本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



展望描けぬアフガン人留学生=現状なら「帰国の選択肢なし」—日本で職探し難航
 昨年8月に政権を奪取したイスラム主義組織タリバンの支配が継続する中、混乱するアフガニスタンを離れ日本で生活する留学生たち。旧政権関係者や女性への弾圧が続く母国に帰る見通しは立たず、将来の展望を描けずにいる。 ◇祖国の家族は疲弊 首都カブール出身の20代男性は、勤めていた農業省のオフィスにいた時、政...
別窓で開く

本性見せたタリバン=米国との合意守らず—アフガン情勢に詳しい慶応大教授
 2021年8月の政権掌握直後、アフガニスタンのイスラム主義組織タリバンは、独自のイスラム法解釈に反しない範囲で「女性の権利尊重」「報道の自由」などの原則を打ち出したが、次第に強権姿勢をあらわにした。アフガン情勢に詳しい慶応大の田中浩一郎教授は、「国際社会と接する際にオブラートに包まれていたタリバン...
別窓で開く

「地球上で一番惨め」=学校再開求める女子生徒—アフガン
 【ニューデリー時事】アフガニスタンのイスラム主義組織タリバンは、極端なイスラム法解釈の下、女子を中等教育から排除している。首都カブールに住む中等教育課程の女子生徒らは時事通信の取材に、一刻も早い学校再開を求める悲痛な声を上げた。 「私たちアフガンの女性は、地球上で一番惨め」。19歳のザルミナさん(...
別窓で開く

繰り返される人権侵害=アフガン、15日でタリバン政権奪取1年
 【ニューデリー時事】アフガニスタンのイスラム主義組織タリバンが首都カブールを制圧し、20年ぶりに実権を握ってから15日で1年がたつ。タリバン暫定政権は当初こそ穏健な姿勢を打ち出したが、次第に極端なイスラム法解釈に基づく統治を前面に出すようになった。旧タリバン政権時代(1996〜2001年)をほうふ...
別窓で開く

米、失態の爪痕深く=撤収後も続く対テロ戦—アフガン
 【ワシントン時事】アフガニスタンでイスラム主義組織タリバンが実権を握ってから15日で1年となる中、米軍撤収で混乱を招いた米国の失態の爪痕はなお深く残っている。アフガン撤収後も「テロとの戦い」は続いているが、終わりは見えないままだ。 「希望者全員を退避させられなかった。そのことが今も私を苦しめている...
別窓で開く

アフガン、テロの脅威根絶できず=アルカイダと関係維持か—政権奪取から1年・タリバン
 【ニューデリー時事】アフガニスタンでイスラム主義組織タリバンが国家運営の実権を握ってから15日で1年となる。タリバン暫定政権は、過激派組織「イスラム国」(IS)系武装勢力によるテロの脅威を根絶できずにいる。そればかりか、決別を誓ったテロ組織と関係を維持していた疑いすら浮上してきた。 路上に広がった...
別窓で開く

アフガン、「かつてない飢餓」=在外資産凍結で困窮、支援再開も—タリバン政権奪取1年
 【ニューデリー時事】アフガニスタンのイスラム主義組織タリバンが政権を奪取してから15日で1年になる。中央銀行の在外資産凍結や干ばつが重なり、経済状況は急速に悪化。タリバン率いる暫定政権は有効な手を打てていない。「かつてない水準の飢餓」(世界食糧計画)がまん延する中、人道支援が徐々に再開される兆しも...
別窓で開く

ヘンリー王子&メーガン妃、人道支援活動で賞を授与されることに
ヘンリー王子とメーガン妃が人道支援活動を行ったことに対し、賞を授与されることが明らかになった。夫妻はアフガニスタンを支援したアーチウェル財団とともに表彰されるという。アフガニスタン難民が設立した慈善団体「ヒューマン・ファースト連合(Human First Coalition)」が主催する「エクスペリ...
別窓で開く

現代の戦争・紛争は、通常兵器による殲滅戦ではなく、情報戦・諜報戦、さらには報道やSNSを巻き込んだサイバー戦の様相が高まり、両方の要素をはらんだ「ハイブリッド戦」が主流と言われる。今回のロシアのウクライナ侵攻では、どのような情報戦・サイバー戦が展開されたのか。ウクライナ紛争は世界規模で展開された新し...
別窓で開く

トッテナムが2選手の背番号変更を発表! 生え抜きのスキップが「4」、ロメロは「17」に
トッテナムは9日、U−21イングランド代表MFオリヴァー・スキップとアルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロの背番号変更を発表した。 2022−23シーズンから、スキップは背番号「4」に変更。昨シーズン「4」番を着けていたロメロは、「17」を背負うことになった。 スキップはトッテナム生え抜きの21...
別窓で開く


[ カブール ] の関連キーワード

アルカイダ ウクライナ タリバン アフガン ヘンリ
慶応大