本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



本玉真唯のウインブルドン本戦初出場決定!予選決勝を逆転で勝ち抜き27日開幕の大舞台へ<SMASH>
グランドスラム(テニス四大大会)の一つである「ウインブルドン」(6月27日〜7月10日/イギリス・ロンドン/グラスコート)では、現地23日に予選決勝を実施。日本の本玉真唯(世界ランキング138位)がルル・サン(スイス/266位)を6−7(9)、6−2、6−3の逆転で下し、初の本戦入りを決めた。...
別窓で開く

沢村2回好救援で防御率2・96、レッドソックスは今季最多の貯金「8個」
 レッドソックスの沢村拓一投手(34)が22日(日本時間23日)ボストンでのタイガース戦で今季26試合目の登板。6—2の8回に3番手で登板し、3番バエスを遊ゴロ、4番カブレラを遊ゴロ、5番カストロを二ゴロと三者凡退。9回も6番グロスマンを左飛、7番トーケルソンを一ゴロ、8番スクープを二ゴロで、勝ちゲ...
別窓で開く

元審判員が語るプロ野球の裏話。「ブラウン監督の退場劇の真実」「メイクドラマの張本人は?」
 実家の寺を継ぐため、2020年を最後に住職になったNPB元審判の佐々木昌信氏。公式戦通算2414試合出場、日本シリーズに6度出場したベテラン審判だ。その佐々木氏に「マスク越し」から見たプロ野球の世界を語ってもらった。NPBの監督として最多となる12回の退場を受けたブラウン監督ブラウン監督の退場劇は...
別窓で開く

「戦力充実度」と「財政余裕度」から診断! 23年オフのFA市場で大谷翔平と最もマッチするチームは?【ア・リーグ編】<SLUGGER>
2023年シーズン終了後にFAとなる大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)。その頃、彼に最もフィットする球団は果たしてどこなのか? 主力選手との契約内容や若手の育成状況、そして何より「24年以降に勝てるかどうか」。さまざまな要素から大谷との「マッチ度」を検証する。※SLUGGER2022年3月号の企...
別窓で開く

【21日プロ野球見どころ】日本人最速なるか…西武・山川200号あと2 阪神・大山100号あと2
 ナイター6試合が行われるきょうは、区切りの本塁打を目指す両リーグの長距離砲に注目する。 西武の山川はここまで通算692試合に出場し、198本塁打と200号まであと2本に迫っている。通算200本塁打の最速記録は、05年カブレラ(西)の538試合だが、日本人に限れば75年田淵幸一(神)、90年秋山幸二...
別窓で開く

エ軍マドン監督が解任されて注目 「監督代行」に関する4つの基礎知識
【メジャーリーグ通信】 大谷翔平が所属するエンゼルスでマドン監督が解任され、ネビンサードベースコーチが監督代行に就任した。それにより日本のメジャーファンの間で「監督代行」に関心が集まっているので、今回はそれに関する基礎知識をQ&A形式で書いてみたい。Q.「監督代行」になるのは、どんな人?A.ベンチコ...
別窓で開く

不可解ジャッジ後に「黙れ! ミギー!」。球審の“態度”にタイガース監督がブチ切れ「私の選手に指を差すべきではない」
審判の態度にデトロイト・タイガースの智将AJ・ヒンチが憤りをあらわにした。 事の発端は、現地時間6月19日のテキサス・レンジャーズ戦の3回1死無塁の場面。初回右翼スタンドに豪快3ランを放ったロビー・グロスマン(タイガース)が第2打席に入った場面だった。...
別窓で開く

3年前、陰謀論者扱いされたバーランダー、「飛ぶボールを使わない方が、試合はよりよい製品になる」
 アストロズのジャスティン・バーランダー投手(39)がスポーツ専門局ESPN(電子版)のジェフ・パッサン記者の取材に、いくつか興味深い発言をしている。 今季、12試合に登板し、8勝2敗、防御率1・94の好成績だが、去年9月、右肘じん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)から1年が経った頃、まだリハビリ...
別窓で開く

「“どすこい”と笑顔を届けたい」山川穂高が5月度月間MVPに!メンタルアドバイザーを務める女性医師も歓喜
6月9日、5月度の「大樹生命月間MVP賞」が発表され、パ・リーグの打者部門では西武の山川穂高が受賞した。2019年3、4月以来6度目、チーム最多の受賞となった。【動画】甲子園でどすこ〜い!全本拠地アーチを達成した山川の豪快な一発をチェック 山川は5月の全23試合に先発出場。...
別窓で開く

西武は文句なしでカブレラを選出。“不作”のオリックスやロッテは優勝の功労者がトップに 【平成・令和パ・リーグ6球団最強助っ人は誰だ】<SLUGGER>
平成(1989年)以降の各球団の助っ人でナンバーワンは誰なのか? 成績だけでなく、人気や印象度なども踏まえてチョイスしてみた。今回はパ・リーグ編だ。▼オリックストロイ・ニール(1995〜2000年在籍/一塁手) 平成以降はタフィ・ローズ、アレックス・カブレラ、グレッグ・ラロッカら、他球団で活躍した選...
別窓で開く