本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



73年前でジャンボ・ジェットより巨大! 怪鳥プロペラ旅客機「ブラバソン」の伝説 機内に映画館!?
いまから73年前、巨大機とされるボーイング747をも上回る大きさのプロペラ旅客機が初飛行しました。イギリスが威信をかけて開発したこの機体、現代では考えられない独特なものが詰まっていました。全幅は約70m!客室幅も747超え!「巨人機」と呼ばれるような旅客機と言えば、「ジャンボ・ジェット」と呼ばれたボ...
別窓で開く

「大西洋の疫病神」は元・超ハイスペック旅客機!? 「Fw200」初飛行-1937.7.27 80年越し復元でも注目
デザインも「戦時中の飛行機」っぽくないような…。長距離飛行性能に強み 1937年7月27日はドイツ・フォッケウルフ製のプロペラ機、Fw200「コンドル」が初飛行した日です。この機は当初ルフトハンザ航空向けの旅客機として開発されたのち、軍用輸送機としても活躍。当時としては卓越した能力を誇った飛行機のひ...
別窓で開く

「ウクライナ侵攻で最後に笑うのは習近平」中国研究の第一人者が見解
中国問題グローバル研究所所長で筑波大学名誉教授の遠藤誉氏が7月4日、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。辛坊が遠藤氏と、ロシアのウクライナ侵攻によって勢いを増す中国の現状について語り合った。...
別窓で開く

NATOの相互運用性向上へ ドイツ連邦軍 次世代大型ヘリにCH-47F「チヌーク」を採用
エアバスとボーイングが歴史的タッグ組んだ成果かも。「チヌーク」ユーザーにドイツも仲間入り ドイツ国防省は2022年6月1日(水)、新たな輸送ヘリコプターとしてCH-47F「チヌーク」の採用を決めたことを明らかにしました。 ドイツ連邦軍では従来、大型の輸送ヘリコプターとしてCH-53G「シースタリオン...
別窓で開く

エアバスの爆売れ空中給油機 何がいいのか? 米空軍も“今度は買う”になりそうな秘策も
ロッキード・マーチンがエアバスの空中給油機A330-200MRTTをアメリカ空軍へ新型空中給油機として提案しています。世界中でシェアを伸ばすA330-200MRTT、何がいいのでしょうか。...
別窓で開く

空飛ぶレーダー「皿」から「まな板」へ世代交代 早期警戒管制機のゆくえ 空自機はどうなる?
アメリカ空軍が早期警戒管制機E-3の一部をE-7で更新します。世界中で運用され、空の番人ともなっているE-3ですが、初飛行から40年以上が経過。更新機は性能こそ向上しているものの、“その先”を見据えた開発も進んでいます。...
別窓で開く

「ボーイング767」なぜ35年以上も国内で主力? やっぱり不動の「優等生」 その功績と強み
日本で35年以上、主力級の活躍をする旅客機がボーイング767です。まさに優等生のような機種ですが、どのような飛行機で、どんな魅力があるのでしょうか。1980年代から国内航空会社で活躍 日本でボーイング767といえば、国内ほぼ全ての主要空港に就航できる優等生のような存在です。...
別窓で開く

「2階建て旅客機」WW2直後に存在? 超豪華ワガママボディのプロペラ機「377」 祖先はB-29!?
第二次大戦後に日本の民間航空が再開されたころ、羽田空港に乗り入れてきた旅客機に、胴体がまるで下膨れしたかのような「ボーイング377」がありました。この不思議な形のモデルは、どのような機体だったのでしょうか。胴体下部にはラウンジも? 第二次世界大戦後、日本の民間航空が再開された1950年代、羽田空港に...
別窓で開く

エアバスよくぞ復元した! 80年の時を超えた「大西洋の疫病神」Fw200 日本にもゆかり
エアバスが80年の時を経て復元したドイツ産のフォッケ・ウルフFw200「コンドル」。この飛行機はどのようなものだったのでしょうか。ハイスペックゆえの記録、日本との関わりなどを見ていきます。当時としては卓越した長距離飛行を実現 ヨーロッパの航空機メーカー、エアバスがドイツのベルリンで、約80年前の4発...
別窓で開く

カッコいいけど中途半端じゃ!? エンジン3発のジェット旅客機 なぜ生まれたのか?
現代では、エンジン2発の旅客機が主力ですが、これと置き換えられたのは4発機だけではなく、3発機も同様です。3発機は4発機よりパワーが、双発機より環境性能や燃費が劣り、操縦もこれらとは特性が異なるのに、なぜ生まれたのでしょうか。...
別窓で開く


<前へ12次へ>