本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



リラードが通算得点数で球団トップに!他球団の記録保持者は?【チーム別ランキング/ウエスト編】<DUNKSHOOT>
現地時間12月19日、ポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードが、オクラホマシティ・サンダー戦で28得点を記録。試合には121−123で敗れたものの、通算得点でクライド・ドレクスラーの記録を抜き、球団トップに立った。 2012年のNBA入りから今季で11年目。...
別窓で開く

”『プラダを着た悪魔』の本当のヴィランはミランダじゃなくてネイト”という通説に対するアン・ハサウェイの見解
2006年に公開され日本でもヒットした映画『プラダを着た悪魔』。主人公のアンドレア(アンディ)・サックス役を演じたアン・ハサウェイさんが、アメリカのトークショー『Watch What Happens Live』に出演し、“『プラダを着た悪魔』の本当のヴィランはミランダじゃなくてネイト”という通説に対...
別窓で開く

【NBA背番号外伝】最も有名なのは“奇才”ロッドマン! 名PGが愛用した「10番」を振り返る<DUNKSHOOT>
サッカーではエースナンバーとして知られる10番は、NBAでも多くの名手たちが背負ってきた番号だ。ポジションはPGが多く、職人肌から個性派まで多士済々。マイク・コンリー(ユタ・ジャズ)ら昨季は18人が着用し、永久欠番は9人を数える。 そのなかで、最も有名な10番は、デニス・ロッドマンだろう。...
別窓で開く

【NBA背番号外伝】デュマース、ウェバーらが袖を通した背番号4。職人タイプやダンク王も多く着用〈DUNKSHOOT〉
■職人肌や仕事人のほか、ダンク王も多く着用 日本のバスケ界で4番と言えば、キャプテンが着けるものという印象が強いが、NBAでは誰でも自由に選択できる番号だ。これまで職人や仕事人と呼ばれたプレーヤーが多く着用し、永久欠番になった選手たちも多くがこのタイプに分類される。...
別窓で開く

プレーオフでの惨敗で指揮官解任に踏み切ったシクサーズとペイサーズ。気になる後任候補は?
8月17日(日本時間18日、日付は以下同)に開幕したNBAのプレーオフは、現在ファーストラウンドが佳境を迎えている。 イースタン・カンファレンスではトロント・ラプターズがブルックリン・ネッツを、ボストン・セルティックスがフィラデルフィア・セブンティシクサーズを、マイアミ・ヒートがインディアナ・ペイサ...
別窓で開く


<前へ1次へ>