本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



中国航空会社がエアバス旅客機292機を購入、米国では「あせりの論調」出現
中国国際航空、中国東方航空、中国南方航空、深セン航空はそれぞれ1日、欧州航空機メーカーのエアバス社が製造する新鋭機のA320neoを購入すると発表した。4社合計の購入数は292機で、受注額は370億ドル(約5兆円)を上回るとされる。中国メディアの環球時報によると、ボーイング社を擁する米国では「あせり...
別窓で開く

ANA巨大“ウミガメ”機「A380」がホノルル出発 28か月ぶりの定期便本復活 大迫力の離陸!
「亀さん復活」は現地の航空ファンにとっても大朗報らしく。11か月ぶりのホノルル離陸 2022年7月から、およそ2年4か月ぶりに定期便への定常投入が再開された、ANA(全日空)の総2階建て旅客機、エアバスA380「フライングホヌ(FLYING HONU。“空飛ぶウミガメ”を意味する)」。...
別窓で開く

やっぱ規格外!! ANA”ウミガメ”超巨大機A380、ついにハワイにカムバック! 28か月ぶり定期便本復帰
空港でもガン目立ち!やっぱ「ホヌ」はハワイが似合う!11か月ぶりのホノルル飛来 ハワイ・ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港に現地時間2022年7月1日午前8時半過ぎ、とてつもなく大きな”ウミガメ”デザインの旅客機が降り立ちました。2022年3月から定期便の継続的な運用から外れていたANA(全日...
別窓で開く

"空飛ぶウミガメ"完全復活!! ANA巨大機「A380」28か月ぶり定期便本復帰 社長「ファンの想い繋がった」
ついにこの日がやってきました!やっぱでかい!2020年3月から運用外れ ANA(全日空)が保有する超巨大旅客機、エアバスA380「FLYING HONU(フライングホヌ。“空飛ぶウミガメ”を意味する)」が2022年7月1日より、2年4か月ぶりに旅客便へ定常投入されます。その復帰初便が1日の20時30...
別窓で開く

トランプ前大統領の“置き土産”なくなるか? 新型「エアフォースワン」デザイン変更へ
アメリカ大統領専用機、通称「エアフォースワン」のデザインが元に戻るかもしれません。新モデルはトランプ前大統領時代に調達が決まり、大胆な塗装が施される予定でしたが取り止めに。その理由を見てみます。再び覆ったVC-25Bのカラーリング 次期「エアフォースワン」として採用が決まっているVC-25Bの塗装が...
別窓で開く

ジェットスター新機種が「お披露目フライト」 片岡社長が「ゲームチェンジャー」と意気込む理由
日本航空(JAL)などが出資する格安航空会社のジェットスター・ジャパンは2022年6月30日、現行のエアバスA320型機よりも大型のA321LR型機のチャーターフライトを運航した。7月1日から国内線の定期便として運航が始まる予定で、ジェットスターのA321LRが乗客を乗せて運航するのは今回が初めて。...
別窓で開く

ルフトハンザの超巨大旅客機「エアバスA380」が帰ってくる! 来夏再就航へ 需要急回復に対応
いまはスペインとフランスにいるそうです。新型旅客機の納入遅れも一因 ドイツのルフトハンザ航空が2023年夏より、総2階建ての胴体を持つ超大型旅客機「エアバスA380」を再度就航させる予定です。同社は再投入の理由を、航空需要の急回復と、導入予定の新型旅客機の納入遅れによるものとしています。...
別窓で開く

ANA巨大機「A380」 パイロットから見た操縦の特徴は? 再就航直前に映画館でユニーク企画
なんと操縦性は全然“カメっぽくない”らしい!機体の姿勢を動かさないように…。 2022年7月から約2年4か月ぶりに、定期便へ再度定常投入される、ANA(全日空)の超巨大旅客機、エアバスA380「FLYING HONU(フライングホヌ。“空飛ぶウミガメ”を意味する)」。パイロットから見たこの機体は、ど...
別窓で開く

ANAの超巨大機「A380」 機体洗浄も規格外だった! 担当者に聞く他機との“洗い方”の違い
ANAが保有する総2階建ての超巨大旅客機エアバスA380「フライングホヌ」。その規格外の大きさゆえ、機体の洗浄作業も他機とは結構違います。どのような差があるのか、担当者に聞きました。初号機と2号機でホノルル線へ ANA(全日空)が2022年7月1日から、約2年4か月ぶりに定期便へ定常的に投入する総2...
別窓で開く

JALはなぜ“ボーイング一強”になったのか 近年の「脱・ボーイング」は半世紀前の再現?
JALは、これまでボーイング社のモデルを“一強”と呼べるほど重用してきましたが、それが近年変わりつつあります。ここまで同社の使用メーカーの選定はどのような推移をたどってきたのでしょうか。当初は「ダグラス一強」だった JALは、これまでの機材選定の歴史の中で、米・ボーイング社のモデルを“一強”と呼べる...
別窓で開く