本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



アストロズ、レンジャーズ、マリナーズが三つ巴の戦い。一方、エンジェルスは案の定……【MLB地区別球団通信簿:ア・リーグ西地区】<SLUGGER>
レンジャーズが球団史上初の世界一を勝ち取って幕を閉じた、2023年のMLBペナントレース。その結末に至るまでにしのぎを削った全30球団の戦いぶりを通信簿形式で採点した。今回はア・リーグ西地区の5球団をお送りしよう。...
別窓で開く

大谷の右ヒジ靱帯損傷で改めて浮上するエンジェルスの“無策”ぶり。稀代の才能を浪費したオーナーの罪は大きい<SLUGGER>
大谷翔平(エンジェルス)が右ヒジ靱帯を損傷し、今シーズンはもう登板しないことが決まった。最悪、2度目のトミー・ジョン手術を強いられる可能性もある。二刀流選手として、文字通り“超人的”な活躍を続けてきた大谷だが、やはり身体は超人ではなく人間だった。 投手、しかも本格派タイプとな...
別窓で開く

夏の補強戦線で「オールイン」のエンジェルスが急失速、「一歩後退」のマリナーズが急浮上...なぜ2チームにこれほどの差がついたのか<SLUGGER>
今から約2週間前、エンジェルスとマリナーズはほぼ同じポジションにいた。7月31日時点の勝敗はエンジェルスが56勝51敗でワイルドカード3位から3ゲーム差、マリナーズは55勝51敗で3.5ゲーム差という状況だった。 しかし、トレード・デッドラインで両チームは対照的な道を選んだ。...
別窓で開く

大谷をトレードで放出しないなら、今からでもがむしゃらに補強を目指すべき——エンジェルスに迫られる“最終決断”<SLUGGER>
「(プレーオフへの思いは)年々、強くはなっていますね、それは負ければ悔しいし、いけなかったら悔しいというのはその通りなので、優勝したことがない以上は優勝したいと思うのが自然かなとは思います」(オールスター前の共同会見) もし大谷翔平がエンジェルスのユニフォームを着て優勝したいのなら、今夏のトレード期...
別窓で開く

「交換要員の質はマチャド以上ソト未満」「移籍先はドジャース、パドレス、メッツ」大谷途中放出の“シナリオ”を探る<SLUGGER>
今夏のトレード・デッドラインで言及される選手の中で、大谷翔平(エンジェルス)ほど大きなインパクトを与える存在はいない。 現在、エンジェルスは2014年以来のプレーオフ進出を目指して戦っており、実際に大谷を放出するかどうかは不透明だ。プレーオフ出場のチャンスが少しでもあれば、大谷をトレードしない可能性...
別窓で開く

大谷翔平の移籍期限までのトレード否定に米メディアで賛否両論!米老舗誌は独自見解「状況が変わる可能性はまだある」
稀代の二刀流スターに囁かれる噂が絶えない。 大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)は現地6月20日、本拠地で行なわれたロサンゼルス・ドジャース戦に「2番・指名打者」でスタメン出場。6月絶好調の二刀流スターの前に過去3度のサイ・ヤング賞を受賞したクレイトン・カーショウが立ちはだかった。 同日にはア・リ...
別窓で開く

「トレードはない!」エ軍GMが大谷翔平の移籍期限までの放出否定も、今オフ移籍の可能性を米記者は指摘「史上最高額の契約を結ぶだろう」
ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は現地6月20日、ロサンゼルス・ドジャースとのフリーウェイシリーズに「2番・指名打者」でスタメン出場するも、先発左腕クレイトン・カーショウの前にバットが沈黙。4打数ノーヒットに終わり、連続試合安打が「15」でストップ。チームも0対2で敗れた。 同日、ア・リーグ週間...
別窓で開く

ネト、ジョイスは超スピード昇格を果たしたが...あまりにも“ハイリスク”なエンジェルスのドラフト戦略<SLUGGER>
5月29日のホワイトソックス戦で、エンジェルス期待の新人ベン・ジョイスがデビューした。テネシー大に在籍していた昨年5月に105.5マイル(169.8キロ)を計測して注目を集め、昨年7月のドラフトでも話題になっていたため名前を知っていたファンも少なくないだろう。...
別窓で開く

トラウトとの“激似”ぶりで話題のハンター・レンフローはパワー&強肩が自慢の愛すべきカントリーボーイ<SLUGGER>
昨年11月、エンジェルスはブルワーズとのトレードでレンフローを獲得し、ついに2人を邂逅させた。また、これでレンフローは5年続けて違うチームのユニフォームを着てプレーすることになった。 レンフローとトラウトがチームメイトになったことで、サインを求めるファンが2人を混同してしまう場面も見られるようになっ...
別窓で開く

来季から導入開始のピッチクロック。新ルールが大谷翔平にもたらす影響は? エ軍GMはなぜ「なし」と断言できるのか?
来季からメジャーリーグでは、時間短縮を目的として、ピッチクロックが導入される。同ルール施行後は、投手の場合、走者なしで15秒、走者がいるケースは20秒以内に投球動作を始めなければならず、これを超えた場合は1ボールがカウントされる。一方で打者は残り8秒より前に打席に入らないと1ストライクが与えられる。...
別窓で開く


[ エンジェル ペリー mlb slugger ] の関連キーワード

slugger マリナーズ ドジャース ジョイス mlb
メッツ

<前へ123次へ>