本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「汗+加齢臭」で不快なニオイに……更年期の女性は冬の「クサいネバ汗」にご用心
「冬って汗かかないはずなのに、夏より体がくさい気がする……」「帰宅してコートを脱いだらツーンときた。もしかして加齢臭?」むせかえる汗の臭いが気になるのは、もちろん夏が多いはず。でも考えてみれば冬も、暖房の効いた室内に厚着でいたりすると、腋汗が気になるなんて経験も……。「冬の汗がくさくないなんてことは...
別窓で開く

田中圭、健康オタク女にビビりまくる「怖いっす…」
【モデルプレス=2023/01/11】俳優の田中圭が、11日放送の日本テレビ系『上田と女が吠える夜』(毎週水曜よる9時〜)に出演。健康オタクの女たちに恐怖心をあらわにする。◆鈴木亜美ら“絶対に死にたくない健康オタク女”集合今回は、人一倍健康に気を使いすぎる、絶対に死にたくない健康オタク女が集合。...
別窓で開く

コントロールできない女性特有の悩みに! 編集部厳選“おすすめサプリ”7選
ananフェムケア連載「Femcare File」。今回のテーマは「心身のゆらぎとサプリメント」。フェムケア意識の高まりにより、女性の体に寄り添うサプリメントが多く発売に。正しく向き合うために大切なことをご紹介します。食事や生活習慣を見直した上でサプリメントを上手に活用して。...
別窓で開く

肌荒れやイライラ、更年期症状…女性ホルモンのために大事なのは「腸」だった!
「あ〜具合悪い」。なぜだかよくわからないけれど、体の調子がすぐれない…と感じることはありませんか? もしかすると、それは女性ホルモンが関係しているかもしれませんよ。 女性の体はホルモンの影響を受けやすく、とてもデリケート。生理不順や更年期症状など、様々な不調に悩まされることも多く、乳がんや子宮頸がん...
別窓で開く

PMSや更年期症状を緩和する可能性を秘めた「エクオール」について産婦人科医に聞いてみた
女性にとっては”毎月の憂うつ”であることが多い生理。生理中の女性をケアする商品も年々増えていますが、生理中だけでなく、生理前に起こる”PMS症状がつらい”という話も、女性同士で話しているとよく耳にすることです。PMS(月経前症候群)とは、月経前の3〜10日の間続く、精神的あるいは身体的な不調のこと。...
別窓で開く

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<前立腺ガン>発症リスクを低める注目の食品とは?
 近年、患者数が増加傾向にある「前立腺ガン」。厚労省と国立がん研究センターが2022年に公表した「2019年の全国がん登録 罹患数・率 報告」によると、「前立腺ガン」は9万4748人と、男性の部位別ガン罹患数のトップに君臨しているのだ。「前立腺ガン」の発症リスクを減らすことができるかもしれないと注目...
別窓で開く

たかが呼吸と侮るなかれ! 生理による“月イチ不調”の乗り越え方8か条
排卵後〜生理前に低下する副交感神経の働きをカバーして、ハードモードな時期をスムーズに乗り越えよう! 「イーク表参道」副院長の高尾美穂さんが“月イチのピリつく時期を穏やかに過ごす8か条”を教えてくれました。月イチのピリつく時期を穏やかに過ごす8か条。1、まず自覚。“いつもの私じゃない時期”に突入したこ...
別窓で開く

40代。ほてり、イライラ、不眠...これって更年期?
 女性が避けては通れない「更年期」。ほてり、イライラ、不眠......こんな体験談を聞いて、これから更年期を迎える40代のみなさんは「私、どうなっちゃうんだろう......」と不安に思っているのでは? 更年期はどんなメカニズムで、どんな症状があらわれ、どう対策すればラクになるのか。...
別窓で開く

“飲む膣ケア”が流行の兆し!? インナーフェムケア最前線
最近グッと熱を帯びてきたフェムケア市場。新たな切り口や注目の新成分なども続々登場。いま知りたいニュースをピックアップします。インナーフェムケア最前線注目成分γ(ガンマ)‐トコフェロールが月経前の女性の変化をサポート!トコエル 月経前のゆらぎ時期に試してみる価値アリ!女性の味方として注目の新成分γ‐ト...
別窓で開く

月経前の心身の不調  医師や専門家が少なく診断困難・保険適用の薬は皆無・軽症の対処法不明  その課題解決へ大塚製薬がセミナー
 ——月経前になると眠さと集中力低下で勉強がはかどらなくなる。 ——月経前にパートナーの行動にイライラして喧嘩になる。 ——月経前に子どもを叱りすぎてしまう。 このような状態になる女性とその周囲の人に向けて、月経前症候群(premenstrual syndrome :PMS)の存在とPMSを改善でき...
別窓で開く


<前へ12次へ>