本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



44年前に接種した天然痘ワクチンはサル痘にも予防効果があるか = 韓国
韓国国内で初のサル痘患者が発生したが、現在のところ治療剤や第3世代のワクチンが備蓄できておらず、懸念が高まっている。そんな中、専門家から、40年前に接種した天然痘ワクチンの効能が一生持続するという意見が出ている。24日、疾病管理庁によると、韓国の天然痘ワクチンの接種義務は、1978年を最後に終了して...
別窓で開く

アナタの知らない「死語の世界」全ガイド(1)現実逃避として再びクローズアップ
 この世は辛いことばかり。金がなければ、サラリーマン生活も楽じゃない。この世がダメなら、せめて来世でも‥‥現実逃避としての「死後の世界」が再びクローズアップされている。 大ヒットマンガ「鬼滅の刃」で表現された「輪廻転生」の思想をベースにしたストーリーが、多くの読者から支持を得たのは記憶に新しい。作家...
別窓で開く

「完璧な人生だった」年収1000万超えのビジネスマンが少年33人の命を奪う“殺人ピエロ”に堕ちるまで
「あのメス豚、やっと死にやがった!」給付金欲しさに娘を“薬漬け”にした48歳母親の無残な最期 から続く 数いる凶悪殺人犯の中でも「アメリカ史上最悪」と恐れられるのがジョン・ウェイン・ゲイシーだ。殺害した少年の数は33人、自宅からは29人分の遺体が見つかったことで世間を震えさせた。...
別窓で開く

写真家・笠原秀信による旅をテーマにしたオンラインExhibition「THE ROAD」。第7弾はイタリア・バチカン市国編
写真家・笠原秀信がイタリア周遊旅行の途中で切り取ったランドスケープ「THE ROAD」の第7弾・イタリア・バチカン市国編をお届けします。第7弾の舞台は世界で一番小さい国 イタリア・バチカン市国1929年に独立国家となったヨーロッパにある国家で、その領域はローマ市内にあるバチカンはローマ教皇(聖座)に...
別窓で開く

「なぜ悲劇は繰り返されるのか」元駐ウクライナ大使が20年前に出版した本で伝えたかったこと
 なぜ悲劇は繰り返されるのか。元駐ウクライナ大使の黒川祐次氏による「ウクライナ残酷な物語」を一部転載します。(「文藝春秋」2022年6月号より)◆ ◆ ◆■「これは大した国が隠れていたものだ」 ウクライナへのロシアの侵攻により、私が2002年に出版した本『物語 ウクライナの歴史』(中公新書)が注目さ...
別窓で開く

“元ヤン”オダウエダ小田、地元時代の悪行を吐露 中川家が仰天「『逃走中』なんか目じゃない」
お笑いコンビ・オダウエダ(小田結希、植田紫帆)は『女芸人No.1決定戦 THE W 2021』で優勝してメディア露出が増えるなか、愛媛出身の小田結希が「地元ではヤンキーだった」ことを公言して話題になった。6月10日放送のラジオ番組『中川家 ザ・ラジオショー』(ニッポン放送)にオダウエダがゲスト出演し...
別窓で開く

「この娘は俺が自殺させるんだ」「サタンよ、神の力を認めよ」なぜ人は“時代遅れ”の悪魔祓いを頼るのか フランスには現役エクソシストが100人以上…
 重厚な石造のカトリック教会の地下室。蝋燭の光で照らされた白い壁を背に、僧服をまとった数人の神父が祈りを捧げる。神父の前には、うわごとを呟き視線の定まらない信者の姿がある。およそ1時間弱におよぶ儀式の最後、紫色の帯を首にかけた神父が進み出てこう叫ぶ。「現世の王子たるサタンよ、神の力を認めよ。砂漠でお...
別窓で開く

常田大希「不思議な巡り合わせに驚いております」 6年前の曲が『アンディ・ウォーホル・キョウト/ANDY WARHOL KYOTO』テーマソングに
『アンディ・ウォーホル・キョウト/ANDY WARHOL KYOTO』が9月17日(土)から、京都市京セラ美術館・新館「東山キューブ」(京都市左京区)で開催される。この度、本覧のテーマソングが、Daiki Tsuneta Millennium Paradの『Mannequin』に決定し、公式YouT...
別窓で開く

久保純子「幼稚園の先生になった」近況報告に浮上する「おかしな矛盾」
 5月21日放送の「マツコ会議」(日本テレビ系)に、元NHKアナウンサーの久保純子がリモートで登場した。同じくフリーアナでパリ在住の中村江里子、雨宮塔子と昨年10月に豪華共演して以来のテレビ出演。50歳になっても変わらぬクボジュン・スマイルを振り撒いていた。 だが「ニューヨークで幼稚園の先生になった...
別窓で開く

奇妙な日本人の「プーチン観」…勝手に憧れたり、嫌悪するのはなぜ?【ウラジーミル・プーチンとは何者か】
【ウラジーミル・プーチンとは何者か】#31 ロシアのプーチン大統領がウクライナ侵攻に踏み切った後、日本で悲しいニュースがあった。東京・銀座にあるロシア食品専門店の看板が無法者に蹴られて破壊された(5月に米国籍の男逮捕)。よりによって経営者はウクライナ人だったから、なお悲しい。「反戦」は褒められても、...
別窓で開く