本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ジェットスター新機種が「お披露目フライト」 片岡社長が「ゲームチェンジャー」と意気込む理由
日本航空(JAL)などが出資する格安航空会社のジェットスター・ジャパンは2022年6月30日、現行のエアバスA320型機よりも大型のA321LR型機のチャーターフライトを運航した。7月1日から国内線の定期便として運航が始まる予定で、ジェットスターのA321LRが乗客を乗せて運航するのは今回が初めて。...
別窓で開く

JALはなぜ“ボーイング一強”になったのか 近年の「脱・ボーイング」は半世紀前の再現?
JALは、これまでボーイング社のモデルを“一強”と呼べるほど重用してきましたが、それが近年変わりつつあります。ここまで同社の使用メーカーの選定はどのような推移をたどってきたのでしょうか。当初は「ダグラス一強」だった JALは、これまでの機材選定の歴史の中で、米・ボーイング社のモデルを“一強”と呼べる...
別窓で開く

JALのA350はなぜ初の鹿児島に? 理由たる「特別遊覧便」に乗る 「きんこきんこ」と流れる機内放送
JALが新鋭旅客機「エアバスA350-900」を鹿児島空港開港50周年企画のチャーター便のために初飛来させました。その目的たるチャーター便に乗ったところ、まさに“鹿児島感”あふれた特別なものでした。出発前から普通とは違う! JAL(日本航空)が国内幹線向けに導入した新鋭旅客機「エアバスA350-90...
別窓で開く

JALの歴史も変えた新世代機「エアバスA350 XWB」 末尾の謎型式名「XWB」が示す紆余曲折とは
2013年6月14日は、ヨーロッパ・エアバス社が製造する大型ジェット旅客機「A350 XWB」が初飛行した日です。この旅客機は、どういった経緯で開発されたのでしょうか。当初はA330ベースの新型機案だったが 2013年6月14日は、ヨーロッパ・エアバス社が製造する大型ジェット旅客機「A350 XWB...
別窓で開く

鹿児島初飛来のJAL新鋭機「A350」 ミッションを終え帰京 離陸の様子が神々しすぎる!
鹿児島空港の独特な背景とのカップリング、激レアです!「遊覧チャーター」の初ミッションを終え 2022年6月12日朝に鹿児島空港に初めて飛来した、JALの最新鋭フラッグシップ「エアバスA350-900」。この機が鹿児島での”初ミッション”を終え、同日17時すぎ、羽田空港に向け鹿児島空港を飛び立ちました...
別窓で開く

うおぉキタ!! 史上初 JALの最新旅客機「エアバスA350」鹿児島空港に出現! なぜ飛来?
駐機場所も”激レア”…!「JA02XJ」が担当 JAL(日本航空)が2019年から国内線の次世代フラッグシップとして導入を進めてきた新鋭旅客機「エアバスA350-900」。主に羽田〜新千歳、福岡、那覇線など「国内幹線」向けに導入されたこの旅客機が、2022年6月12日の午前8時半すぎ、鹿児島空港に飛...
別窓で開く

◆機内食の味は機内食会社で決まる コロナ感染状況も一段落で、そろそろ海外旅行へ行こうと考えている人も多いのではないだろうか。航空機で海外渡航するのに、どのエアラインの機内食が美味しいかと話題になることが多い。 しかし、実際はエアラインが製造している訳ではない。エアラインから受注を受けた機内食会社が製...
別窓で開く

なぜ「1828m」? 伊丹空港の中途半端なA滑走路の謎 機長に聞く3000mのB滑走路との“使いわけ”
ある程度“キリのよい”数字の長さで設置されていることが一般的な日本の滑走路で、数少ない例外なのが、伊丹空港の「1828m」のA滑走路です。なぜこのようになったのでしょうか。そして、どのように使用されているのでしょうか。...
別窓で開く

キター!! 羽田に「ジャンボ旅客機」再降臨! いまや貴重なルフトハンザの747-8
今後のインバウンド需要も期待したいところ。4発エンジン旅客機の飛来は久しぶり 羽田空港に2022年6月3日(金)午前、ドイツのルフトハンザ航空が運航するボーイング747-8が飛来しました。 ボーイング747は「ジャンボジェット」の愛称で知られる2階建ての4発エンジン機で、ひと昔前はジェット旅客機の代...
別窓で開く

小型旅客機は本当に”狭い”のか?  J-AIRの答えは「NO!むしろ広い!」 機長が話すその理由
大型ジェット旅客機とくらべ、地方間を往来するような小型ジェット旅客機は、その見た目から、旅客にとっては”狭い”という印象を持たれがちです。J-AIRの機長によると、実はそうではないとのことです。76席・95席の2タイプの旅客機をもつJ-AIR 通路が2本あり、300人以上を乗せ大都市間を行き来するよ...
別窓で開く