本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



トヨタ・ルーミーとタンクの違いとは?ダイハツやスバルの兄弟車や購入のコツも解説【2022年4月に最も売れた車】
− 【2022年4月の販売台数ランキング1位】トヨタ・ルーミーの特徴とは −スライドドアが付いた車が欲しいけれど、ミニバンまで大きい車は必要ないという方やスライドドアが付いた軽自動車だと少し物足りないという方もいらっしゃるはず。そのような方にお勧めしたい車がトヨタから発売されているルーミーとタンク。...
別窓で開く

新型コロナウイルス感染拡大等に伴う部品供給不足により、自動車メーカーは生産計画の度重なる見直しを余儀なくされ、クルマの納期が大幅に遅延する状況となっている。コロナ以前の新車の納期は、相当な人気モデルでもない限り1カ月から長くても3カ月程度であった。それが現在は、多くの車種で納期が明言できない状況にあ...
別窓で開く

「兄弟車」まだ必要? ノア/ヴォクシーはなぜ残ったか “中身同じで別車種”戦略の意義
トヨタ「ノア/ヴォクシー」のように、中身は同じで外側だけ変えて別車種にする「兄弟車」が数を減らしています。昔は3兄弟もありましたが、もはや別車種を用意する理由が希薄に。そのなかでなぜ「ノア/ヴォク」は残ったのでしょうか。絶滅近い、“一部の”兄弟車 クルマには“兄弟車”という関係が存在します。...
別窓で開く

今年1月にフルモデルチェンジを果たし、4代目に進化したトヨタの大人気ミニバンである「ノア」と「ヴォクシー」。トヨタディーラーで全車種取り扱いがスタートしたこともあってか、先代まで存在していた「エスクァイア」は消滅してしまったが、ノアとヴォクシーはそれぞれ生き残ることとなった。発表するや否や注文が殺到...
別窓で開く

新しい「ノア」「ヴォクシー」はココがスゴい!トヨタ初が目白押しの先進の飛び道具が満載
トヨタのミッドサイズミニバン「ノア」と「ヴォクシー」が8年ぶりにフルモデルチェンジを果たした。注目の新型は、あらゆる装備にトヨタの最新フェーズが導入された意欲作。今回は、走りをつかさどるプラットフォームやパワートレーン、そして先進安全装備などにフォーカスする。...
別窓で開く

新しい「ノア」「ヴォクシー」はココがスゴい!高い利便性を低価格で実現した多彩な“からくり”
8年ぶりにフルモデルチェンジを果たしたトヨタのミッドサイズミニバン「ノア」と「ヴォクシー」。従来モデルはコスパの高さなどでヒットを記録したものの、安全装備を中心に、ライバルに対して見劣りする部分が少なからずあった。その点新型は、プラットフォームからパワートレーンまで大胆に刷新。...
別窓で開く

盛り上がりを見せる「カスタムプロボックス」注目の2モデル
街を歩いていると、アースカラーやニュアンスカラーにオールペンされた、ちょっと古めの国産車が増えていることに気づいている人も多いはず。コンパクトカーでも空力性能を高めるためにフロントガラスが大きく傾斜し、LEDライトや派手で大きなグリルでギラついた雰囲気をまとったものが増えていたり、世界的なブームで大...
別窓で開く

トヨタ「ハリアー」に向く人、「RAV4」に向く人の見分け方☆岡崎五朗の眼
6月に発売した新型「ハリアー」が大ヒットを記録するなど、勢いに陰りが見えないトヨタのSUV戦略。その結果、同社は、ミッドサイズSUVにハリアーと「RAV4」というふたつの人気モデルを抱えることになりました。そこで今回は、モータージャーナリストの岡崎五朗さんに、2台の特徴・ポイント・美点などをチェック...
別窓で開く

上級国民専用車とウワサされる「新型グランエース」を発売したトヨタの狙い
昨年の「東京モーターショー」で初披露され話題となったグランエースが販売された。650万円となかなかのお値段ながら販売好調なのだという。それにしても、この巨大なクルマ、誰のために発売したのか? 自動車ジャーナリストの小沢コージがレポートする。■送迎専用!? 巨大高級車登場!なんじゃこりゃ! 世界でもま...
別窓で開く


<前へ1次へ>