本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本の総理として初めてNATO=北大西洋条約機構の首脳会議に出席中の岸田総理は、ロシアによるウクライナ侵攻について「欧州だけの問題ではない」と訴え、日本の防衛力を5年以内に抜本的に強化する方針を表明しました。...
別窓で開く

NATO首脳会議始まる 「戦略概念」協議 ロシア包囲網は
ロシアによるウクライナ侵攻が続くなか、NATO=北大西洋条約機構の首脳会議が、先ほどからスペインの首都マドリードで始まりました。会場前から中継です。西村さん。スペインの首都マドリードで2日間にわたって行われる予定の首脳会議は、およそ30分前から始まりました。首脳会議では今後10年の行動指針を定める「...
別窓で開く

ASEAN諸国、インド、日本の「東西におけるコネクティビティをいかに強化するか」ということが鍵に
前国家安全保障局長の北村滋が6月27日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。米ホワイトハウスが立ち上げることを発表した太平洋地域の島嶼国への支援強化のための枠組みについて解説した。...
別窓で開く

日本政府「日本・韓国・豪州・ニュージーランド4か国首脳会談を提案」、韓国大統領室「検討中」
韓国大統領室は20日、「日本側から4か国首脳会談の提案があった。現在、国家安保室にて検討中」と明らかにした。大統領室の関係者はこの日午後、ヨンサン(龍山)大統領室で記者陣と会い、「日本政府が、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議を契機に日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドの4か国首脳会談開催...
別窓で開く

かつてない「強い言葉」でアメリカを牽制する「中国の事情」
青山学院大学客員教授でジャーナリストの峯村健司が6月15日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ルクセンブルクで行われたサリバン大統領補佐官と楊潔?共産党政治局員による米中高官会談について解説した。19日、ビデオメッセージを発表する習近平氏。...
別窓で開く

中国軍機が豪加哨戒機に「危険な威嚇」 そうするに至る彼らなりの「理屈」はどこに?
オーストラリアおよびカナダの哨戒機が、続けざまに中国軍機から危険な威嚇を受けました。領空侵犯もしていないのに、フレアやチャフまで撒かれたといいます。中国はなぜそこまでするのか、彼らなりの「理屈」を探ります。豪加の哨戒機が中国軍機による妨害行為に遭遇 オーストラリア国防省は2022年6月5日、南シナ海...
別窓で開く

第一標的は日本か…ロシア・中国・北朝鮮『新・悪の枢軸』が世界を滅ぼす!?
(画像)OnePixelStudio/shutterstockアメリカのバイデン大統領が訪日していた5月24日、日本、アメリカ、オーストラリア、インドの4カ国で構成される「QUAD(クアッド)」の首脳会談が東京で開催された。しかし、華やかな舞台の裏で一触即発の事態が起きていた。...
別窓で開く

海上自衛隊の艦隊が出撃する『IPD22』の意味とは?
6月13日(月)、海上自衛隊はハワイ、インド、オーストラリア、フィリピン、ベトナム及びソロモン諸島、フィジー諸島など12ヵ国を訪問し、各国海軍との共同訓練に参加するため、IPD22艦隊を出撃させる。IPDとは、「インド洋太平洋方面派遣」の略であり、10月28日(金)まで約5か月間にわたる行動だ。...
別窓で開く

中国軍機、豪加の哨戒機に「異常接近」=中国側は「安全なやり方で作戦実施」と反論
南シナ海や朝鮮半島周辺の上空でオーストラリアとカナダの哨戒機に中国軍機が異常接近を繰り返したと欧米メディアが報じた。豪加両国は「非常に危険な行為。無責任で挑発的」などとして中国に懸念を伝達。中国側は「中国軍機は『安全』なやり方で作戦を実施している」などと反論した。...
別窓で開く

オーストラリア新政権を「試している中国」 南シナ海で中国・豪州両軍機接近
数量政策学者の高橋洋一が6月8日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。南シナ海で発生した中国軍とオーストラリア軍機の接近について解説した。25日、教師や学生代表との座談会で重要演説を行う習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席...
別窓で開く



<前へ123456次へ>