本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「遅すぎる! 岸田政権は何をやっているのか」新型コロナ分類見直しに向けた作業『年内にも開始』で、辛坊治郎が苦言
キャスターの辛坊治郎が11月28日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。新型コロナウイルスの感染症法上の位置づけをめぐり、厳格な措置を取っている現状の「2類」から季節性インフルエンザ並みの「5類」へ引き下げることを視野に、厚生労働省が年内にも見直しに...
別窓で開く

岸田首相、ワクチン接種遅れに危機感=5回目「垂範」で促進呼び掛け
 岸田文雄首相は25日、新型コロナウイルスワクチンの5回目の接種を、自衛隊が運営する東京・大手町の大規模会場で受けた。感染「第8波」入りやインフルエンザとの同時流行の可能性が指摘される中、オミクロン株に対応したワクチンの接種率は伸び悩んでいる。首相は危機感を強めており、報道陣に公開することで国民に接...
別窓で開く

またワクチン死!集団接種会場の「日当50万円医師」は使いものにならないヤブだらけ/コロナ残酷物語
 新型コロナワクチンを接種しに行っただけなのに、ヤブ医者に殺されてはたまったものではない。 11月5日に愛知県愛西市でオミクロン株対応ワクチンを接種した42歳の主婦が、ワクチン接種から5分後に体調が急変し、適切な治療をされないまま亡くなっていたと、NHKと民放テレビ各局が10日夜、一斉に報じた。...
別窓で開く

辛坊治郎「さすがに岸田政権は慎重」 政府「Go To」避け、「県民割」全国拡大へ
キャスターの辛坊治郎が6月15日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。コロナ禍の観光需要喚起に向け、政府が旅行割引「県民割」について対象の旅行先を全国に拡大する方針を示したことについて、持論を展開した。...
別窓で開く

新型コロナは「スペイン風邪」のようにこのまま忘れられてしまうのか 〜「ウクライナ情勢」の陰に隠れ
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月16日放送)にジャーナリストの佐々木俊尚が出演。山際新型コロナ対策担当大臣が18都道府県の「まん延防止等重点措置」の扱いを3月16日にも判断すると述べたというニュースについて解説した。...
別窓で開く

岸田政権のウィークポイントとなる「3回目ワクチン接種」
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(2月7日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。政府が13都県のまん延防止等重点措置の期限を延長する方向で調整に入ったというニュースについて解説した。...
別窓で開く

“まん防”期限までに「ピークアウト」期待する官邸
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(2月2日放送)にジャーナリストの佐々木俊尚が出演。東京都内の新型コロナウイルスの患者用の病床使用率が、緊急事態宣言の発出要請を検討する基準の50%を超えたというニュースについて解説した。...
別窓で開く

ワクチン「3回目」、なぜ遅い? 高橋真麻「担当大臣にもっと説明してほしい」
3回目のワクチン接種が済んだ人は、昨日1月31日(2022年)時点の公表分(首相官邸HP)で3.2%と、1月4日時点の0.5%からほとんど進んでいなかった。3回目接種はなぜ進まないのか? 2月1日の「スッキリ」が特集した。3回目のワクチン接種対象は、2回目接種から6~8カ月を経過した1469万人(全...
別窓で開く

噴火被害のトンガが「これほどまでに」コロナを警戒する理由 「モーニングショー」が伝えた現状と歴史
「大きな壁があるようです」ときょう21日(2022年1月)の「モーニングショー」でMCの羽鳥慎一が切り出したのは、海底火山の噴火で甚大な被害を受けているトンガの話題だ。20日には噴火後初めて支援物資が到着したのだが、通常とは異なるスタイルで受け渡しが行われた。...
別窓で開く

堀内ワクチン担当大臣から「3回目ワクチン接種」の状況や方針が聞こえて来ない
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月19日放送)にジャーナリストの佐々木俊尚が出演。13都県にまん延防止等重点措置を適用する方針を固めたというニュースについて解説した。一般の高齢者への新型コロナウイルスワクチン3回目接種が天理市で開始。...
別窓で開く


<前へ12次へ>