本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「どう見ても悲惨なオフシーズン」専門メディアがエンジェルス経営陣を糾弾「なんの意欲も示していない」
「控えめに言って、ロサンゼルス・エンジェルスのオフシーズンは厳しいものだ」 今オフに大谷翔平が退団した一方、エンジェルスが獲得したのはいずれも1年契約のルイス・ガルシアやアダム・シンバーといった救援や、先発のザック・プリーサックといったあたり。戦力アップしたとは言い難く、エンジェルス専門メディア『H...
別窓で開く

アストロズ、レンジャーズ、マリナーズが三つ巴の戦い。一方、エンジェルスは案の定……【MLB地区別球団通信簿:ア・リーグ西地区】<SLUGGER>
レンジャーズが球団史上初の世界一を勝ち取って幕を閉じた、2023年のMLBペナントレース。その結末に至るまでにしのぎを削った全30球団の戦いぶりを通信簿形式で採点した。今回はア・リーグ西地区の5球団をお送りしよう。...
別窓で開く

GM会議の話題は大谷翔平が中心!「伝統的に大物FAに正式オファーを送るのは2〜3チームだが、オオタニには10チームが…」と米記者報道「彼はスポーツ界の“聖杯”だ」
現地11月7日、アリゾナ州スコッツデールでMLBのGM会議が開幕し、今オフのストーブリーグが幕を開けた。このGM会議で大きな話題になったのが大谷翔平だった。『USA Today』のボブ・ナイチンゲール記者は同日、「ショウヘイ・オオタニがGM会議の話題を独占」と報じた。...
別窓で開く

FA最大の注目株、大谷翔平の「気になる今後の流れ」をLA紙記者が解説「市場価値は依然として史上最高」「記録的な契約が結ばれるだろう」
ワールドシリーズが終わり、大谷翔平は現地11月2日9時(日本時間2日22時)に正式にFA(フリーエージェント)となる。FA市場最大の注目プレーヤーとみなされている大谷は今後、どのような流れで去就が決まっていくのか。米紙『Los Angeles Times』でロサンゼルス・エンジェルスを担当するサラ・...
別窓で開く

「もはやコメディ」エンジェルス、ウェーバーで5選手放出も、ぜいたく税の基準をクリアできず「何もかもうまくいかない」とファン憤慨
コストカットしてぜいたく税(チームの年俸総額が基準を超えた場合に相応の負担金が課せられる)の基準をクリアしようと、ロサンゼルス・エンジェルスはウェーバーで5選手を放出した。しかし、それでもぜいたく税の基準をクリアできていないことが明らかになった。...
別窓で開く

夏の補強戦線で「オールイン」のエンジェルスが急失速、「一歩後退」のマリナーズが急浮上...なぜ2チームにこれほどの差がついたのか<SLUGGER>
今から約2週間前、エンジェルスとマリナーズはほぼ同じポジションにいた。7月31日時点の勝敗はエンジェルスが56勝51敗でワイルドカード3位から3ゲーム差、マリナーズは55勝51敗で3.5ゲーム差という状況だった。 しかし、トレード・デッドラインで両チームは対照的な道を選んだ。...
別窓で開く

大谷をトレードで放出しないなら、今からでもがむしゃらに補強を目指すべき——エンジェルスに迫られる“最終決断”<SLUGGER>
「(プレーオフへの思いは)年々、強くはなっていますね、それは負ければ悔しいし、いけなかったら悔しいというのはその通りなので、優勝したことがない以上は優勝したいと思うのが自然かなとは思います」(オールスター前の共同会見) もし大谷翔平がエンジェルスのユニフォームを着て優勝したいのなら、今夏のトレード期...
別窓で開く

トラウト復活以上のキーマンは剛腕!? エンジェルスがプレーオフに進出するための「5つの条件」とは<SLUGGER>
いよいよ2022年のシーズンが始まる。大谷翔平が所属するエンジェルスは6年連続負け越し中。今季こそプレーオフ進出を果たすためには一体何が必要なのか。「5つの条件」を考えてみた。●1:“雷神”シンダーガードが健康に過ごせるか 昨季、怪我に泣かされたマイク・トラウトとアンソニー・...
別窓で開く

大谷翔平がエンジェルスを“卒業”する日——ワールドチャンピオンを目指すならFA移籍は不可避?〈SLUGGER〉
昨年9月26日、マリナーズ戦に先発した大谷翔平(エンジェルス)は7回5安打1失点、10奪三振と好投しながら10勝目を逃した。7回表に同点に追いつかれた後の攻撃が無得点に終わると、大谷はダグアウトでバットを叩きつけ珍しく怒りを露わにした。 試合の後の会見で、大谷は次のように語っている。「ファンの人も好...
別窓で開く

【エンジェルスの失われた10年:後編】ワンマンオーナーに旧時代の名将…2人のカリスマが組織を停滞させた<SLUGGER>
「大谷翔平選手はホームランを放ちました。なおエンジェルスは……」。今年、何度このフレーズを耳にしたことだろう。100年に一度の二刀流選手と球界最高のプレーヤーがいながら、なぜエンジェルスは勝てないのか。“負の歴史”は10年前に始まっていた——。...
別窓で開く


<前へ1次へ>