本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



レストランでアサリの中から紫真珠を発見! その価値50万円超か(スペイン)
今月中旬、スペインのレストランで食事をしていた22歳の女性がアサリの中から希少な紫真珠を発見した。アサリやハマグリなどの二枚貝から真珠が見つかる確率は1万個に1個と言われており、スペインのメディアは「50万円超の価値があるのでは?」と伝えている。...
別窓で開く

井上尚弥の「才能の高さ」を米メディアが称賛!“アメージング・ボーイ” 寺地拳四朗には「エリートとして地位を確立」と評価
現地時間12月31日、米ボクシング専門メディア『Boxing Scene』は、独自の視点で2022年における年間最優秀選手「ファイター・オブ・ザ・イヤー」を発表。昨年5月にサウル・アルバレス、11月にヒルベルト・ラミレス(ともにメキシコ)を撃破しているWBA世界ライトヘビー級王者のドミトリー・ビボル...
別窓で開く

代々木公園「フィリピンフェスティバル」観光副大臣も来日!
 2022年12月3日、代々木公園で開かれている「フィリピンフェスティバル」の開会式に、シェリーン・ゲイル・ユパミントゥアン観光副大臣が登壇し次のように挨拶した。『本日ご出席の皆様、フィリピン・アシスタンス・グループの皆様、そして旅行・観光業界のパートナーの皆様、フィリピンの観光、伝統、文化に対して...
別窓で開く

観光セミナー『フィリピン・ビジネスミッション』東京で開催・観光推進庁長官来日
 2022年12月1日、フィリピン観光省は、ザ・リッツ・カールトン東京で、フィリピン観光セミナー『フィリピン・ビジネスミッション』を開いた。3年6カ月ぶりの開催。 マリア・マルガリータ・モンテマヨール・ノグラレス(Maria Margarita Montemayor Nograles)フィリピン観光...
別窓で開く

難民申請、民主化運動、アパルトヘイト。世界から来た"お隣さん"が語るライフストーリー
 世界から来て日本に住んでいるひとたちは、どんな人生を送っているのだろうか? 祖国を追われ難民申請中の、コンゴ民主共和国のひと。故郷が海面上昇で変わってしまった、モルディブのひと。民主化デモに参加した、ミャンマーのひと。アパルトヘイト時代を生きた、南アフリカのひと。ニュースで見ていたあの国のできごと...
別窓で開く

井上尚弥とドネアの“再戦“が米専門メディアの「今年観たい試合」に選出!一方で「今は通用しないのでは」と懸念も
注目の“ビッグマッチ実現”を米メディアも待ち焦がれている。【井上尚弥PHOTO】22勝19KO無敗の最強王者!世界が恐れる"モンスター"の厳選ギャラリー 現地時間1月3日、米ボクシング専門メディア『Bad Left Hook』は「2022年に観たい試合」を...
別窓で開く

【フィリピン】ガルシア・セブ州知事、新型コロナ感染防止に「首下げ 空気清浄機」利用を推奨
 2021年9月14日、フィリピンのガルシア・セブ州知事は、新型コロナ感染防止策の一つとして、首下げ空気清浄機(マイナスイオン発生器)の利用を推奨している。換気の悪い屋内では効果があると力説している。 しかし、具体的な科学的な根拠は示されていない。ガルシア知事は先月、免疫力向上のため、カラマンシー入...
別窓で開く

フィリピン・セブ州知事 新型コロナ免疫向上のため、カラマンシー入りターメリックティなど推奨
 2021年8月11日、フィリピン・セブ州のセブ市、ラプラプ市、マンダウエ市と8町は、新型コロナ感染防止のため2番目に厳しいMECQ都市封鎖(ロックダウン)を適用した。 ガルシア州知事は、「15歳未満の人、65歳以上の人、免疫不全、基礎疾患などの健康上のリスクのある人、妊娠中の女性は、生活必需品の購...
別窓で開く

フィリピン人帰国者「陰性時の14日間隔離を撤廃」セブ州ガルシア知事
 2021年4月3日、フィリピンでは、新型コロナウィルス蔓延防止で、ロックダウン(移動制限)を実施。1年経過した今でも変異型の感染拡大で、厳しい生活制限が課されている。 セブ州ガルシア知事は、新たな指針を示し、3月31日午前0時から実行すると発表した。 1,フィリピン人帰国者は、新型コロナ感染検査(...
別窓で開く

パッキャオ陣営は惨敗マクレガーとの“再戦”に「現時点で需要なし!」とバッサリ
ボクシング6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)の陣営が、昨年9月より取り沙汰されてきた元UFC2階級同時制覇王者コナー・マクレガー(アイルランド)との再戦について、その本音を明かした。英紙『THE Sun』が報じている。 現地1月23日(日本時間24日)、マクレガーは「UFC257」ライト...
別窓で開く


<前へ12次へ>