本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



新型クラウン「クロスオーバー」モデルが9月1日に発売された。グローバル展開するトヨタの世界戦略車として一新され、発表時に大きな話題と期待を集めた新型車は果たして成功するか。自動車業界に詳しいマーケティング/ブランディングコンサルタントの山崎明さんは「ヒット作になると考えていたが、クロスオーバーの実車...
別窓で開く

クルマの後席、邪魔な床の“出っ張り”がなくなってきたワケ なくせない車種も?
クルマの後席で目立っていた床の中央部の出っ張り、これがなく床がフラットだったり、あったとしても目立たなかったりする車種が増えています。逆にいうと、なぜ出っ張りが必要なのでしょうか。車内移動にジャマ! 座ってもジャマ! それは「センタートンネル」 トヨタの「ジャパンタクシー」が2017年の発売以降、着...
別窓で開く

トヨタ、新型クラウンを世界初公開 第1弾クロスオーバーは2022年秋発売
 トヨタは15日、新型「クラウン」を世界初公開した。4モデルをラインアップしており、第1弾のクロスオーバーは2022年秋に発売予定だ。【こちらも】トヨタ、304ps/400Nm+4WDモンスターカローラ「GR Corolla Morizo Edition」公開 クラウンは、1955年に日本市場でデビ...
別窓で開く

警察庁が高齢者向け「サポカー限定免許」の対象車を発表 トヨタGR86やランドクルーザーも、選択の幅広く
警察庁が高齢者向けに2022年5月13日から導入する「安全運転サポート車(サポカー)」限定免許で運転できる国内8メーカーの対象車種を初めて公表した。自動ブレーキやアクセルとブレーキの踏み間違い対策などがあるサポカーの中から、今回はトヨタ自動車、日産自動車、ホンダなど国内乗用8メーカーの125車種が対...
別窓で開く

「FR車」は何がいいのか マツダが新SUVに採用の後輪駆動 日本で少数派になったワケ
マツダが欧米で展開する新SUV、CX-60にFR(後輪駆動)を採用します。日本ではFF(前輪駆動)が主流になるなか、FRにはどのようなメリットがあるのでしょうか。実はマツダの挑戦と見ることもできます。マツダCX-60発表 ラージ商品群は「FR」でいく! マツダが欧州において新型クロスオーバーSUV「...
別窓で開く

【トヨタ・アルファード】流行のコンパクトカーやSUVよりも売れている?高級ミニバン大ヒットの理由とは
日本国内で売れている自動車と言えば、税金などの維持が安い軽自動車や、取り回しがよく、扱いやすいコンパクトカー、タフなイメージを連想させるデザインとセダンよりも使い勝手が良いSUVが主流です。しかし、軽自動車やコンパクトカー、SUVが売れている中でも例外と言っていいほど売れている高級ミニバンで有名なの...
別窓で開く

新しい「ノア」「ヴォクシー」はココがスゴい!トヨタ初が目白押しの先進の飛び道具が満載
トヨタのミッドサイズミニバン「ノア」と「ヴォクシー」が8年ぶりにフルモデルチェンジを果たした。注目の新型は、あらゆる装備にトヨタの最新フェーズが導入された意欲作。今回は、走りをつかさどるプラットフォームやパワートレーン、そして先進安全装備などにフォーカスする。...
別窓で開く

車はどれだけ“重く”なったか 自動車税や高速料金見直しの焦点 軽で1トン超 重いEV
自動車税や高速道路料金の見直しが議論されるなか、道路に影響を及ぼす「車体重量」がその焦点のひとつになっています。この数十年で、クルマはかなり重くなりましたが、背景には何があるのでしょうか。道路には切実な影響を及ぼす「車体重量」 2021年10月22日、東京都の税制調査会が令和3年度の答申を発表しまし...
別窓で開く

過酷な悪路や岩場も難なくクリア!新しい“ランクル”は走破力が圧倒的☆岡崎五朗の眼
先ごろ14年ぶりにフルモデルチェンジを果たしたトヨタSUVの旗艦モデル「ランドクルーザー」。最新モデル“300シリーズ”の最大の見どころといえば、やはり圧倒的な悪路走破性でしょう。過酷なルートを走り切るだけの走破性、耐久性を一段と磨き込んできた新型ランドクルーザーの実力を体感したのは、モータージャー...
別窓で開く

トヨタ「カローラクロス」はココがスゴい!日本仕様の装備や機能は海外向けより高レベル
トヨタの新しいSUV「カローラクロス」が、ついに日本でもリリースされた。ちょうどいいサイズ感と買い得感の高い価格設定などにより、早くも人気爆発中だ。今回は、人々の注目を集めるカローラクロスのポジショニング、技術、機能、そして気になる海外仕様との違いについて深掘りする。...
別窓で開く


<前へ12次へ>