本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



冨安を狙うトッテナムの新強化担当者はどんな人物? パラティチのチームビルディングに迫る
 今年で49歳を迎えたファビオ・パラティチは、最強ユベントスを作り上げた立役者のひとりで、選手の発掘・評価眼、移籍市場での交渉力を併せ持った、イタリアでも指折りのスポーツディレクターだ。 元々は下部リーグ(主にセリエC)でDFとしてキャリアを過ごしたプレーヤーで、ピアチェンツァの育成部門ではフィリッ...
別窓で開く

ユーベ退団発表のブッフォン、伊紙が“豪華すぎる”同僚ベスト11を発表! テベス、イブラ、ボヌッチらが選外に…
 43歳の大ベテランは、イタリアと世界を代表する名門で、数々のレジェンドと戦ってきた。 5月11日、ジャンルイジ・ブッフォンが今シーズン限りでユベントスを退団することを発表した。英スポーツ放送局『BT Sports』のインタビューで明かし、自身のSNSでも発表している。 ブッフォンはSNSで「あらゆ...
別窓で開く

マタ、マティッチら“教え子”が続々加入? 「モウリーニョ・ローマ」の新戦力を伊メディアが大予想!
『Gazzetta dello Sport』、『Corriere dello Sport』、『sky sport』、『Calciomercato.com』、『Sportitalia』など多くのイタリア・メディアによると、ASローマはジョゼ・モウリーニョが新監督に就任する2021−21シーズンに向けて...
別窓で開く

サッカーキングユーザーが選出! ユヴェントスの9連覇に貢献した選手トップ10
 2011−12シーズンの無敗優勝に始まり、現在セリエAを9連覇中のユヴェントス。アントニオ・コンテ監督からマッシミリアーノ・アッレグリ監督、そしてマウリツィオ・サッリ監督へと指揮官が替わり、優勝しながら主力メンバーを大幅に入れ替える大胆な改革も行ってきた。 スクデットを獲得した各シーズンを振り返っ...
別窓で開く

【9連覇の軌跡】 マッシミリアーノ・アッレグリ時代編 | 卓越した手腕で築いた“最強”の5年間
 アントニオ・コンテの後任として指揮権を握ったマッシミリアーノ・アッレグリへの期待は、当初決して大きくなかった。 ミランでは就任1年目の10−11シーズンにスクデットを獲得したものの、その後の実績は尻すぼみ状態で、ユヴェントスファンの間には「ベストな指揮官が見つかるまでの“つなぎ”」という見方が少な...
別窓で開く

【9連覇の軌跡】 アントニオ・コンテ時代編 | 黄金期へ導いた偉大なるレジェンド
 セリエAへの“復帰”から3シーズン、ユヴェントスは“らしくない”迷走の時間を過ごしていた。 その流れを一変したのが、サンプドリアから引き抜かれる形でGM職に就いたジュゼッペ・マロッタと、彼が選んだ指揮官アントニオ・コンテである。バーリ、アタランタ、シエナで残した監督としての実績を疑問視する声も少な...
別窓で開く

過去10年のユヴェントスで“最高の補強”は? 現地紙『トゥットスポルト』のベテラン記者がトップ10を選出!
 2006年夏、未曾有のカルチョスキャンダルに巻き込まれた“老貴婦人”は、クラブ史上初のセリエB陥落という屈辱を味わった。その後も「勝利欠乏症」という病に苦しみ、それからようやく解放されたのは、2012年のことである。ただし、そこからは前人未到の9連覇を成し遂げ、ユーヴェは再び常勝チームへと生まれ変...
別窓で開く

あのブラジル人J戦士はいま【第3回】ジーニョ——「日本で悔いが残っているのが…」
 派手なプレーや言動が目立つブラジル人選手の中では、少々地味で職人肌の男だった。 技術レベルは、極めて高い。左足一本で何でもできる。しかし、それをひけらかすことはない。ジーニョは、攻守両面で貢献し、常にチームの勝利のため、献身的にプレーした。 その一方で、大人しそうな外見とは裏腹に、激しい闘志を秘め...
別窓で開く


<前へ1次へ>