本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



—[道路交通ジャーナリスト清水草一]— ◆新車も中古車も値上がりするなか、お買い得な1台は見つけられるのか?最近、5年5万㎞乗ったBMW320dからプジョー508 GT BlueHDiに乗り換えた参謀長こと永福ランプ。新車も中古もクルマはなんでも値上がりしていると言われるなかで、意外にもお得に買えた...
別窓で開く

【最新データ】トヨタとホンダ「社長」の報酬と社員の平均年収はいくらか
− 6月公表の2021年度の有価証券報告書を見る −トヨタ自動車の「2022年3月期有価証券報告書」によると、豊田章男社長の2022年3月期の役員報酬は6億8500万円でした。豊田章男社長は1984年4月に同社へ入社。2009年6月に取締役社長に就任しています 。その報酬にさすが世界のトヨタと感じた...
別窓で開く

トヨタ・ルーミーとタンクの違いとは?ダイハツやスバルの兄弟車や購入のコツも解説【2022年4月に最も売れた車】
− 【2022年4月の販売台数ランキング1位】トヨタ・ルーミーの特徴とは −スライドドアが付いた車が欲しいけれど、ミニバンまで大きい車は必要ないという方やスライドドアが付いた軽自動車だと少し物足りないという方もいらっしゃるはず。そのような方にお勧めしたい車がトヨタから発売されているルーミーとタンク。...
別窓で開く

警察庁が高齢者向け「サポカー限定免許」の対象車を発表 トヨタGR86やランドクルーザーも、選択の幅広く
警察庁が高齢者向けに2022年5月13日から導入する「安全運転サポート車(サポカー)」限定免許で運転できる国内8メーカーの対象車種を初めて公表した。自動ブレーキやアクセルとブレーキの踏み間違い対策などがあるサポカーの中から、今回はトヨタ自動車、日産自動車、ホンダなど国内乗用8メーカーの125車種が対...
別窓で開く

4月の新車販売で2位に躍り出たトヨタ「ルーミー」ってどんなクルマ?
4月の新車販売総合ランキングでトップに輝いたのは、ホンダの軽自動車「N‐BOX(エヌボックス)」。これで4ヵ月連続の首位。安定の強さである。しかし、今回の発表で注目を集めているのは2位のトヨタ「ルーミー」だ。大躍進の背景にはいったい何が? 自動車専門誌『月刊くるま選び』の元編集長で、カーライフジャー...
別窓で開く

25mmの車高アップだけじゃない!日産「ノートクロスオーバー」は上質な内外装も魅力です
ベース車よりも大きなロードクリアランスを確保し、SUVのようなルックスをまとう「ノートAUTECH(オーテック)クロスオーバー」は、日産自動車の人気コンパクトカー「ノート」の派生モデルだ。コンパクトカーとSUVのクロスオーバーにより、適度な悪路走破性アップと実用性の向上を実現。...
別窓で開く

新しい「ノア」「ヴォクシー」はココがスゴい!トヨタ初が目白押しの先進の飛び道具が満載
トヨタのミッドサイズミニバン「ノア」と「ヴォクシー」が8年ぶりにフルモデルチェンジを果たした。注目の新型は、あらゆる装備にトヨタの最新フェーズが導入された意欲作。今回は、走りをつかさどるプラットフォームやパワートレーン、そして先進安全装備などにフォーカスする。...
別窓で開く

新しい「ノア」「ヴォクシー」はココがスゴい!高い利便性を低価格で実現した多彩な“からくり”
8年ぶりにフルモデルチェンジを果たしたトヨタのミッドサイズミニバン「ノア」と「ヴォクシー」。従来モデルはコスパの高さなどでヒットを記録したものの、安全装備を中心に、ライバルに対して見劣りする部分が少なからずあった。その点新型は、プラットフォームからパワートレーンまで大胆に刷新。...
別窓で開く

トヨタ「カローラクロス」はココがスゴい!広いキャビンと秀逸な走り味は小型SUVの新基準
正式発表前から、高い注目を集めていたトヨタの新しいSUV「カローラクロス」。前回は、主にポジショニングやライバルとの違い、海外向けとの作り分けなどについて紹介したが、後編となる今回は、気になる居住性や使い勝手、そして走りの印象についてレポートする。>>カローラクロスの立ち位置や海外仕様との違いはコチ...
別窓で開く

トヨタ「カローラクロス」はココがスゴい!日本仕様の装備や機能は海外向けより高レベル
トヨタの新しいSUV「カローラクロス」が、ついに日本でもリリースされた。ちょうどいいサイズ感と買い得感の高い価格設定などにより、早くも人気爆発中だ。今回は、人々の注目を集めるカローラクロスのポジショニング、技術、機能、そして気になる海外仕様との違いについて深掘りする。...
別窓で開く


<前へ12次へ>