本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



大乱闘を引き起こした選手に宅配ピザをプレゼントしたシアトル・マリナーズのファンが話題
6月26日(現地時間)に米カリフォルニア州のエンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムで、シアトル・マリナーズ対ロサンゼルス・エンゼルスの試合が開催されました。...
別窓で開く

「ボールは破壊されたに違いない」大谷翔平の豪快14号弾に現地記者も驚愕!直前のファウルボールには「襲う準備をしていた」
圧巻の一発だった。 現地時間6月21日、本拠地で開催されたカンザスシティ・ロイヤルズ戦に「3番・DH」で出場した大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)は、第3打席に423フィート(約128.9メートル)の豪快弾を放った。 1対6と5点ビハインドで迎えた6回、無死一、二塁の好機で打順が回ってきた背番号...
別窓で開く

「トラウトだったら…」ウェイドの“フライ判断”ミスが命取りに。同点を許したワンプレーに現地記者は嘆き「フライに凍りついていた」
現地時間6月12日、ロサンゼルス・エンジェルスは、本拠地で行なわれたニューヨーク・メッツ戦で先制点を挙げたものの、ひとつのミスで流れを悪くし、1-4と逆転負けを喫した。 主砲マイク・トラウトの適時打で初回に1点を奪ったエンジェルス。1対0とした3回無死一塁の場面で、打席に入ったスターリング・マーテイ...
別窓で開く

大谷翔平は今季2度目の完全休養。ESPN全米中継も“出番なし”で現地記者が「みんなガッカリするはずだ」と落胆ツイート
二刀流スターの欠場に現地も落胆モードだ。【動画】ジャストミートで182キロの弾丸アーチ! 大谷が放った13号2ランをチェック 現地時間6月12日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたニューヨーク・メッツ戦のスタメンから外れ、代打での出番もなし。...
別窓で開く

“途中解任された名将”マッドンの大先輩?ビリー・マーティンをめぐる愛と憎しみの“三角関係”【ダークサイドMLB】<SLUGGER>
現地6月7日、エンジェルスのジョー・マッドン監督が電撃解任された。名将と呼ばれる人物がシーズン半ばでクビになるのは異例のことだが、それでも初めてとは言えない。ここではMLBの“名将”途中解任の代表例であるヤンキースのビリー・マーティン監督と、彼をめぐるオーナーのジョージ・スタ...
別窓で開く

大谷翔平ピンチ…贈収賄疑惑のエンゼルスを救うのは“トヨタ参戦”しかない!?
(画像)MNAphotography / Shutterstock.com「今回の政治スキャンダルでエンゼルスへの厳しい処分は免れません。本拠地のアナハイム追放はおろか、球団売却処分の可能性もあります。...
別窓で開く

「支配力と結果が見合っていない」MLBスカウトたちが熱視線を送る千賀滉大の“リアル評”。剛腕コールとの比較とクローザーに推す声<SLUGGER>
今シーズン中に海外FA権を取得する見込みの千賀は、30歳で23年シーズンの開幕を迎える。小さな故障に見舞われることが多い千賀だが、速球の平均球速は年々増している(昨年は154.1キロ)。昨年は、あのいやらしいスプリッターをさらに進化させた。 あるスカウトは千賀について、ヤンキースのエース右腕ゲリット...
別窓で開く

「スプリッターは大谷並みだ」——MLBスカウトたちが熱視線を送る佐々木朗希の“リアル評”。懸念材料となるものは?<SLUGGER>
MLBの各球団は、個々の選手の将来的な才能の上限をスカウトに判断してほしいと考えている。同時に、潜在的な問題点を見抜くことも求めている。だが、佐々木朗希に関して唯一明らかなのは、MLBが規定するインターナショナル・フリーエージェントの資格を彼が得るのは2026年終了後ということだけだ。...
別窓で開く

10年目のMLB初ヒットも"副産物"。加藤豪将が気づいた真の目標とは!?
「これがメジャーリーグライフなので」4月14日(現地時間。以下同)、加藤豪将(27歳)はヤンキースタジアムの自身のロッカーの前で、アップダウンの激しい日々を笑顔で語った。今季、トロント・ブルージェイズの開幕ロースターに入った加藤は、4月9日に代走として悲願のメジャーデビュー。その翌日にはマイナー降格...
別窓で開く

“大谷贔屓”だった地元局へ不満を漏らした米リポーターに非難殺到!「歴史に残る天才について話すべきではないのか?」
球界屈指の天才プレーヤーに関する“クレーム”が波紋を広げている。【動画】ついにメジャー通算100号! 大谷が放った7号2ランをチェック 事の発端となったのは、現地時間5月14日に行なわれたオークランド・アスレティックスとのダブルヘッダー第2戦で、ロサンゼルス・エンジェルスの大...
別窓で開く



<前へ1234次へ>