本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



27日に日本と対戦! 「三笘の同僚」「南米最年少」…エクアドル代表について知っておきたい5つのこと
日本代表が今月27日(火)の『キリンチャレンジカップ2022』で対戦するエクアドル代表はどういったチームなのか? 注目の対戦を前に同代表について知っておきたいことをまとめてみた。[写真]=Getty Images?■主力は三苫薫のチームメイト? エクアドル代表の主軸となるとのは、日本代表のFW三笘薫...
別窓で開く

クラブの“格”がガタ落ちのバレンシア。ゲデス、C・ソレール、ガヤら主力の今夏売却は不可避か
 ヨーロッパは階級社会だ。フットボールにおいても歴史やホームタウンに準じたクラブごとの“格”というものが存在し、それは容易に覆るものではない。 そんな中、規模的にも歴史的にもスペインのトップクラブとして君臨し続けてきたバレンシアは、近年その座が完全に揺らいでいる。...
別窓で開く

【東京五輪】来日タレントの「推定市場価格」トップ10! 日本人選手で最高額は?
 東京オリンピックの男子サッカーは、開会式に先駆けて7月22日に開幕。世界各国から集まった16か国がメダルをかけて鎬を削る。  今夏はヨーロッパでEURO、南米でコパ・アメリカが開催されたため、所属クラブや本人が招集拒否/辞退を申し入れた事例も多かったものの、それでも少なくない注目タレント...
別窓で開く

久保建英の新天地候補に挙げられるベティスの厳しい台所事情…「出場保証は不明」と疑問を呈する声も
現地メディアの報道に端を発し、今冬でのビジャレアル退団の噂がまことしやかに囁かれている久保建英。事の真偽よりも、今では新たな移籍先がどこになるかに、人々の興味が移ってきている。 19歳の将来性豊かな日本人MFの新天地候補として、複数のメディアが挙げているのは、ベティス、ソシエダ、バジャドリー、バレン...
別窓で開く

「クボがマドリーでプレーできないのは…」久保建英の“進化”と“課題”を指揮官、専門メディアが指摘!
代表ウィークの現在は日本代表の一員として、13日のパナマ戦、17日のメキシコ戦に備えてトレーニングに励んでいる久保建英。この19歳の少年について、所属クラブであるビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、ここまでのプレーぶりについて「満足している」と言及した。...
別窓で開く

久保建英はなぜELで輝けたのか? 戦術アナリストが今後の可能性と課題を分析!「最適なポジションに、最強のライバルが…」【現地発】
 久保建英がビジャレアル入団後、初めてスタメンを飾ったヨーロッパリーグのシワススポル戦。ウナイ・エメリ監督は連戦に備えて主力を温存したが、その指揮官のローテーション導入が結果的に久保に理想の環境を用意し、1ゴール・2アシストの活躍をもたらした。 明らかになったのが久保は鋭いドリブルを武器にしていると...
別窓で開く

「部外者はクボのことしか考えていない」久保建英の起用法を巡る“圧力”にエメリ監督が苛立ち!「平等に扱わないと…」
 現地時間10月22日に開催されたヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第1節(I組)、シワススポルとのホームゲームで、ビジャレアルの久保建英は、移籍後初のスタメン出場。1ゴール・2アシストの大暴れで、5−3の勝利の原動力となった。 国内リーグでは、開幕から6戦連続で途中出場だった19歳は、13...
別窓で開く

「ここにクボあり!」「幸せな主人公」初スタメンで大活躍の久保建英を各国メディアが賛辞
10月22日(現地時間)、ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージが開幕し、グループIではビジャレアルがトルコのシワススポルを5-3で下して、白星スタートを切った。 点の取り合いとなった一戦、その口火を切るゴールを13分に挙げたのは、ビジャレアル加入から公式戦7試合目にしてついにスタメン入りを果た...
別窓で開く

「確率は100%」久保建英のELスタメンを番記者が断言!批判を浴び続けた指揮官が“温めてきたプラン”とは?【現地発】
 ついにタケ・クボ(久保建英)にスタメン出場の機会が巡ってくる。シーズンが開幕してから1か月余り、タケの起用を巡って様々な意見が駆け巡り、大論争に発展していた。とりわけレンタル元のレアル・マドリー寄りのメディアが限定的な出場機会しか与えないウナイ・エメリ監督を激しく糾弾し、その火の粉は、クラブはもち...
別窓で開く

UEFA公式サイトも久保建英の“起用問題“に言及!日本の至宝はELで初スタメンを飾れるか?
ビジャレアルは10月22日(現地時間)、ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ初戦で、トルコのシバスポルをホームに迎え撃つ。 いよいよ始まる欧州の戦いで、「イエローサブマリン」がいかなるスタートを切るかが注目されているが、同じぐらいに人々の興味を引きつけているのが、久保建英の起用法である。...
別窓で開く


<前へ12次へ>