本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



新「ANAの部屋」、福岡のホテルに誕生へ!! 濃すぎる工夫の数々とは 「ウミガメ巨大機」全面推し!
なんと「ANAっぽい」のは視覚情報だけじゃない!12月17日から提供開始 ANAクラウンプラザホテル福岡の一室に、ANA(全日空)のコンセプトルーム「ANA ROOM FUKUOKA」が誕生します。2022年12月9日から予約開始となり、提供は12月17日から開始されるとのことです。...
別窓で開く

経営破綻から復活のスカイマーク、再上場へ 躍進のカギ握るのは、今後も続くANAHDとの関係?!
7年前に経営が破綻した中堅航空会社のスカイマークが東京証券取引所に株式の再上場を申請し、承認された。2022年12月14日上場予定で、かつての東証1部(現東証プライム)ではなく、新興企業向けの東証グロースからの再出発になる。新型コロナウイルス禍で業績が悪化し、2020年4月に申請を取り下げていたが、...
別窓で開く

日本人が「外国の航空会社」で渡米する利点は? デルタ航空の答え 地方発でも東京乗り継ぎのように米へ
JAL加入の「ワンワールド」、ANA加入の「スタアラ」、いずれでもありませんが…。国内線ネットワークが充実した4隅の空港へ就航 外資系の航空会社のなかで日本路線に大きな注力を図っているのが、アメリカの航空会社、デルタ航空です。同社は2022年11月29日、企業関係者や旅行会社、報道陣などへ向け、最新...
別窓で開く

コロナ禍で旅客需要激減に見舞われたANAHDを救ったのが、貨物事業の存在だ。同社ではその収益性を高めるために、貨物事業を構造からつくり直した。日経ビジネスの高尾泰朗記者の著書『ANA苦闘の1000日』(日経BP)から、一部を紹介しよう——。(第3回)■貨物専用機は100トンだが、旅客機は2トンしか運...
別窓で開く

ANA巨大機だけのレア席「ベッドになるエコノミー」を体験! ひと工夫で「最強に爆睡」できた!!
ANAの巨大機A380「フライングホヌ」には、ベッドのように寝転べる珍しいエコノミークラスシート「ANA カウチシート」が存在します。実際に搭乗したところ、ひと手間加えることで、もっと快適性をアップさせることもできました。...
別窓で開く

2023年3月期に黒字決算を見込むANAHD。2020年1月に始まった新型コロナウイルス感染症の世界的なパンデミックで航空機需要が蒸発した後、ANAはこの危機をどう乗り越えたのか。日経ビジネスの高尾泰朗記者の著書『ANA苦闘の1000日』(日経BP)から、一部を紹介しよう——(第1回)。■ANA社員...
別窓で開く

巨大機「A380」3号機&羽田T2「封印されしエリア」復活はいつ? ANA社長に聞く国際線の展望
新型コロナ感染拡大による大幅減便から徐々に復調を見せる国際線航空便。ANAの井上社長はどのような未来を描いているのでしょうか。A380の全機復活や羽田の第2ターミナル全面再開の予定など、その状況を聞きました。水際対策の緩和が10月から実施も 新型コロナウイルス感染拡大で、国際・国内ともに大きな変動を...
別窓で開く

「三菱スペースジェット」、“立ち止ま”ったまま初飛行7周年迎える 最初は「リージョナルジェット初」の設備も?
ホントにどうなっちゃうんでしょうね…?開発時は「新設備マシマシの旅客機」だった…? 三菱重工グループの三菱航空機が手掛けた、「スペースジェット(旧称:MRJ)」が、2015年11月11日に初飛行しました。この「スペースジェット」は6度の納入延期を発表したのち、2020年に「一旦立ち止まる」とのコメン...
別窓で開く

海外路線拡充を視野に「11月16日から、A321LR 2機体制に!」ジェットスター・ジャパン
 2022年11月16日から、ジェットスター・ジャパンは、燃費効率に優れ地球環境に配慮した新型機エアバス A321LR機・2機での運航を行う。これまでは、成田—福岡、成田—新千歳だけだったが、新たに成田—那覇線での運航も行う。 将来的には、海外路線への充当も視野に入れているものと思われる。12月15...
別窓で開く

「デカすぎて圧巻」 中部空港に大韓航空の巨大機「A380」が初飛来… なぜなのか?
こんな日が来るとは…。F1日本グランプリにともなうチャーター便として 韓国の航空会社、大韓航空が保有する総2階建て旅客機「エアバスA380」が2022年10月、中部空港に飛来しました。中部空港の公式SNSアカウントによると、大韓航空のA380がこの空港に来るのは、今回が初とのことです。...
別窓で開く


[ エアバス ana ] の関連キーワード

ジャパン 大韓航空 ana