本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



 次の絵はは有名なトリックアートのひとつマウリッツ・エッシャーの「滝」です。マウリッツ・エッシャー作「滝」 この絵の立体モデルとして作ったのが次の映像です。Water Fall 絵だと描き方によってそのように見えるというのは理解できますが、この模型ではどのように水が流れているのでしょうかとても不思議...
別窓で開く

見れば見るほど脳がバグる...! 三次元ではありえないはずの存在を「立体化」した造形師あらわる
「不可能図形」という言葉を聞いたことがあるだろうか。二次元の絵としては描くことができるが、三次元の物体としては実現しない、三次元的な図形——つまり、立体的に見えるが、実際に立体にすることはできない絵、ということだ。オランダの画家・エッシャーが「上昇と下降」で描いた「無限階段」が分かりやすい例だろう。...
別窓で開く

片桐仁 芸術人生20年の集大成「創作大百科展」を松田ゆう姫がレポート
TOKYO MX(地上波9ch)のアート番組「わたしの芸術劇場」(毎週土曜日 11:30〜)。この番組は多摩美術大学卒で芸術家としても活躍する俳優・片桐仁が、美術館を“アートを体験できる劇場”と捉え、独自の視点から作品の楽しみ方を紹介します。12月11日(土)の放送は、特別編。...
別窓で開く

697名から園子温監督が抜擢「とんでもない人が出てきた」衝撃の瞬間
日本が誇る鬼才・園子温監督の最新作にして、自身初となる本格ワークショップから誕生した話題作『エッシャー通りの赤いポスト』がいよいよ公開を迎えます。そこで、すでに海外の映画祭でも熱い支持を得ている本作について、こちらの方々にお話をうかがってきました。...
別窓で開く

同じ形のドラゴンで作られた立体パズル「テセレーションボール」 60体の美しい組み合わせ
 同じパターンを隙間なく敷き詰めた「テセレーション」と呼ばれる画像。パズル的な組み合わせの妙を感じるものですが、平面だけでなく立体でも表現が可能です。同じ形をしたドラゴン60体を球形に組み合わせた立体パズル「テセレーションボール」がTwitterに投稿され、その精緻な組み合わせが反響を呼んでいます。...
別窓で開く

この迷路から脱出できますか? 「エッシャーのだまし絵を思い出す」「脳が変になりそう」
今年の7月に発売予定の『スター・ウォーズ』をモチーフとした迷路アートの本「Star Wars Mazes」の著者でアーティストのショーン・C・ジャクソンさんが、Instagramで多数の迷路アートを公開しています。迷路が好きであれば是非挑戦してみてください。https://www.instagram...
別窓で開く

奇想天外なストーリーに隠された裏テーマは…石川宗生の『ホテル・アルカディア』
奇想の天才作家・石川宗生さんの第2作となる『ホテル・アルカディア』は、またも突き抜けた博覧強記の世界がどーんと眼前に現れる。突き抜けた先に広がる無限大の奇想。読書の喜びに浸る理想郷(アルカディア)へようこそ。ホテルに投宿していた7人の芸術家たちが、引きこもりになってしまった支配人の娘プルデンシアを癒...
別窓で開く


<前へ1次へ>