本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



モロッコ、レグラギ監督がアフリカ人指揮官として初の8強進出! 今年8月に就任で快挙に導く
モロッコ代表のワリド・レグラギ監督が、アフリカ人の指揮官として初めてのベスト8進出に導いた。6日、FIFA(国際サッカー連盟)の公式サイトが伝えている。 FIFAワールドカップカタール2022のグループFで、クロアチアとベルギーを差し置いて1位通過したモロッコは同日、グループEを2位通過したスペイン...
別窓で開く

欧州のバスケ育成はアメリカより上?ヨキッチやドンチッチをその理由に挙げるメディアにデュラントが反論<DUNKSHOOT>
今季のNBAはセルビア人のニコラ・ヨキッチ(デンバー・ナゲッツ)が2年連続でシーズンMVPに輝いた。 その前は、ギリシャ国籍のヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)がこちらも2連覇。さらに今年の投票結果を見てみると、上位5位以内にヨキッチ、アデトクンボ、そしてスロベニア人のルカ・ドンチッチ...
別窓で開く

「忘れられた元アーセナルの18人」に日本人2選手が選出「オランダではリョウジーニョと…」
 才能があっても、成功できるとは限らない。ビッグクラブに所属するのは名誉なことだが、必ずしも全員が輝いたわけではないのは当然だ。むしろ、その存在が忘れ去られていることも少なくない。 サッカーサイト『Squawka』は1月16日、プレミアリーグの名門アーセナルにかつて在籍したものの、その存在が忘れられ...
別窓で開く

【欧州ドラフト候補生】セルビアで腕を磨いた“八村の後輩”やフランス産の有望ガード。2巡目候補にも逸材揃い<DUNKSHOOT>
7月29日(日本時間30日)、ブルックリンのバークレイズ・センターで開催される2021年のNBAドラフト。近年注目度が増しているヨーロッパのプロスペクトでは、スペインのウスマン・ガルバ、トルコのアルペラン・シェングンらが1巡目の指名候補に挙がっている。...
別窓で開く

アルゼンチンの“ファンタジスタ”、カンパッソが来季NBAに挑戦か。ネックは現所属レアルとの契約問題?
2000年代に入り、NBAでは多くのアルゼンチン人選手が活躍してきた。 サンアントニオ・スパーズで4度チャンピオンリングを勝ち取ったマヌ・ジノビリを筆頭に、アンドレス・ノシオーニ(元シカゴ・ブルズほか)やカルロス・デルフィーノ(元ミルウォーキー・バックスほか)、ルイス・スコラ(ヒューストン・ロケッツ...
別窓で開く

過去20年の“ユーロバスケット・ドリームチーム”と“各国ベスト5”を発表!ノビツキーやガソル、ドンチッチ、さらには懐かしの名選手も
FIBAが、2000〜20年の20年間で最も活躍したヨーロッパ人選手を選ぶ“ユーロバスケット・ドリームチーム”を発表した。 これはファンからの投票により選出されたもので、FIBA主催のユーロバスケット(欧州選手権)での活躍をベースに、まずはユーロバスケット常連の15か国と、そ...
別窓で開く


<前へ1次へ>