本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



2度の航空事故で運航停止処分、ボーイング737MAXが中国で復活か
2022年9月21日、中国の検索エンジン大手の百度に、2度の航空事故により中国当局から運航停止処分を受けているボーイング737MAXが中国で復活する可能性があるとする文章が掲載された。...
別窓で開く

日本航空(JAL)の貨物部門が好調だ。2021年度の売り上げは2183億円で前年比5割増となった。貨物機を1機も保有していないJALが、なぜ貨物で稼げるのか。航空ジャーナリストの北島幸司さんは「2010年の経営破綻で15機あった貨物機を全て手放し、旅客機の床下だけで効率よく稼ぐことができた。破綻の教...
別窓で開く

【ベトナム航空】9/24・25開催! 「ツーリズムEXPOジャパン2022」出展
 2022年9月24日・25日、ベトナム航空は、東京ビッグサイトで4年ぶりに開催される世界最大級 旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン2022」に出展する。ASEAN加盟国の航空会社で専用ブースを設けるのはベトナム航空だけ。...
別窓で開く

元祖「もっとも醜い航空機」!? その名も“妊娠した魚” 世界に1機 超異形の飛行機なぜ誕生?
胴体上部が大きく膨らみ、あまりに変わった外形が特徴の4発プロペラ機「プレグナント・グッピー」。この機はどのように誕生したのでしょうか。その誕生経緯と初飛行後を見ていきます。元祖「もっとも醜い航空機」!? とある航空評論家から「もっとも醜い航空機」と評された飛行機「スーパー・グッピー」。胴体上部が大き...
別窓で開く

中国の航空会社が旅客機140機を引き取らず、ボーイングは他の売り先を模索
ボーイング社のブライアン・ウェスト最高財務責任者(CFO)は17日までに、中国の航空会社が引き取らないB737MAXシリーズの旅客機について、他の売り先を模索することを明らかにした。中国当局はB737MAXの飛行停止令を継続している。引き取られていないB737MAXシリーズは、約140機とされる。...
別窓で開く

世界が注目「エリザベス女王の棺を運んだグレーの飛行機」実は米国製 垣間見える英空軍の転機
世界で惜別の声が溢れた、エリザベス女王の死。そのご遺体を運んだのが、ずんぐりとした胴体が特徴の英空軍「グローブ・マスターIII」輸送機でした。これはどのような機体なのでしょうか。米空軍にむけ米国メーカーが製造したC-17「グローブ・マスターIII」 2022年9月、エリザベス女王が96歳で亡くなり、...
別窓で開く

日本ではレア!?なエアバス最小機「A220」とは? 実は超ユニークな経歴アリ 機内や機能もスゴイ!
そう言われると、見た目も「エアバスっぽくない」気も…。そもそもカナダ・ボンバルディアが開発 ヨーロッパの航空機メーカー、エアバスが現在販売している旅客機のなかで、もっとも小型のシリーズ「A220」。いまから9年前の2013年9月16日に初飛行したこのA220は、エアバスの旅客機のなかでも一風変わった...
別窓で開く

頭デカすぎ!! エアバス初の異形機「ベルーガ」なぜ生まれた? 日本のファン注目、将来の“再雇用”とは
エアバスが製造した初めての異形貨物機「ベルーガST」。胴体の上部が膨らんだこのユニークな機体はどのように生まれたのでしょうか。また経年化も進んでいますが、その将来にも注目です。1994年9月13日初飛行 1994年9月13日、ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社(当時はエアバス・インダストリー)か...
別窓で開く

カッコよすぎて「阿鼻叫喚」!? ANA本気の新「鬼滅」機のデザインに好評集まる 白尾翼に「思い出す」声も
1号機、2号機とは全然方向性が違います。飛行機もデカいです!10月3日定期便就航 ANA(全日空)が2022年10月3日より国内線定期便に就航させるテレビアニメ『鬼滅の刃』のキャラクターをあしらった特別塗装機「鬼滅の刃 じぇっと -参-」。このデザインが9月5日に公開されました。...
別窓で開く

ジャンボ機の“コブ”の上にもっとデカい“コブ”! 異形すぎる747「ドリーム・リフター」なぜ誕生?
ボーイング747のトレードマークとなっている“コブ”のうえに、さらに大きなコブをつけた異形の貨物機「ドリーム・リフター」があります。この二重コブ飛行機は、なぜ生まれたのでしょうか。747-400Fの3倍の収容力 2006年9月9日、一風変わった形に改造された「ジャンボ・ジェット」、ボーイング747貨...
別窓で開く