本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



10年目のMLB初ヒットも"副産物"。加藤豪将が気づいた真の目標とは!?
「これがメジャーリーグライフなので」4月14日(現地時間。以下同)、加藤豪将(27歳)はヤンキースタジアムの自身のロッカーの前で、アップダウンの激しい日々を笑顔で語った。今季、トロント・ブルージェイズの開幕ロースターに入った加藤は、4月9日に代走として悲願のメジャーデビュー。その翌日にはマイナー降格...
別窓で開く

30年にわたるイノベーションをわずか24グラムに凝縮。オークリーが新作アイウエア「RE:SUBZERO」を発表
オークリーはイノベーションの新たなチャプターを開く「Re:SubZero」を発表します。Re:SubZero(リ・サブゼロ)は、ランニングやトレーニングなど、自分を鍛えるために汗を流すどんな場面にもふさわしい最先端の軽量フレームです。業界の常識を覆した オークリー独自のフリーフォームテクノロジーが採...
別窓で開く

期待外れドラ1と烙印を押されたテイラー・ウォードの“逆襲”。大谷翔平の前を打つ切り込み隊長の成長物語<SLUGGER>
「テイラー・ウォードが強打の外野手として台頭しているよ」——数年前にこんなことを言ったら、多くの人に笑われていたかもしれない。いや、そもそもウォードの知名度を考えれば、笑われるというより「いや誰?」という反応になっていただろう。...
別窓で開く

畑岡奈紗はツアー通算6勝目! 国内男女も“黄金世代”が初優勝【先週の主要ツアー振り返り】
先週は1998年度生まれの“黄金世代”が大活躍した。畑岡奈紗が21年9月の「ウォルマートNWアーカンソー選手権」以来の米ツアー6勝目。高橋彩華、桂川有人がツアー初優勝を遂げた。それらの結果を振り返る。...
別窓で開く

ポストコロナにおいて経済復興を担う存在として大きく注目が集まる、スタートアップ企業。成功するための王道パターンというのは果たして存在するのだろうか?シリコンバレーのベンチャーキャピタルData Collective(DCVC)社でパートナーを務めるアリ・タマセブ氏の著書『スーパーファウンダーズ 優れ...
別窓で開く

「21世紀の最も優れた脚本101選」米脚本家組合が発表!意外と見逃してるかも!? 映画業界を彩った名作の数々を一挙ご紹介!!
『ゲット・アウト』(c)2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved米脚本家組合(WGA)が2021年12月6日、「21世紀の最も優れた脚本101選(※現在のところ)」を発表!過去21年で映画業界を彩った作品が続々と並んだ。あなたを感動させた映画はランクインし...
別窓で開く

「トラウト、オオタニ、そしてジャッジ?」ヤンキース主砲のエンジェルスへのトレード説が話題に!
MLB史に残るであろうクリーンナップが誕生していたかもしれない——。 現地時間4月25日、米メディア『Sports Illustrated』は、ニューヨーク・ヤンキースの主砲アーロン・ジャッジが、昨オフにロサンゼルス・エンジェルスにトレードされる可能性があったと報じた。 実現していれば、球界を騒然と...
別窓で開く

【名作シューズ列伝】長年ラブの足下を支えた「361°」。2代目モデルは全面楽しめる“ザ・シグネチャー”に
人に歴史あり。バスケにスーパースターあり。スーパースターにシグネチャーモデルあり。シグネチャーモデルにBOXあり!  ケビン・ラブは1988年カリフォルニア州サンタモニカ生まれ。父スタンは元NBAプレーヤーで1970年代にロサンゼルス・レイカーズ、サンアントニオ・スパーズなどでプレーしました。...
別窓で開く

<2020ベストヒット!>なぜコビーはヘリコプターに乗っていたのか…墜落事故の同乗者や、現地での様子は
2020年のスポーツ界における名場面を『THE DIGEST』のヒット記事で振り返る当企画。今回ヒット記事というのははばかられるが、元ロサンゼルス・レイカーズのコビー・ブライアントの訃報について。プライベート・ヘリコプターの墜落事故でスーパースターを失い、全世界に衝撃が走り、涙にくれた。...
別窓で開く

【特別寄稿】米国記者が明かす「私がサイ・ヤング賞投票でダルビッシュ有に票を投じなかった理由」
11月11日、トレバー・バウアー(レッズ)が2020年ナ・リーグのサイ・ヤング賞投手に選ばれ、ダルビッシュ有(カブス)は2位に終わった。興味深いことに、ある一人の投票者がダルビッシュにまったく票を投じなかった(注:サイ・ヤング賞の投票者は1〜5位までを選出する)ことが判明した。 何を隠そう、その投票...
別窓で開く


<前へ12次へ>