本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



韓国「次世代戦闘機計画」公表なぜ今? 新型国産機は初飛行直後…背景に日本の動きアリか
韓国の航空宇宙産業グループのKAIが第6世代戦闘機の開発を志向していると表明しました。2022年に自社自らが第4.5世代戦闘機と称するであるKF-21を初飛行させたばかりにもかかわらずです。真意はどこにあるのでしょう。...
別窓で開く

新ジャンル航空機「LSA」やっと日本で許可… 国産ダメ!? 航空行政が周回遅れな“理事国”日本の実態
欧米で急成長を続ける軽量スポーツ機ジャンルの「LSA」。日本でもようやく飛べるようになりましたが、それでもアメリカやカナダ、ヨーロッパなどと比べると圧倒的に遅れているそう。どこが問題なのか探ります。主要国のなかで唯一LSAが普及していない日本 1990年代のバブル崩壊後、いまでも縮小が続く日本の小型...
別窓で開く

JAL国内線から消える「お値打ち座席」 格安フルフラット体験で人気も...「777」退役で幕
日本航空(JAL)の国内線を飛ぶ大型機が、あと半年ほどで完全に世代交代することになりそうだ。JALが2023年1月17日に発表した国内線の便数計画で、ボーイング777-200ER型機が23年度上期中に退役することが明らかになったからだ。777型機の後継にあたる大型機のエアバスA350-900型機の導...
別窓で開く

エアバスA320ベースの哨戒機は生まれるか? フランス次世代海軍機の研究スタート
すでにボーイング737には海洋哨戒型や早期警戒型が存在します。ライバルはダッソーの新型ビジネスジェット フランス軍事省 装備総局(DGA)は、エアバスおよびダッソー・アビエーションの航空機メーカー2社と将来海洋哨戒機の開発に関する研究契約を締結したと発表しました。 エアバスは自社製の双発旅客機A32...
別窓で開く

JAL国内線「ボーイング777」今年上期に全機退役へ 近年では“豪華すぎる国内線機”としても話題に
少し前までは「幹線空港にはいつもいる」飛行機でしたが…。A350-900にバトンタッチ JAL(日本航空)が2023年1月17日、2023年度国内線基本便数計画を決定しました。このなかには、2002年8月に運航を開始したボーイング777-200ERを、2023年度上期中に退役させる方針が盛り込まれま...
別窓で開く

珍機「地下にトイレがある激長胴旅客機」まさかの増備! 退役濃厚から復活…なぜ? ルフトハンザ
ルフトハンザ航空が保有する「地下トイレ」を持つ“隠れた珍旅客機”、エアバスA340-600が今後増備される予定です。退役濃厚だった同機が一転、なぜここで運用機数を伸ばすのでしょうか。そもそも「退役対象」だったのが一転 ドイツのルフトハンザ航空が2023年第2四半期にも、4発ジェット旅客機「エアバスA...
別窓で開く

ボーイングは中国市場に復帰できるか、中国は旅客機製造「天下三分の計」実現できるか
英国メディアのBBCは13日付で、中国から「拒絶された」状態のボーイング社の状況と、中国で大型旅客機に位置づけられる自国で開発されたC919の投入などで、世界の航空市場の大部分が米国、EU、中国の3つの国と地域で開発された旅客機で占められる「天下三分の計」の状態になる可能性を論じる記事を発表した。...
別窓で開く

大ヒット機の異端児! 「胴体がやたら短いエアバスA320」の伝説 英国ではユニーク活用法も
チョロQみたいでかわいいルックスですが、機能は凄い?A320より約6m短い約31.4m 世界でもっとも売れた旅客機として知られている、ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社のベストセラーシリーズ「A320ファミリー」にはユニークな派生型が存在します。2002年1月15日に初飛行した胴体短縮タイプの「...
別窓で開く

ついに攻勢開始の「中国製旅客機」たち 世界を席巻できるのか? 独自路線ゆえ実用化に壁
中国の航空機メーカーCOMACが、2機種の新鋭旅客機を引っ提げ、攻めの態勢を見せています。これらはどんなモデルなのでしょうか。これまでの経緯を見ると、今後、課題も出てきそうです。躍進を見せる「C919/ ARJ21」 2022年12月、中国の航空機メーカー、COMAC(中国商用飛機)が、ふたつの大き...
別窓で開く

病と戦う子どもを持つ一家、北海道に「人生の岐路となる旅行」へ…その経緯  ANA&マクドナルド
なぜ北海道が選ばれたのでしょう。現在も車いすで生活 2022年夏、とある家族が、ドナルド・マクドナルド・チャリティーズ・ジャパン、そして航空会社のANA(全日空)サポートのもと、初の家族旅行へと出掛けました。ただこの旅行、この一家にとって重要な意味を持っています。 京都市に住む、三上奏くん(取材当時...
別窓で開く