本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



『007』次のボンドは誰か? ツイッターで人気の候補10人が明らかに
ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じる最後の作品、『007/ノー・タイム・トゥー・ダイ』がついに公開され、次なるボンド俳優に注目が集まっている。この度、ツイッターで最も多くつぶやかれたボンド候補者トップ10が明らかになった。 JustJaredによると、このランキングは、オッズメーカーサイト...
別窓で開く

「騙されたと思って1話だけでいいので観て」中瀬ゆかりが太鼓判を押す米ドラマ「モダン・ラブ」
TOKYO MX(地上波9ch)の情報バラエティ生番組「5時に夢中!」(毎週月〜金曜 17:00〜)。9月30日(木)放送の「中瀬親方のエンタメ番付」のコーナーでは、新潮社出版部部長の中瀬ゆかりさんがおすすめのエンタメ作品を番付形式で紹介しました。...
別窓で開く

キューバの中のアメリカ、グアンタナモ収容所の差し入れ事情 映画『モーリタニアン』特別映像
ハリウッドの人気俳優ジョディ・フォスター、ベネディクト・カンバーバッチ、タハール・ラヒムらが共演した映画『モーリタニアン 黒塗りの記録』(10月29日公開)より、本編内の差し入れに関するシーンを収めた特別映像が公開された。 この映画は、9.11の首謀者の1人として、キューバにある「グアンタナモ収容所...
別窓で開く

米中貿易戦争により幕を開けた、国家が地政学的な目的のために経済を手段として使う「地経学」の時代。コロナウイルス危機で先が見えない霧の中にいる今、独立したグローバルなシンクタンク「アジア・パシフィック・イニシアティブ(API)」の専門家が、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早...
別窓で開く

【第46回トロント映画祭】『デューン/砂の惑星』からエドガー・ライト新作、意外なオスカー本命作など注目映画集結!
『ディア・エヴァン.ハンセン』01 Courtesy of TIFF■トロント最高賞=オスカー受賞本命2021年9月9日から9月18日の9日間にわたって第46回トロント国際映画祭が開催された。2020年に続き、新型コロナウイルスの影響で映画祭への参加も実地とオンラインの2つの選択肢を用意。...
別窓で開く

B・カンバーバッチ、ほんの数シーンのために丸坊主&10キロ減量 『クーリエ』激やせ本編映像解禁
俳優のベネディクト・カンバーバッチが主演を務める映画『クーリエ:最高機密の運び屋』より、本編映像が解禁された。スパイ容疑で監禁され、激やせした主人公グレヴィル・ウィン(ベネディクト・カンバーバッチ)が、愛妻と面会を果たすシーンが映し出されている。...
別窓で開く

カンバーバッチ、ほんの数シーンのために丸坊主&10キロ減量の役者魂
『シャーロック』や『ドクター・ストレンジ』で知られる英国映画界を代表する俳優のひとり、ベネディクト・カンバーバッチが主演する映画『クーリエ:最高機密の運び屋』(公開中)より、衝撃的なシーンの本編映像が解禁となった。それは、激ヤセしてまるで別人、骸骨のようなカンバーバッチの姿。ほんの数シーンのために丸...
別窓で開く

ソ連の機密情報を西側へ…キューバ危機の裏側で、平和を願う男たちの葛藤と友情 「クーリエ:最高機密の運び屋」を採点!
■〈あらすじ〉1960年代初頭、米ソの対立が激化し、世界は第三次世界大戦の脅威に晒されていた。ソ連高官のオレグ・ペンコフスキー大佐(メラーブ・ニニッゼ)はこの危機を回避するために、米政府に自国の機密情報の提供を申し出る。CIAはMI6の協力を得て、東欧諸国に工業製品を卸すイギリス人セールスマンのグレ...
別窓で開く

カンバーバッチが“世界を救った”実在のド素人スパイに!『クーリエ:最高機密の運び屋』が体感させる“核戦争待ったなし”の恐怖
『クーリエ:最高機密の運び屋』© 2020 IRONBARK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.■普通のセールスマン、いきなりスパイになる映画『クーリエ:最高機密の運び屋』は開始5分、まだ主演のベネディクト・カンバーバッチはチラリとも映らないのに、すでにゾクゾクがとまらな...
別窓で開く



<前へ1234次へ>