本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



板倉滉は吉田・冨安“鉄板CB”戦線離脱の緊急事態に守備陣を統率できるのか(元川悦子)
【日本代表再始動 注目選手の現在地】 板倉滉(シャルケ/24歳) ◇  ◇  ◇ 1月27日と2月1日に迫ったカタールW杯最終予選の天王山、中国とサウジアラビアとの2連戦に向けて森保日本が24日から再始動した。今回の最大の懸念材料は、絶対的主将である吉田麻也(サンプドリア)、冨安健洋(アーセナル)の...
別窓で開く

 ホッケー女子のアジアカップは24日、オマーンのマスカットで1次リーグが行われ、A組の日本はマレーシアを8—0で下し、3戦全勝の同組1位で準決勝に進んだ。これにより、上位4チームに与えられる今年7月のワールドカップ(W杯)出場権を獲得した。 (時事)【時事通信社】...
別窓で開く

「途中交代に疑問はない」と長友は言うが…。森保Jの左サイドバック問題、果たして序列は変わるのか?
 1月27日の2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選・中国戦(埼玉)に向け、24日から日本代表が再始動した。初日は合流が遅れている川島永嗣(ストラスブール)、柴崎岳(レガネス)、伊東純也(ヘンク)、南野拓実(リバプール)、堂安律(PSV)を除く18人が参加。...
別窓で開く

長友佑都、百戦錬磨の経験を生かす時 若手から刺激受けW杯イヤーを突き進む
国際Aマッチ歴代2位の131試合に出場し、自身4度目となるワールドカップ出場を目指している長友佑都。彼にとって勝負の2022年、カタールW杯イヤーが幕を開けた。 新シーズン始動の舞台となったのは、1月17日から21日に行われた国内組の日本代表合宿。2008年5月のコートジボワール戦で初キャップを飾っ...
別窓で開く

 W杯最終予選再開を直前に、またも日本に試練が訪れた。吉田主将に続き、冨安もけがで不参加に。得点力不足にあえぐ中、安定した守備を支えてきた2人の欠場は手痛い。 不覚を取った初戦のオマーン戦後は吉田、冨安がセンターバックのコンビを組み、5試合で2失点。森保監督が掲げる「いい守備からいい攻撃」を具現化す...
別窓で開く

代役じゃない主役だ 植田、谷口はCB先発に意欲 サッカー日本代表
 サッカー日本代表は24日、ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選の中国戦(27日・埼玉スタジアム)に向けた合宿を千葉市内で開始した。今回は日本の堅守を支えてきた主将の吉田麻也(サンプドリア)と冨安健洋(アーセナル)のセンターバック(CB)2人が不在。チームにとっては危機だが、出場機会に恵...
別窓で開く

ロシア 中国&イランとアラビア海で3国合同演習を実施 今後は地中海でも演習予定
ロシア太平洋艦隊の3隻、スエズ運河通過するか?3か国合同演習にはイスラム革命防衛隊も参加 ロシア国防省は2022年1月21(金)、アラビア海北部のオマーン湾において中国、イランの2か国と合同海軍演習「CHIRU-2022」を行ったことを明らかにしました。...
別窓で開く

山口素弘が詳細に語る「伝説のループシュート」の真相。あの時、選択肢は3つあった
私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第16回初のW杯へ。日本中が熱狂した濃密な2カ月〜山口素弘(1) ワールドカップアジア最終予選は、いつの時代も簡単ではない。 2022年カタールW杯に向けて最終予選を戦っている森保一監督率いる日本代表も、現在グループBで2位をキープしているものの、初戦のオマー...
別窓で開く

4カ月ぶりA代表の久保建英は先発かベンチか…そして「壁」を超えられるか?(元川悦子)
【日本代表再始動 注目選手の現在地】 久保建英(マジョルカ/20歳) ◇  ◇  ◇「僕は今、マジョルカでも基本はトップ下でやっていて、代表でもトップ下。オプションとして右もありますけど、代表ではトップ下を狙っていければいい」 2021年9月のカタールW杯最終予選開幕の直前だった。久保は自身の最適ポ...
別窓で開く

日本代表メンバーに見る森保一監督の選考基準。お墨つき重視と鎌田大地軽視
 中国戦(1月27日)、サウジアラビア戦(2月1日)に臨む日本代表メンバー23人が発表された。...
別窓で開く


[ オマーン ] の関連キーワード

アラビア イラン 地中海 アジア ロシア