本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



バルサが“クンデ獲得に関心”と報じられるも…セビージャSDが否定「接触はゼロだ」
セビージャの敏腕スポーツディレクター(SD)のモンチ氏が、今夏の移籍市場での同クラブの動きについて言及した。4日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。 2021−22シーズンのラ・リーガで最少失点数「30」を誇ったセビージャ。しかし今夏、堅牢な守備の一角を担ったDFジエゴ・カルロスがアストン・ヴィラへ...
別窓で開く

フェデラー、ナダル、マリーが共闘!テニス版“ドリームチーム”が9月開催のレーバーカップで実現へ<SMASH>
チーム・ヨーロッパ(欧州選抜)とチーム・ワールド(世界選抜)が戦う男子団体戦の「レーバーカップ」(イギリス・ロンドン/9月23日〜25日)。ロジャー・フェデラーがオーガナイズして2017年にスタートし、毎年豪華なメンバーが揃うことで知られる人気大会に、今年は新たなビッグネームが加わることになった。...
別窓で開く

CB補強が急務のセビージャ、ガラタサライDFマルコン獲得に迫る…本人は移籍に前向きな姿勢か
セビージャは、ガラタサライに所属するブラジル人DFマルコン獲得に迫っているようだ。28日付で、スペイン紙『アス』が報じている。 2021−22シーズンのラ・リーガで最少失点数の「30」を誇ったセビージャ。しかし今夏、堅牢な守備の一角を担っていたブラジル代表DFジエゴ・カルロスがアストン・ヴィラへ完全...
別窓で開く

久保建英が欲しくて欲しくて仕方ない強豪レアル・ソシエダのチーム事情
 久保建英の移籍先候補として再び浮上しているのがレアル・ソシエダだ。近年、ロベルト・オラベSDとイマノル・アルグアシル監督がそれぞれフロント、現場のトップに君臨する双頭体制を確立し、昨シーズンはラ・リーガを6位でフィニッシュ。3年連続でヨーロッパリーグ(EL)の出場権を獲得した。...
別窓で開く

クラブの“格”がガタ落ちのバレンシア。ゲデス、C・ソレール、ガヤら主力の今夏売却は不可避か
 ヨーロッパは階級社会だ。フットボールにおいても歴史やホームタウンに準じたクラブごとの“格”というものが存在し、それは容易に覆るものではない。 そんな中、規模的にも歴史的にもスペインのトップクラブとして君臨し続けてきたバレンシアは、近年その座が完全に揺らいでいる。...
別窓で開く

D・カルロスに続きクンデ退団の可能性も…セビージャがバレンシアDFアルデレーテに関心か
セビージャは、バレンシアに所属するパラグアイ代表DFオマル・アルデレーテの獲得に関心を示しているようだ。16日、スペイン紙『マルカ』が報じている。 今シーズンのラ・リーガで最少失点数の「30」を誇るセビージャ。しかし今夏、堅牢な守備の一角を担っていたブラジル代表DFジエゴ・カルロスがアストン・ヴィラ...
別窓で開く

ロベカルの「物理に逆らった」伝説のFK弾に伯メディアが科学的に再注目! 本人は「あれほどカーブするとは」と回想
1997年6月3日、翌年に控えたフランス・ワールドカップのプレ大会である「トゥルノワ・ド・フランス」が、フランス代表、ブラジル代表、イングランド代表、イタリア代表による総当たり方式で開催された。歴史に残るスーパーゴールが誕生したのは、開幕戦となった開催国と世界王者の一戦だった。...
別窓で開く

“日本キラー”ネイマールに高まる期待! ブラジル・メディアは森保ジャパンに余裕綽々!?「我々は彼らにとって悪夢だ」
セレソンの至宝が、ふたたび日本の前に立ちふさがるのか。6月6日に国立競技場で行なわれる試合への注目度が高まっている。 日本開催では21年ぶりにサムライブルーと対戦するブラジル代表。過去12戦10勝(2分け)と圧倒的に相性が良い相手からきっちりと勝利をもぎ取りたい彼らにとって、キーマンとなるのが、やは...
別窓で開く

レアルにNOをつきつけた選手たち。エムバペなど、それぞれが断った理由とは
 キリアン・エムバペが、ほぼ確実と言われていたレアル・マドリード移籍を蹴り、パリ・サンジェルマン(PSG)残留を決めた。エムバペは昨年8月からずっとレアルへの移籍を希望しており、その気持ちを隠すこともなかっただけに、この急展開はレアルにとっても驚きだった。彼らはエムバペを手中に収めたと思っていた。 ...
別窓で開く

欧州のバスケ育成はアメリカより上?ヨキッチやドンチッチをその理由に挙げるメディアにデュラントが反論<DUNKSHOOT>
今季のNBAはセルビア人のニコラ・ヨキッチ(デンバー・ナゲッツ)が2年連続でシーズンMVPに輝いた。 その前は、ギリシャ国籍のヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)がこちらも2連覇。さらに今年の投票結果を見てみると、上位5位以内にヨキッチ、アデトクンボ、そしてスロベニア人のルカ・ドンチッチ...
別窓で開く