本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



6代目山口組から神戸山口組と絆會トップへの更なる襲撃は? 絆會トップが元サヤ復帰に二の足を踏むワケ
■最終局面なのか? 5月以降、神戸山口組の最高幹部の自宅への襲撃が相次ぎ、約7年前に起こった6代目山口組の分裂もいよいよ最終局面に差し掛かったという指摘がある。実際はどうなのか。元山口組系義竜会会長の竹垣悟氏(現在は暴力団組員の更生を支援するNPO法人「五仁會」を主宰)が解説する。 これまでの流れを...
別窓で開く

6代目山口組への復帰話が取り沙汰される絆會 トップ「織田代表」の姿勢が評価されている3つの理由とは?
■絆會トップが狙われた裏の裏 指定暴力団「絆會」の織田絆誠(よしのり、本名:金禎紀)代表(55)の自宅兼事務所(神戸市長田区)に車が突っ込んだのは、6月6日午後10時前のことだった。その後、6代目山口組系の組員が出頭し、建造物損壊容疑で逮捕された。このタイミングで絆會トップが狙われた理由については、...
別窓で開く

神戸山口組が迎撃態勢!六代目山口組「再統合」を阻む“最後の障壁”
六代目山口組・司忍組長 (C)週刊実話 無断転載禁止神戸山口組(井上邦雄組長)との抗争下にある六代目山口組(司忍組長)に、大阪府警が牙を剥いた。5月24日、険しい表情の捜査員約30人が、薄葉政嘉若頭補佐率いる愛知県豊橋市の十一代目平井一家本部に集結。威嚇の意味合いなのか、拡声器を手にした捜査員もおり...
別窓で開く

「神戸山口組」ナンバー2の自宅に元半グレが“特攻”の「特筆すべき点」 かつて襲撃を受けた元ヤクザが明かす「された側の憂鬱」
■3年前にガールズバーを襲撃 5月8日未明、特定抗争指定暴力団「神戸山口組」の副組長で2代目宅見組の入江禎(ただし)組長の自宅に車が突入するという事件が起きた。捜査の結果、大阪府警が建造物損壊容疑で逮捕した男は半グレの元幹部だったことが判明した。...
別窓で開く

ヤクザの辞め方は2パターンある カタギになった、それぞれの辛すぎる人生とは?
 法改正や諸条例の整備によって、昨今の暴力団が、まさに公共の敵とばかりに、社会的締め出しを受けていることはよく知られている話。生活苦で暴力団から離脱する者も年々増加中だ。そして、暴力団員を辞めてカタギになった人たちのその後の人生とは、いかがなものか? *** その前に、暴力団員の辞め方について整理し...
別窓で開く


<前へ1次へ>