本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「『違法捜査はよくてなんでシャブはダメなんだ』って本気で思ってた」覚醒剤密売の“シノギ”で1億円以上の利益を上げた《極悪刑事の素顔》とは
「ヤラセ捜査のために約40億円の覚醒剤130キロを道内に」北海道警が“重い十字架を背負った”大スキャンダルの裏側《日本で一番悪い元刑事インタビュー》 から続く 社会平和を守るべき警察と、犯罪行為で治安を乱す暴力団員。相容れないように思える二者だが、“癒着”は枚挙にいとまがない。...
別窓で開く

76歳元テキヤが語る「テキヤの種類」「シノギ」「年収」とは?
どうも特殊犯罪アナリストの丸野裕行です。前回好評だった“テキヤ”企画の第2弾となります。「テキヤってなんなの?」「テキヤっていくら稼いでいるの?」「テキヤってどんな育ち方をしたの?」なんて質問が、どうやって調べたのか筆者の直メールに届きます。街中で声をかけられるなんてこともありました。...
別窓で開く

逃げた組員の代わりに妻が小指を... "剛腕マル暴"が明かす暴力団捜査のリアル
 暴力・殺人・抗争・恐喝など、社会の"裏側"で暗躍する「暴力団」。日常生活を送るうえで一切関わり合うべきではない反社会的勢力だが、構成員が自分のすぐ近くにいる可能性は否定しきれない。いつ凶悪事件に巻き込まれてもおかしくはなく、身の周りで不穏な気配や不可解な出来事が起きていないか常に意識すべきだろう。...
別窓で開く


<前へ1次へ>