本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



クルマとつなげても単体でも使えるogawaの「カーサイドロッジ」で快適空間を作ろう!
このところカーサイドテントの勢いが増しています。これまではあと一歩主役になりきれなかったカーサイドテントですが、車中泊が注目されるようになり、いろいろなブランドが参入してきているんです。そんなカーサイドテントの潮流を語るうえで欠かすことができないのがogawa。ご存じの通り、ogawaは日本が誇る超...
別窓で開く

手軽に張れるmuracoのカーサイドタープで新キャンプスタイル構築
精悍な黒いテントが評判のmuracoより、クルマの脇にリビングスペースを作れるカーサイドタープ「ペネローペカーサイドタープ」(5万1700円)が発売されました。もちろん生地もポールも黒。このスタイルを見てピンときた人もいることでしょうが、「ペネローペカーサイドタープ」はアウトドアに強いセレクトショッ...
別窓で開く

ワンタッチでポンと広がるカーサイドタープってラクでイイ!
ちょっと気が早いかもしれませんが、暖かくなってきたらフツフツと沸きあがってくるのがキャンプ熱。今年こそはカーサイドタープを使って流行りのカーキャンプや車中泊をしてみたいけど、「組み立てるのが大変そう」「何を買えばいいのかわからない」とあきらめてしまってはいませんか?そこで紹介したいのが、クラウドファ...
別窓で開く

【これ、付録です!】人気の「SUZUKIジムニー」が収納ボックスに!コロコロ転がせるよ。
「あたらしい遊べる軽!」として支持されているSUSZUKI ジムニーが、収納ボックスとなって「MonoMax11月号」(宝島社)の付録に登場した。カラーは人気のアイボリー。 アウトドアアイテムとしても、おうちインテリアの収納ボックスとしても最適で、あらゆるシーンで活躍してくれそう。...
別窓で開く

車中泊向きの純正アクセサリーが用意されているクルマ5選
ここ数年、車中泊への注目度が高まっています。車中泊文化は1980年代のレジャーブームの頃からあ、2000年代初頭に沸き起こったミニバンブームではSA・PAや道の駅で車中泊を楽しむ人が増加。当時車中泊を楽しんでいたのは年配者やお子さんが多いファミリーでした。...
別窓で開く

ドライブがてら手軽にデイキャンプできるっていいよね!
車で乗り付けそのまま快適にキャンプを満喫できるオートキャンプや、日帰りでサクッと楽しむデイキャンプ、ソロキャンプではあえてテントを使わず車中泊を活用したりと、“クルマの活用”と“手軽さ”が最近のキャンプブームのキーワードかもしれません。クルマでキャンプを楽しむ際に便利…というかこれを買わないとキャン...
別窓で開く

夏のキャンプはこれで決まり!遮光性が高いおすすめタープ10選
夏のキャンプといえば「海や川、高原などで楽しみたい!」という方が多いと思いますが、この季節、特に注意したいのが熱中症です。夏場にキャンプをする上で意識してほしいのは「日影をいかにつくるか」。日影を作るためのタープは無くてはならないアイテムとなります。しかし、タープと一言で言っても素材や形状によって機...
別窓で開く


<前へ1次へ>