本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



トヨタ・ルーミーとタンクの違いとは?ダイハツやスバルの兄弟車や購入のコツも解説【2022年4月に最も売れた車】
− 【2022年4月の販売台数ランキング1位】トヨタ・ルーミーの特徴とは −スライドドアが付いた車が欲しいけれど、ミニバンまで大きい車は必要ないという方やスライドドアが付いた軽自動車だと少し物足りないという方もいらっしゃるはず。そのような方にお勧めしたい車がトヨタから発売されているルーミーとタンク。...
別窓で開く

「兄弟車」まだ必要? ノア/ヴォクシーはなぜ残ったか “中身同じで別車種”戦略の意義
トヨタ「ノア/ヴォクシー」のように、中身は同じで外側だけ変えて別車種にする「兄弟車」が数を減らしています。昔は3兄弟もありましたが、もはや別車種を用意する理由が希薄に。そのなかでなぜ「ノア/ヴォク」は残ったのでしょうか。絶滅近い、“一部の”兄弟車 クルマには“兄弟車”という関係が存在します。...
別窓で開く

4月の新車販売で2位に躍り出たトヨタ「ルーミー」ってどんなクルマ?
4月の新車販売総合ランキングでトップに輝いたのは、ホンダの軽自動車「N‐BOX(エヌボックス)」。これで4ヵ月連続の首位。安定の強さである。しかし、今回の発表で注目を集めているのは2位のトヨタ「ルーミー」だ。大躍進の背景にはいったい何が? 自動車専門誌『月刊くるま選び』の元編集長で、カーライフジャー...
別窓で開く

車はどれだけ“重く”なったか 自動車税や高速料金見直しの焦点 軽で1トン超 重いEV
自動車税や高速道路料金の見直しが議論されるなか、道路に影響を及ぼす「車体重量」がその焦点のひとつになっています。この数十年で、クルマはかなり重くなりましたが、背景には何があるのでしょうか。道路には切実な影響を及ぼす「車体重量」 2021年10月22日、東京都の税制調査会が令和3年度の答申を発表しまし...
別窓で開く

「安いスポーツカー」が今こそ必要な理由 各社しのぎを削った時代は何が違った?
日本の自動車メーカーが、庶民でも手が届くレベルのスポーツカーを相次いで復活、あるいは新モデルを登場させています。かつては各メーカーがしのぎを削って開発したものですが、いまこそ必要なクルマ、といえそうです。セリカ、MR2、スープラ、シルビア…挙げればキリがないほど! 2021年8月18日、日産から次世...
別窓で開く

純正品と手軽に入れ替えられる
カーメイトのエアコンフィルター「エアデュース」シリーズにニューモデルが登場。純正品と入れ替え装着ができる手軽さながらも抗菌、抗ウイルス、消臭機能で車内をクリーンに保つことができる。REPORT●浜先秀彰(HAMASAKI Hideaki)問い合わせ:カーメイト電話:03-5926-1212エアデュー...
別窓で開く

好きな車のメーカーランキング 1位はトヨタ、2位はホンダ、3位は日産
総計で見ると、1位は「トヨタ」で46%と断トツ、2位は「ホンダ」で30%、3位は「日産」で24%、4位は「スバル」で20%、5位は「マツダ」で16%とトップ5は日本の自動車メーカーが独占、6位には「BMW」が入っていました。■「スバル」は男性に人気、「ダイハツ」は女性に人気男女別で見ると、全体的に男...
別窓で開く


<前へ1次へ>