本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



足にも地球にもやさしいAllbirdsのサンダルで夏の足元を快適に!
汗ばむほどの初夏の陽気もちらほら出てきて、いよいよ本格的に衣替えが必要な時期になりました。半袖シャツやショートパンツを用意したあとは、足元も涼しく揃えたいところ。...
別窓で開く

「100年使える腕時計」だから保証も100年です
喫緊の課題である地球の環境保全に向けて各企業が努力していますが、環境先進国の一国であるデンマークのコペンハーゲンを拠点とするNordgreen(ノードグリーン)からも、同社初のサステナブルウォッチ「Guardian(ガーディアン)」(8万9000円)が発売されました。ケースなどにリサイクル素材を採用...
別窓で開く

ザ・ノース・フェイスらしい機能性とアーバンにも似合うスタイリッシュなウエア
環境保全の意識が高まる中、メーカー各社、リサイクル素材の使用やサステナビリティへの取り組みを進めていますが、THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)からも「UNDYED COLLECTION(アンダイドコレクション)」がデビューしました。その特徴は、アウトドアウェアでは珍しいホワイトカラ...
別窓で開く

シンプルトーンが魅力!スムースレザーが大人顔なアディダス「CAMPUS」
アディダスの系譜を継承し、2001年にストリートスポーツウエアブランドとして誕生したadidas Originals(アディダス オリジナルス)。これまで、アパレルブランドのアーバンリサーチと三度に渡りコラボレーションしてきましたが、2022年SSコレクションでも新作を発売することを発表! さらにア...
別窓で開く

中はボアフリースなアディダスのスリッポンで足元ぬくぬく!
冬の足元を暖かく包み込んでくれるボアシューズですが、暖かいだけに蒸れが気になったり、ブーツ型だと脱ぎ履きが少し大変だったりといった難点も。でもアディダスの新作「SST SLIP-ON FLEECE」(1万1000円)なら問題なし。...
別窓で開く

脱炭素を目指し競合2社が共創!「アディダス×オールバーズ」が示す新たな環境問題への取り組み
環境を守るために二酸化炭素(CO2)排出量を減らすことは、現代人の誰もが無視できない命題。世界中の各企業もさまざまなカーボンニュートラル(脱炭素)対策に取り組んでいます。そんな中、アディダスとオールバーズという競合関係にあるふたつのスポーツブランドがタッグを組み“競争から共創へ”という理念のもとに生...
別窓で開く

再生可能な素材をブラに サステナブルに取り組む下着ブランド5選
環境を守り、幸せな地球の未来を紡ぐ持続可能な取り組みにブラを心地よく、快適に身につけることで貢献してみよう。環境にも人にもうれしい機能的な再生素材が続々。世界中で自然災害が多発し、地球が危機に直面している今。環境を壊さず、資源を使いすぎず、地球を保護しながら、あらゆる差別や貧困も解消していく…。...
別窓で開く

履くだけでデータ連動するアンダーアーマーの先端シューズ
連日熱戦に沸くスポーツイベント。一流アスリートたちの活躍に「なんだか自分も運動したい!走ってみたい!」と思ったなら、こんな秘密兵器はいかがでしょう。シューズに埋め込まれたセンサーが、走行距離やルートはもちろん、ピッチやストライドなど緻密なランニングデータを自動で取得。...
別窓で開く

ニューバランスが誇る超高性能厚底カーボンシューズでサブ3を目指せ!
長距離志向のランナーにとって、フルマラソンの完走が最初のハードルであるならば、次に超えるハードルは当然ながら走破タイム。5時間以内で走り切る“サブ5”を皮切りに、“サブ4”そして究極の目標となる“サブ3”をクリアするため、苦しくも楽しいトレーニングをこなしているランナーも多いのではないでしょうか。...
別窓で開く

“最高級の柔らかさ”で本格派からビギナーまでを満足させるBROOKSの新作ランシュー
卸し立てのスポーツシューズ、とりわけクッション性や反発力に優れたモデルで走ったときの感覚は、「雲の上を歩くような」といった“極上の柔らかさ”をイメージされる人が多いのではないでしょうか。アメリカ発のランニングシューズブランド・BROOKSの2021春夏新作ランニングシューズ「Aurora(オーロラ)...
別窓で開く


<前へ12次へ>