本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ジャイアンツOBが大谷翔平の獲得をプッシュ! ただ、二刀流には懐疑的「好きじゃない。彼が健康でいられると思えない」
今夏のトレード市場において終盤まで移籍の可能性が囁かれた大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)。最終的に残留となったが、現地時間8月2日のデッドラインを過ぎてもなお、その去就には現地からの視線が熱いようだ。【動画】センターへの大飛球! 大谷翔平が放った26号ソロをチェック 米カリフォルニア州の地元放...
別窓で開く

“途中解任された名将”マッドンの大先輩?ビリー・マーティンをめぐる愛と憎しみの“三角関係”【ダークサイドMLB】<SLUGGER>
現地6月7日、エンジェルスのジョー・マッドン監督が電撃解任された。名将と呼ばれる人物がシーズン半ばでクビになるのは異例のことだが、それでも初めてとは言えない。ここではMLBの“名将”途中解任の代表例であるヤンキースのビリー・マーティン監督と、彼をめぐるオーナーのジョージ・スタ...
別窓で開く

「支配力と結果が見合っていない」MLBスカウトたちが熱視線を送る千賀滉大の“リアル評”。剛腕コールとの比較とクローザーに推す声<SLUGGER>
今シーズン中に海外FA権を取得する見込みの千賀は、30歳で23年シーズンの開幕を迎える。小さな故障に見舞われることが多い千賀だが、速球の平均球速は年々増している(昨年は154.1キロ)。昨年は、あのいやらしいスプリッターをさらに進化させた。 あるスカウトは千賀について、ヤンキースのエース右腕ゲリット...
別窓で開く

「スプリッターは大谷並みだ」——MLBスカウトたちが熱視線を送る佐々木朗希の“リアル評”。懸念材料となるものは?<SLUGGER>
MLBの各球団は、個々の選手の将来的な才能の上限をスカウトに判断してほしいと考えている。同時に、潜在的な問題点を見抜くことも求めている。だが、佐々木朗希に関して唯一明らかなのは、MLBが規定するインターナショナル・フリーエージェントの資格を彼が得るのは2026年終了後ということだけだ。...
別窓で開く

期待外れドラ1と烙印を押されたテイラー・ウォードの“逆襲”。大谷翔平の前を打つ切り込み隊長の成長物語<SLUGGER>
「テイラー・ウォードが強打の外野手として台頭しているよ」——数年前にこんなことを言ったら、多くの人に笑われていたかもしれない。いや、そもそもウォードの知名度を考えれば、笑われるというより「いや誰?」という反応になっていただろう。...
別窓で開く

メジャーで本当に通用するのか? MLBスカウトたちが語った鈴木誠也の「長所」と「課題」<SLUGGER>
昨年11月16日、侍ジャパンの4番を務める鈴木誠也がポスティングを表明した。日本球界で圧倒的な成績を残してきたスラッガーは果たしてメジャーで通用するのか。5人のMLBスカウトへの取材によって分かった「長所」と「課題」。アメリカから見た鈴木の評価とは一体どのようなものだろうか。...
別窓で開く

「ア・リーグ最高のチーム相手に好投!」日米通算50勝達成の大谷翔平に現地記者も絶賛!【Playback“ショウタイム”/今季4勝目】
2021年のMLBにおいて二刀流で快進撃を続け、文字通り歴史を作った大谷翔平。彼が投手として記録した9勝を『THE DIGEST』のヒット記事で振り返る。 今回、紹介するのは前半戦最終登板だ。リアル二刀流で出場した大谷は、初回に先制を許すも直後に自らのバットで振出しに戻した。...
別窓で開く

一時はホームレスに転落…70年代最強の奪三振王JR・リチャードの波乱の生涯【豊浦彰太郎のベースボール一刀両断!】<SLUGGER>
1970年代後半最高の投手の一人だったJR・リチャードが、8月4日に亡くなった。享年71。彼の生涯はひと言で言えば「波瀾万丈」だった。 身長203センチの“ビッグ・ユニット”(巨大な物体)だったリチャードは、はるか高みから投げ下ろす時速100マイル(約161キロ)の豪速球と鋭...
別窓で開く

総額1億ドル以上の大型契約が3件成立しても…2020−21FA市場はやっぱり「冷えていた」?
メジャーリーグのスプリング・トレーニングが予定通り開始。FA選手も、大半が新たな所属先を決めている。とりあえず現時点での契約総額トップ10をまとめると以下のようになる。...
別窓で開く

【MLB珍獣図鑑:マイク・トラウト】過剰な「フツーさ」が際立つ球界最高のスーパースター
現在のMLBでは最高のスターであるマイク・トラウト(エンジェルス)がなぜ『珍獣』なのか? と思った方も少なからずいるだろう。すでにMVPを3度獲得した球界最高のスターながら、バリー・ボンズのように強烈なエゴをむき出しにして嫌われることもなければ、トレバー・バウアー(レッズ)のように歯に衣着せぬ発言で...
別窓で開く


<前へ12次へ>