本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



新開発の電動プラットフォームを採用したプレミアムSUV「リリック」は新しい世代のラグジュアリーカー!
世の中、どんどんクルマの電動化が進行中。北米のクルマ事情って、ファッションや音楽ほど知られていない気もしますが、たとえばゼネラルモーターズ(GM)は、しっかりと電動化へ舵を切っているようです。傘下のプレミアムブランド、キャデラックも電動化路線を走り始めました。新開発の電動プラットフォーム「アルティウ...
別窓で開く

「FR車」は何がいいのか マツダが新SUVに採用の後輪駆動 日本で少数派になったワケ
マツダが欧米で展開する新SUV、CX-60にFR(後輪駆動)を採用します。日本ではFF(前輪駆動)が主流になるなか、FRにはどのようなメリットがあるのでしょうか。実はマツダの挑戦と見ることもできます。マツダCX-60発表 ラージ商品群は「FR」でいく! マツダが欧州において新型クロスオーバーSUV「...
別窓で開く

ひと味違うセダンが欲しいなら!キャデラック「CT5」は走り上質でハイコスパ
GM(ゼネラルモーターズ)の高級車ブランド・キャデラックのミッドサイズセダン「CT5」が、先頃ついに上陸した。今、アメリカ市場ではセダンが瀕死の状態にあるが、それでもキャデラックは魅力的なモデルをセダンカテゴリーへと投入。今回のCT5も、デザイン、質感、走りの出来栄えなど、全方位的に完成度が高い。...
別窓で開く

RAV4級のサイズが魅力!小型SUVの「XT4」は日本にマッチしたキャデラック
大きなボディや大排気量エンジンなどにより、日本人にとってはかなり縁遠い存在だったキャデラックから、同ブランド初のコンパクトSUV「XT4」が登場。日本車の売れ筋モデルと同程度のボディには、イマドキの高級車らしい個性が満載。その魅力と実力を紹介する。■過去の印象を打破した新時代のキャデラックキャデラッ...
別窓で開く

高級車はこうでなくちゃ!レクサスの旗艦「LS」が原点回帰で極上の乗り味が復活
1989年に、北米市場での展開がスタートしたレクサス。その鮮やかなスタートダッシュを牽引したのが旗艦モデルである「LS」だ。その後、乗り味の変化などでかつての名声に陰りが見えたこともあったが、2020年秋に登場した最新モデルは格段に実力を高めてきた。今回はそんな最新型LSを紹介する。...
別窓で開く

激戦続く3列シートSUV界の頂点!メルセデス「GLS」の高級感はSクラス級
今、高級車市場で最も熱いジャンルといえるのが、3列シートを備えた大型SUV。世界規模で次から次へと新型車が登場し、ライバルどうしがバチバチと火花を散らす激戦区だ。いい換えれば、多くのユーザーが注目し、今後、ますます販売増を見込めるジャンルともいえる。では、その人気の秘密はどこにあるのだろうか? 最新...
別窓で開く


<前へ1次へ>