本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「並の21歳じゃない」ピストンズのカニングハムが今季急成長した理由、そして成熟さの裏にあった“ふたつの出来事”<DUNKSHOOT>
今年のNBAドラフトで全体1位指名を受けたルーキー、パオロ・バンケロ(オーランド・マジック)。デビュー戦から期待通りの活躍を見せて大きな話題となっているが、昨年のドラ1ケイド・カニングハムも、改革期にあるデトロイト・ピストンズで、今季はますます真のリーダーとしての成長ぶりを発揮している。...
別窓で開く

【NBA】八村塁が3試合連続の2桁得点!ウィザーズはピストンズに快勝し3勝1敗の好スタート<DUNKSHOOT>
現地時間10月25日、ワシントンDCのキャピタル・ワン・アリーナでワシントン・ウィザーズとデトロイト・ピストンズの一戦が行なわれた。 ここまで2勝1敗のウィザーズは過去3試合と同じ、モンテ・モリス、ブラッドリー・ビール、デニ・アブディヤ、カイル・クーズマ、クリスタプス・ポルジンギスが先発を務めた。...
別窓で開く

“レブロン以来”の鮮烈デビューを飾ったバンケロに高まる期待!本人は「もっと色々なプレーを繰り出せるようにしたい」<DUNKSHOOT>
待ちに待ったNBAの2022−23シーズンが開幕した。各チーム一斉にスタートを切ったなかで、注目された試合のひとつが、今年のドラフト全体1位指名の大型新人、パオロ・バンケロのデビュー戦だ。 バンケロが所属するオーランド・マジックは、敵地でデトロイト・ピストンズと対戦。...
別窓で開く

「ピストンズは新たなオールスターバックコートデュオを手にした」元NBA選手も絶賛するカニングハム&アイビーはチームを再建に導けるか<DUNKSHOOT>
今年のドラフトで1巡目全体5位指名権を持っていたデトロイト・ピストンズは、ジェイデン・アイビーを指名した。パデュー大出身のガードはインディアナ州生まれながら、父ジャヴィン・ハンターはミシガン州デトロイト出身。母ニール・アイビーは2005年にWNBAデトロイト・ショックでプレーした経験を持つ元選手と、...
別窓で開く

今季の新人王は誰の手に? ラブは「一貫性」を理由に、チームメイトのモーブリーをプッシュ!<DUNKSHOOT>
今季の新人王レースは本命不在と評されてきたが、現地時間3月31日に『NBA.com』へ掲載された「Kia Rookie Ladder」に入ったトップ5が有力候補と言えるだろう。...
別窓で開く

“ネクスト・ヤニス”ジョナサン・クミンガ。靴すら買えなかった少年が“未来のMVP”と称されるまで<DUNKSHOOT>
138−96でゴールデンステイト・ウォリアーズが大勝した現地1月14日(日本時間15日、日付は以下同)のシカゴ・ブルズ戦。この試合でゲームハイの25得点をマークしたのが、ルーキーのジョナサン・クミンガだ。 その彼についてウォリアーズのスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)は「未来のMVP級の器」だと評...
別窓で開く

ラッセル、ハーデン、ロビンソンにジノビリ…NBA“ベストレフティチーム”を選定!<DUNKSHOOT>
今季NBAでプレーした558人のうち、左利きの選手は1割に満たない50人。リーグの歴史を振り返っても稀少性の高いサウスポープレーヤーだが、そんな彼らのなかでベストチームを組んだら、どのような顔ぶれが並ぶのか。『THE DIGEST』では、アメリカンスポーツに精通する識者に依頼し、NBAの&ldquo...
別窓で開く

好調の弟フランツを支える“偉大な兄”モリッツ。マジックの指揮官が語る“ヴァグナー兄弟の絆”<DUNKSHOOT>
今季NBAデビューを果たしたルーキーで、現在最も平均得点が多いのは?1位指名のケイド・カニングハム(デトロイト・ピストンズ)か?それとも2位で指名を受けたジェイレン・グリーン(ヒューストン・ロケッツ)か? 開幕から35試合を終えた時点で、平均15.6点でトップに立つのは、トロント・ラプターズのスコッ...
別窓で開く

【NBA新人チェック|イースト編】モーブリー、バーンズらは上々。ペイサーズの24歳が球団新&歴代11位の鮮烈デビュー<DUNKSHOOT>
現地10月19日(日本時間20日)、NBAの2021−22シーズンが開幕した。すべてのチームにとって新たな船出となるシーズン初戦、注目のひとつが記念すべき初陣を飾ったルーキーたちのパフォーマンスだ。2021年ドラフト組の中から、特に注目すべき5選手のデビュー戦をレポートする。まずは【イースタン・カン...
別窓で開く

ドラ1新人カニングハムの出遅れも影響なし!サディーク・ベイは強気発言「ピストンズが停滞することはない」<DUNKSHOOT>
今年のドラフトロッタリー(抽選会)で51年ぶりに全体1位指名権を引き当てたデトロイト・ピストンズは、現地時間7月29日(日本時間30日、日付は以下同)に行なわれたドラフトでオクラホマ州大のケイド・カニングハムを指名。203cm・99kgの体格を誇る20歳は、サマーリーグ3試合で平均18.7点、5.7...
別窓で開く


<前へ12次へ>