本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「堂安律は本田圭佑によく似ている」ガンバJr.ユース時代の監督が「人間力」に太鼓判
(6月のガーナ戦でドリブル突破を図る堂安(C)JMPA) 日本がカタールW杯出場を決めた3月のオーストラリア戦(シドニー)。かつて南野拓実(モナコ)、中島翔哉(ポルティモネンセ)とともに「三銃士」と称された堂安律(フライブルク)は、この大一番に参戦できなかった。「逆境大好き人間頑張りまーす!あ、怪我...
別窓で開く

英BBCがセルティックの日本人トリオを激賞!「古橋はどれだけ得点を量産するんだ?」「旗手と前田は休むことなく…」
 アンジェ・ポステコグルー監督の就任1年目でスコットランドの王座に返り咲いたセルティックに、日本人選手たちが大きく貢献してきたのは言うまでもない。 オーストラリア人監督は昨夏、ヴィッセル神戸から古橋亨梧を獲得。すると、古橋はシーズン前半戦でゴールを量産し、リーグカップ決勝戦で2ゴールを挙げてチームに...
別窓で開く

「誰よりもハードワークをし…」井手口陽介の影響力にポステコグルー監督が感嘆!「重要な選手になるのは間違いない」
 セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督が、なかなか出番を与えていない井手口陽介について語った。英紙『The Sun』が伝えている。 2021年はガンバ大阪でリーグ戦29試合に出場した井手口は今冬、古橋亨梧が所属しているセルティックに前田大然、旗手怜央と共に加入。全く出場機会を掴めずに終わったリ...
別窓で開く

遠藤保仁はなぜ“海外への扉”を開かなかったのか。40歳になったいまも「行きたい気持ちは強くある」
 いぶし銀の輝きを放った、そう形容していいパフォ—マンスだっただろう。 水曜日に開催されたJ1リーグ第2節、名古屋グランパス対ガンバ大阪の一戦。アウェーチームの1点ビハインドで迎えた71分、遠藤保仁がピッチに投入される。井手口陽介との2ボランチで中盤での構成力を高めると、流れはグッとガンバへ。...
別窓で開く


<前へ1次へ>