本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「チョロ Q」新モデル全8種 ゼンマイからモーター搭載に
タカラトミーは、デフォルメミニカー「チョロQ」新モデル全8種を、2022年夏に全国の玩具店およびインターネット通販などで発売する。■プルバック回数で走り方が変化1979年に誕生した「チョロ Q」が、サイズやデザインなどはほぼそのまま、昨今の自動車EV化に着想を得て、従来のゼンマイからモーターを使用し...
別窓で開く

2022年、日本では数多くの電気自動車(BEV)が販売を開始している。交通コメンテーターの西村直人さんは、これまで乗用車、軽自動車、小型トラックと合わせて10種の電気自動車に試乗してきた。実際の乗り心地や使いやすさはどうなのか。西村さんが解説する——。■2022年はBEVの本格的な普及年になったトヨ...
別窓で開く

日産「キックス」充電のいらない電気自動車!e-POWERの燃費は?ライバルSUV3モデルとの違い
− キックスとライバルSUV3モデルの燃費を徹底比較! −日産 キックスは日産自動車が製造しているSUV。2016年に南米のブラジルで発売が開始され、その後は中国、アメリカの順で発売され、ワールドワイドで販売されているSUVです。...
別窓で開く

トヨタ・ルーミーとタンクの違いとは?ダイハツやスバルの兄弟車や購入のコツも解説【2022年4月に最も売れた車】
− 【2022年4月の販売台数ランキング1位】トヨタ・ルーミーの特徴とは −スライドドアが付いた車が欲しいけれど、ミニバンまで大きい車は必要ないという方やスライドドアが付いた軽自動車だと少し物足りないという方もいらっしゃるはず。そのような方にお勧めしたい車がトヨタから発売されているルーミーとタンク。...
別窓で開く

トヨタ新型「GRカローラ」が304馬力で登場。5ドアなのにふたり乗りという鬼仕様も用意!!
6月1日、トヨタ(トヨタガズーレーシング)は、「GRカローラRZ」と「GRカローラ モリゾウエディション」を世界初公開した。そもそもベースとなっているカローラの初代は1966年に誕生。以来、150以上の国と地域で販売され、累計販売台数は5000万台以上! 世界中で愛される大衆車なのだが、今回、トヨタ...
別窓で開く

あの頃遊んだ「チョロQ」がモーターで動く!引っ張る回数で走り方も変化するぞ!
発売から40年以上経つ今もなお、高い人気を誇るタカラトミーのロングセラー「チョロQ」。これまで累計3000車種以上、約1億5000万個以上を販売した“動くミニカー”として有名です。後ろに10円玉をセットしてウィリー走行を楽しんだ人も多いのではないでしょうか?そんな「チョロQ」が自動車EV化への流れに...
別窓で開く

スポーツカーを中心に盛り上がりをみせる国産旧車ブーム。もともとは1960年代後半から1970年代に販売された日産の「スカイライン」や「フェアレディZ」、トヨタ「2000GT」といった、いわゆる「ビンテージカー」に人気が集まっていた。だが、最近では1980年代以降の車種にも注目が集まっている。例えば、...
別窓で開く

トヨタ、新型GRカローラの「RZ」「モリゾウエディション」の画像を世界初公開。気になる発売日は
トヨタ自動車(7203)グループのTOYOTA GAZOO Racing(以下TGR)は2022年6月1日、「GRカローラ RZ」「GRカローラ モリゾウエディション」の画像を世界初公開しました。今回はその詳細をご紹介します。一体、どんなクルマなのでしょうか。...
別窓で開く

プルバックモーターに劇的進化! 新しい「チョロQ」登場 プログラミング走行も可能に
車種は8種類です!走行パターンは3つ 玩具メーカーのタカラトミーは2022年6月9日(木)、モータープルバックに進化したデフォルメミニカーの「チョロQ」を発売すると発表しました。「チョロQ」は1979(昭和54)年に誕生し1980(昭和55)年に発売された、プルバックゼンマイを搭載したデフォルメミニ...
別窓で開く

ホンダの軽「N−BOX」が王座陥落! 5月の新車販売ランキングで〝絶対王者〟が4位に落ちたワケ
6月6日に発表された5月の新車販売総合ランキングで、5ヵ月連続トップに輝いていたホンダの軽自動車「N‐BOX(エヌボックス)」が王座陥落! この大波乱の背景には何が? 自動車専門誌『月刊クルマ選び』の元編集長で、カーライフジャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。...
別窓で開く