本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



中国から史上最大規模の資金が流出 露支援による制裁懸念か…外信報道
ウクライナ侵攻を受け西側諸国がロシアへの経済制裁を科すなか、これに参加しない中国から、投資家たちが前例のない規模で資金を引き揚げていることが分かった。CNNビジネスは25日(以下現地時間)、世界主要銀行の集まりである国際金融協会(IIF)の資料を引用し、3月に中国投資ポートフォリオから離脱した資金が...
別窓で開く

「これが最後よ」98歳祖母の孫へのバースデーカードが涙を誘う(英)
このほど掲示板サイトに投稿された1枚のバースデーカードの写真が、多くの涙を誘っている。カードは98歳の祖母が47歳の孫に送ったものだが、文面から祖母の命があまり長くないことがうかがえた。『The Mirror』『Newsweek』などが伝えている。...
別窓で開く

眞子さんと小室さんだけじゃない…「国民の理解と納得」の外ですでに多様化している“現代皇室の真実”
「週に1回の交流」は誇張だった? 上皇陛下と美智子さまの“距離を縮めたテニスデート”の知られざる裏側 から続く 2017年9月3日、眞子内親王と小室圭さんの婚約内定が正式に発表された際、天皇陛下が結婚を認める裁可を行ったと発表された。皇族の結婚に天皇の裁可が必要なのは、明治時代に明治皇室典範で定...
別窓で開く

医師が懸念する5類引き下げ「死者増えて初めてコロナ拡大に気づくことも」
新型コロナを「2類相当」から「5類」に引き下げることが検討されている。自由が増えるならいいじゃない! と、思うけど、さまざまな懸念があってーー。「第6波の主流だったオミクロン株(BA.1)より、18%以上も感染力が強いステルスオミクロン株(BA.2)への置き換わりが急速に進んでいます。...
別窓で開く

出処は不明… ロシアの「黒いプロパガンダ」を広めているのは誰か
「ロシアのウクライナ侵攻は、許されざる行為である。が、しかし……」というトーンでこの問題を語る人がいる。「しかし」のあとに続くのは「ウクライナにも悪いところがある」の場合もあれば、「そんな建前は別として、まずは占領を受け入れよう」という場合もあるようだ。 前者の代表例は鳩山由紀夫元首相や鈴木宗男参議...
別窓で開く

コロナ感染で認知症のリスクが高まる?!  嗅覚障害との関係は。
 いまだ全世界で猛威を振るっている新型コロナウイルス。感染すると、脳が萎縮したり、認知機能が低下したりするリスクが高まることが、欧米や中国からの報告でわかってきているという。AERA(アエラ)2022年3月28日増大号??脳の変化、3つの可能性 3月28日発売の「AERA」増大号は、新型コロナウイル...
別窓で開く

人間は高い音の音楽を聴きながら食事をすると甘く感じ、低い音を聴くと苦く感じる 〜ソニック・シーズニング
医師で医療ジャーナリストの森田豊氏が4月6日、ニッポン放送「モーニングライフアップ 今日の早起きドクター」に出演。音の医学というテーマで医療と音のさまざまな関係について解説した。ニッポン放送「モーニングライフアップ 今日の早起きドクター」ソニック・シーズニング飯田浩司アナウンサー)「音の医学」という...
別窓で開く

プーチンが国民を騙し続けるための“3条件” ロシア娘と母親、祖母の会話で浮き彫りになる違い
 いかに情報統制があっても、ネットが発達した現代においてはそう国民を騙し続けられるものではないはず。それなのになぜロシア国民はプーチンを支持するのか。別の言い方をすれば、なぜ情報統制が機能するのか。この問いへの答えとして、公文書研究の第一人者である有馬哲夫氏が「洗脳」が成立するメカニズムを読み解きな...
別窓で開く

オミクロン株「BA.2」超えの新変異株「XE」出現!! 英国が変異株の「温床」になっているの?(井津川倫子)
またしても英国で「最強の」感染力を持つ新型コロナウイルスの変異株が発見されたというニュースに、世界中が震撼しています。今回感染が確認されたのは2つの異なるオミクロン株が組み合わさったハイブリット型で、「XE」と名付けられました。世界保健機関(WHO)が「これまでで最も感染力が強い恐れがある」と警告し...
別窓で開く

コロナ感染者が増加に転じた。イギリス・オックスフォード大学が提供するデータベース”Our World in Data”によれば、世界で3月2日、アジアでは2月17日、欧州は3月2日以降、感染者が増えている。春の流行が始まったのだろう。昨春、日本では3月2日から感染者が増加し、ピークは5月14日だった...
別窓で開く


[ オックスフォード大学 ] の関連キーワード

シーズニング ロシア