本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



アフガンから撤退したかったのはアメリカだけではなかった
アメリカ大統領選挙の際に「われわれの大量の血と大切な人々を犠牲にし、アフガンと中東で続いている永遠の戦争を終わらせる」と公約したバイデン政権になって、アフガニスタンはどう変わったのでしょうか? なぜ、アフガンから米軍は撤退しなければいけなかったのか。博覧強記の郵便学者・内藤陽介氏がアフガンの現状を解...
別窓で開く

東山紀之、松木安太郎氏の解説を絶賛…「熱を帯びて、魂に来るんです」
 サッカー解説者の松木安太郎氏が17日、俳優の東山紀之がMCを務めるテレビ朝日系「サンデーLIVE!」(日曜・前5時50分)にコメンテーターとしてスタジオ生出演した。 番組では、12日に行われたカタールW杯アジア最終予選で日本がオーストラリアに2—1で勝利した試合を伝えた。...
別窓で開く

モデル・タレントとして活躍するユージと、フリーアナウンサーの吉田明世がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。10月15日(金)放送のコーナー「リポビタンD TREND NET」のテーマは「サッカー日本代表『2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選』...
別窓で開く

【三浦泰年の情熱地泰】もがき苦しみ決断した末に…豪州戦はまさしくマネジメント力の勝利だ
 良いマネジメントをしなければいけない。これは誰でもそう思う。 良いチームは、良いマネジメントがされている。 マネジメントの語源は「もがき苦しみ決めて行く」。それがマネジメントだと言うのだ。「マネジメント」と聞くとスリムでカッコいい判断をする事のように聞こえるが、判断するために、これなのか? あれな...
別窓で開く

日本のサッカーは死んだ? 埼玉スタジアムには“田嶋OUT”の横断幕…
サッカーW杯の予選が行われているものの、不調が続いている日本代表。サッカーファンは、その原因が『日本サッカー協会』会長の田嶋幸三氏にあると声をあげている。サッカーW杯カタール大会アジア最終予選で、9月2日に日本は0-1でオマーンに敗北。7日の中国戦は1-0で勝利したものの、10月7日のサウジアラビア...
別窓で開く

新井恵理那、汗だくになって食べた“グルメ”「なんだかスッキリ!気持ちが良かったです」
テレビ朝日系で、平日毎朝4時55分〜8時に放送している朝の情報番組『グッド!モーニング』。番組を支え、毎朝を明るくするチーム『グッド!モーニング』の6人(島本真衣、新井恵理那、山本雪乃、住田紗里、森山みなみ、森千晴)は、放送後毎日ブログを更新しています。◆「汗がツーッと腕をつたうくらい…」肌寒い季節...
別窓で開く

「彼は故意にやっている」メッシがブラジル人主審に不満爆発!一体何があった?
 現地9月15日に開催されたカタール・ワールドカップ南米予選の第12節で、アルゼンチンはホームでペルーと対戦。43分にラウタロ・マルティネスが貴重な1点を奪うと、相手のPK失敗にも助けられ、1‐0で何とか白星を挙げている。【動画】息がピッタリ過ぎると話題! PKを外したペルー選手を挑発したのは&he...
別窓で開く

 【ロンドン時事】パラグアイ・サッカー協会は14日、同国代表のエドゥアルド・ベリッソ監督(51)を解任したと発表した。 パラグアイは2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会南米予選で10チーム中8位と苦戦し、本大会出場が危ぶまれている。アルゼンチン出身のベリッソ監督は19年2月に就任した。(了)...
別窓で開く

「久保も堂安も不在かもしれないが…」来月対戦するベトナムのメディアが森保Jを警戒!「彼らは希望をもぎ取ろうとしている」
 10月12日に埼玉スタジアム2002で開催されたカタール・ワールドカップ・アジア最終予選・第4節で、日本はオーストラリアと対戦し、2-1で勝利。1勝2敗という崖っぷちの状況で迎えたホームゲームに勝ち、グループBの2位以内に望みを繋げた。 だが、試練は続く。11月にはアウェー2連戦が控えており、11...
別窓で開く

 【サンパウロ時事】サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会南米予選は14日、各地で行われ、首位ブラジルはネイマールらのゴールでウルグアイに4—1で快勝し、勝ち点を31に伸ばした。2位アルゼンチンは1—0でペルーを下して勝ち点25。 エクアドルはコロンビアと0—0で引き分け。...
別窓で開く