本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「自信一気になくした」時を経て…堂安律が目指す“本田圭佑越え”
日本代表が強豪ドイツを2−1で下した23日の歴史的白星は、日本国内のみならず、世界中に衝撃を与えた。 日本のワールドカップ史上初の逆転勝利の原動力となったのが、75分の堂安律の同点弾。三笘薫の左サイドのドリブル突破からのスルーパスを受けた南野拓実が左足を一閃。名手、マヌエル・ノイアーが弾いたボールを...
別窓で開く

森保ジャパンには遠藤保仁のような存在が必要だ! 明神智和が指摘したサウジ戦のわずかな“ズレ”
 サウジアラビア戦は単調なまま終わってしまったという印象です。 厳しい結果になったなと。いちファンとしてもショックの大きな試合だったなというのが一番の感想です。 初戦のオマーン戦でホームで不甲斐ない試合をして、次の中国戦ではなんとか立て直しました。今回のサウジアラビア戦は、最終予選らしさというか、1...
別窓で開く

古橋亨梧が体現した森保ジャパンの「やるべきこと」。明神智和が考える10月シリーズのカギは久保建英の周囲との連携!
 中国戦は1-0でしたが、最終予選で勝利できたことはものすごく良かったです。 ポイントは0-1で敗戦した前節のオマーン戦の試合内容からどう立て直すかだったと思います。メンタル的には吉田麻也選手中心に問題ないだろうと思っていましたが、そこをしっかりと立て直してきたのは素晴らしかった。...
別窓で開く

「脳はね、進化できる」遠藤保仁が語り明かす流儀、哲学、そして真髄。【独占・全文公開】
 ヤットは気のおけない、20年来の親友である。「出会ってからず〜っと変わらない。とにかくブレないんですよ」という言い回しからも、どこか優しさが滲み出る。  年代別代表でともに切磋琢磨し、ガンバ大阪で共闘するようになってからは、家族ぐるみの付き合いだ。同学年の息子同士が同じチームでサッカーボールを蹴り...
別窓で開く

指揮官に自ら進言。「俺を中盤で使ってください」【ファルカン・ジャパンの“10番”岩本輝雄の栄光と苦悩の記憶|EP3】
【前回までのあらすじ】 5月のキリンカップ、オーストラリアとフランスとの2試合に岩本輝雄は先発出場を果たす。ポジションは左SB。世界との差を痛感したが、「いろんなことを学んだ」有意義な経験だった。選手としてより高みを目指すようになり、そして、もし次も代表に選ばれたら「監督に絶対に言おう」と固く心に誓...
別窓で開く

「1点取っただけでこんなに有名になるんだ」“救世主”大黒将志が語るジーコジャパンとドイツW杯
 過去の名勝負を放送する「DAZN」の「Re-Live」で現在配信中の、ガンバ大阪が初タイトルを獲得した2005年J1リーグ最終戦(G大阪vs川崎フロンターレ)で解説を務めた大黒将志。この前シーズンに得点ランキング2位、日本人では最多の20ゴールを記録したストライカーは、その活躍が認められ、2005...
別窓で開く


<前へ1次へ>