本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



神戸山口組ナンバー2の寺岡若頭が引退へ その理由とは?
■幹部の49日法要に欠席 今年6月にがんで亡くなった、神戸山口組の仲村石松若頭補佐(享年66、3代目古川組組長)。その49日法要が先日開かれたが、そこに神戸山口組の寺岡修若頭(73=?友会会長)が顔を見せなかったという。その背景に何があったのか。元山口組系義竜会会長の竹垣悟氏(現在は暴力団組員の更生...
別窓で開く

「山口組」で初・前代未聞の通達 「神戸山口組、池田組、絆會の組員を組織から脱退させよ」
■7月20日の総会で 7月20日、6代目山口組総本部からのある通達が「前代未聞」として波紋を広げているという。神戸山口組ら敵対勢力との抗争をさらに煽るような中身だったとされる、その中身について、元山口組系義竜会会長の竹垣悟氏(現在は暴力団組員の更生を支援するNPO法人「五仁會」を主宰)に解説してもら...
別窓で開く

じつは意外に多いヤクザの自殺 2つの実例から見えてくる根本的な原因とは
 2021(令和3)年における日本の自殺者数は約2万1000人だった。平均して毎月2000人近くが自殺している。日本の自殺者総数は、近年では多少の減少傾向もあるが、このように毎年2万人強の数値をコンスタントに弾き出している(作家・ノンフィクションライター・藤原良)。...
別窓で開く

6代目山口組側がついに都内でも! 神戸山口組・井上組長の最側近への抗争計画が! 2日夜発生の「傷害事件」の実態とは?
■太ももから血を流した男が 7月2日午後9時過ぎ、東京江戸川区内で、近隣住民から110番通報があった。現場で血を流していたのは6代目山口組側の関係者で、その近くにいたのは神戸山口組傘下団体の組員だった。ついに都内でも6代目側が神戸側に抗争をしかけてきたのか——。元山口組系義竜会会長の竹垣悟氏(現在は...
別窓で開く

6代目山口組側からの圧力と神戸山口組の井上組長との軋轢で、進むも退くも展望ナシの神戸山口組の寺岡修若頭
■そろそろ潮時ではないか 6代目山口組による神戸山口組への包囲網が狭まっていく中、とりわけ神戸山口組の寺岡修若頭(73=?友会会長)を取り巻く環境は厳しく、その一方で神戸山口組の井上邦雄組長(73)との軋轢も噂されている。その辺りの事情について、元山口組系義竜会会長の竹垣悟氏(現在は暴力団組員の更生...
別窓で開く

6代目山口組から神戸山口組と絆會トップへの更なる襲撃は? 絆會トップが元サヤ復帰に二の足を踏むワケ
■最終局面なのか? 5月以降、神戸山口組の最高幹部の自宅への襲撃が相次ぎ、約7年前に起こった6代目山口組の分裂もいよいよ最終局面に差し掛かったという指摘がある。実際はどうなのか。元山口組系義竜会会長の竹垣悟氏(現在は暴力団組員の更生を支援するNPO法人「五仁會」を主宰)が解説する。 これまでの流れを...
別窓で開く

6代目山口組への復帰話が取り沙汰される絆會 トップ「織田代表」の姿勢が評価されている3つの理由とは?
■絆會トップが狙われた裏の裏 指定暴力団「絆會」の織田絆誠(よしのり、本名:金禎紀)代表(55)の自宅兼事務所(神戸市長田区)に車が突っ込んだのは、6月6日午後10時前のことだった。その後、6代目山口組系の組員が出頭し、建造物損壊容疑で逮捕された。このタイミングで絆會トップが狙われた理由については、...
別窓で開く


<前へ1次へ>