本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



韓国・大韓航空の「成田へ巨大機A380」投入、見送りへ 9月は787とA330運航がメインに
コロナ禍もありますし、なかなか予定通りにはいきませんね。KE703・KE704で投入予定も 韓国・大韓航空が2022年9月1日から予定していた、成田〜仁川線への総2階建て胴体をもつ超大型旅客機「エアバスA380」の投入が見直されました。...
別窓で開く

韓国・超巨大大韓航空機「エアバスA380」 9月から成田線に投入へ 毎日1往復 A330から大型化
スポッター的には狙いやすい時間ですね!9月から成田〜仁川線で1往復 大韓航空が2022年9月より、成田〜仁川線に、総2階建て胴体をもつ超大型旅客機「A380」を投入します。同社の航空券予約画面でも、9月からA380が投入されている旨が公開されています。...
別窓で開く

日本未導入のレア機「ボーイング737-900」羽田へ ファミリー最大級の胴長 見られるのは今だけか?
約2年3か月ぶりに復活した東京とソウルを結ぶ直行便。それに伴い、日本の航空会社は使用していないレア機が羽田空港へ飛来しました。ただ、そのレア機も今だけとか。一体どんな機体なのでしょうか。大韓航空が日本に持ち込んだ激レア機 新型コロナウイルス感染拡大の影響で運休していた東京・羽田空港と韓国ソウル・金浦...
別窓で開く

トランプ前大統領の“置き土産”なくなるか? 新型「エアフォースワン」デザイン変更へ
アメリカ大統領専用機、通称「エアフォースワン」のデザインが元に戻るかもしれません。新モデルはトランプ前大統領時代に調達が決まり、大胆な塗装が施される予定でしたが取り止めに。その理由を見てみます。再び覆ったVC-25Bのカラーリング 次期「エアフォースワン」として採用が決まっているVC-25Bの塗装が...
別窓で開く

21世紀の”ミニバス”クルぞ! レア機「エアバスA220」、羽田に初飛来へ エアバスなのに100席級
エアバスの旅客機のなかでも「異端児」です。5月9日に東京で… ヨーロッパの航空機メーカー、エアバスが2022年5月、同社の旅客機「A220」でアジア太平洋地域を巡るデモンストレーションツアーを実施しています。このツアーの一環でA220は羽田空港にも飛来予定で、同社の公式Facebookによると、「5...
別窓で開く

水素or天ぷら油!? 「旅客機のCO2排出ゼロ」実現のカギは? エアバス・ボーイングの方針に違い
航空業界が一丸となって取り組む「二酸化炭素排出の削減」。将来的に「CO2実質排出ゼロ」のための有力手段が「水素エンジン」と「SAF」です。エアバスとボーイングでは、このアプローチに差が見られます。エアバスで開発の「ゼロエミッション」機とは 航空分野のCO2(二酸化炭素)排出量は世界全体で2.6%とい...
別窓で開く

暴力団員が航空機に持ち込んだ手榴弾が爆発? “空の安全対策”が問われた「タイ航空機爆発事件」を解説
 今回紹介する、ゆっくり亭さんが投稿した『【機内で手榴弾が】タイ航空機爆発事件【ゆっくり解説】』という動画では、音声読み上げソフトを使用して、1986年に発生したタイ航空機爆発事件について解説していきます。...
別窓で開く


<前へ1次へ>