本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



国連人権理、ウイグル自治区めぐる討論開催を否決 中国など反対
国連人権理事会の定例会合で、人権侵害が指摘されている中国・新疆ウイグル自治区の問題について討議するよう提案されましたが否決されました。スイス・ジュネーブで開催中の国連人権理事会の定例会合で、人権侵害が指摘されている中国・新疆ウイグル自治区の問題について討論を行う動議をアメリカやイギリスが提案しました...
別窓で開く

最新FIFAランク発表! 日本は24位…スペインが7位へ下降、コスタリカは31位に上昇
国際サッカー連盟(FIFA)は6日、最新のFIFAランキングを発表した。 日本は前回と変わらず、アジア2番目の24位。FIFAワールドカップカタール2022のグループステージで対戦するスペインは1つ順位を下げて7位、コスタリカは3つ順位を上げて31位となった。ドイツ代表は11位のままとなっている。 ...
別窓で開く

国内で9月の2連戦を戦った韓国代表…ベント監督は満足感示すもメディアからは疑問の声
「イ・ガンイン出場0分」の是非 FIFAワールドカップ・カタール2022本大会前の重要なテストマッチとなる、9月の国際親善試合2連戦が終了した。韓国代表は2試合いずれも国内で実施し、コスタリカ代表に2ー2、カメルーン代表に1ー0と1勝1分けの結果を収めた。 パウロ・ベント監督は2連戦を総括し、「よく...
別窓で開く

【喜熨斗勝史の欧州戦記|第18回】「キノ、 守備は任せるよ」セルビア代表ストイコビッチ監督からの信頼に応え、ネーションズリーグでリーグA初昇格!
 セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督を右腕として支える日本人コーチがいる。“ピクシー”と名古屋でも共闘し、2010年のリーグ優勝に貢献した喜熨斗勝史だ。 そんな喜熨斗氏がヨーロッパのトップレベルで感じたすべてを明かす連載「喜熨斗勝史の欧州戦記」。第18回は、9月に行な...
別窓で開く

ソン・フンミンが9月の国際Aマッチで決めた、2つの記録的なゴール
9月の国際Aマッチ期間に、2戦連発の活躍を披露したトッテナムの韓国代表FWソン・フンミン。代表ウィーク前のレスター戦ではハットトリックを達成するなど得点量産モードに入りつつあるが、今回の代表戦で決めた2得点を深く掘り下げると興味深いデータが見えてきた。...
別窓で開く

南米メディアのW杯前「最終調整」評価で日本代表はドイツ、スペインを上回る! 一方、米サイトによる優勝予想の順位は!?
カタール・ワールドカップ前の最後のインターナショナルマッチデーが終わり、いよいよ出場各国は最終メンバー26名を選定し、11月20日に開幕する本大会に臨むこととなる。...
別窓で開く

ピンチを招いた古橋と南野の“相性の悪い”配置。森保Jは最終ライン3枚回しに対するプレッシングを改善すべき
[キリンチャレンジカップ]日本 0−0 エクアドル/9月27日/デュッセルドルフ・アレーナ 欧州遠征の2戦目は、エクアドルが後半にPKを得るなど優勢だったが、日本はそのPKを止めたGKシュミット・ダニエルを中心に辛うじて守りきり、スコアレスドローで終えた。 日本の布陣は、攻撃時4−2−3−1、守備時...
別窓で開く

「得点力不在」「むなしい攻防戦」韓国メディア各社は0−0ドローの森保Jをどう見た? “危機から救い出した”シュミットを評価
 日本代表がエクアドル代表との国際親善試合をスコアレスドローで終えたニュースは、韓国でも広く報じられている。...
別窓で開く

22分の堅守が「長友劇場」の始まり。36歳SBは「強い相手になるほど価値を示せる」と豪語。本番では“エースキラー”の再現を期待
[キリンチャレンジカップ]日本 0−0 エクアドル/9月27日/デュッセルドルフ・アレーナ カタール・ワールドカップ(W杯)の過密日程を視野に入れ、日本代表の森保一監督が、9月23日のアメリカ戦から先発全員を入れ替えるという大胆策に打って出た同27日のエクアドル戦。だが、相手の強度や球際の強さ、カウ...
別窓で開く

W杯優勝候補ブラジルが5発圧勝!…コスタリカ、韓国らも勝利/国際親善試合
FIFAワールドカップカタール2022を前に、メンバー選考前の最後のテストマッチとなる国際親善試合が、27日に各地で行われた。 W杯の優勝候補筆頭にも挙げられるブラジル代表は、チュニジア代表と対戦。ハフィーニャの得点で早々に先制すると、追いつかれた直後にはリチャーリソンが勝ち越しゴール。...
別窓で開く