するたびに使い勝手や走行性能が向上。同時に、個性豊かなモデルも増えている。それだけに、あなたのスタイルに合う1台がきっと見つかるはずだ。 【教えてくれた人】自動車ライター 工藤貴宏さん自動車専門誌の編集部...
別窓で開く

〈トヨタ・RAV4〉RAV4人気を支えてきたUSカスタム
RAV4TOYOTA3代目からはとくに、日本国内の市場よりも海外を意識し始めたRAV4。その狙いは見事に当たり、4代目では世界的に爆発的な売れ行きを記録した。とりわけ北米での人気は絶大。2017年には約41万台というセールスを成し遂げる。そんなRAV4だからこそ、カスタムをするならやはり北米を意識し...
別窓で開く

遊べて運転しやすくてお買い得!ハイコスパSUV 6選【コスパ最強モノ】
【特集】コスパ最強モノGoodsPressの人気特集『安くて良いモノ特集』が今年もやってきました! しかし、ホンモノを求める我々は “安物” には興味ナシ! 知りたいのは「本当にそれ使えんの?」ってところ。安いからと買ってはみたものの、「ちょっと高くても、やっぱりアッチにすべきだったな」なんて経験、...
別窓で開く


<前へ1次へ>