本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



気が早すぎ! 米ESPNが24年シーズンのMLBオールスターにドジャース・大谷翔平を選出! 先発部門候補には山本由伸も名を連ねる!
現地1月26日、米スポーツ専門局『ESPN』は、「早すぎる2024年のMLBオールスター。両リーグのロースター予想」と銘打った特集記事を配信した。同局は約半年後の今季オールスター・ゲームで選ばれるであろう選手の顔ぶれを予想しており、ナ・リーグの指名打者(DH)部門には、ロサンゼルス・ドジャースの大谷...
別窓で開く

“ファイアーボーラー”藤浪晋太郎はカーディナルスへ?「昨シーズン終盤に内容が良くなった」とカ軍メディア獲得進言「興味深い投手」
MLB1年目の2023年にオークランド・アスレティックスとボルティモア・オリオールズでプレーし、このオフにFAとなった藤浪晋太郎に、セントルイス・カーディナルス専門メディアがラブコールを送った。【PHOTO】メジャー1年目、アスレティックスとオリオールズで奮闘した藤浪晋太郎を厳選ショットで紹介!「こ...
別窓で開く

アストロズ、レンジャーズ、マリナーズが三つ巴の戦い。一方、エンジェルスは案の定……【MLB地区別球団通信簿:ア・リーグ西地区】<SLUGGER>
レンジャーズが球団史上初の世界一を勝ち取って幕を閉じた、2023年のMLBペナントレース。その結末に至るまでにしのぎを削った全30球団の戦いぶりを通信簿形式で採点した。今回はア・リーグ西地区の5球団をお送りしよう。...
別窓で開く

大乱闘劇を繰り広げたラミレスとアンダーソン、ファンに食ってかかったレンドーン、シャーザーには不正投球疑惑...【2023MLBお騒がせ事件簿】<SLUGGER>
今季は日本プロ野球でもさまざまなスキャンダルが噴出した。だが、騒動の頻度やスケールにおいて、メジャーリーグには到底かなわない。今季も派手な乱闘に監督との確執、失言炎上などトラブルのオンパレード。...
別窓で開く

「藤浪晋太郎は完璧なブレイク候補」カーディナルス専門メディアが“剛腕”の獲得を進言「課題はあるが、偉大さの片鱗を見せつけた」
オークランド・アスレティックスと契約した2023年は、シーズン途中にボルティモア・オリオールズにトレード移籍。そして今オフにFAとなった藤浪晋太郎に、セントルイス・カーディナルス専門メディアの『Redbird Rants』が注目している。...
別窓で開く

大谷翔平の“影響力”は『今年の顔』テイラー・スウィフトと同じ!? 米敏腕代理人は破格金額に絶句「オオタニは成層圏に突入した」
世界のスポーツ史にその名を刻み込んだ。 現地12月9日、フリーエージェント(FA)で去就が注目されていた大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)が、ロサンゼルス・ドジャースと契約合意に達したと発表した。 注目の契約額は10年総額7億ドル(約1014億円)。...
別窓で開く

「ブルペンでの役割を受け入れよ!」藤浪晋太郎の残留を地元メディア提言! 一方で、FA松井裕樹の”奪三振率”に熱視線「日本のドクターKだ!」
日本人投手に食指が動いている。 今季アメリカン・リーグ東地区で101勝61敗で9年ぶりの地区優勝を飾ったボルティモア・オリオールズ。リーグ最高勝率で東地区を制したが、ワイルドカード2位でプレーオフに進出したテキサス・レンジャーズに3連敗で敗れ、地区シリーズ敗退を喫した。来季への巻き返しを期し、チーム...
別窓で開く

アスレティックスで「史上最悪の契約」と非難された藤浪晋太郎。地区Vオリオールズ番記者が爆笑した「飲み込みが早い」エピソードとは?
いったい誰が、こんなサクセスストーリーを想像できただろうか。 現地9月28日、ボルティモア・オリオールズがボストン・レッドソックスと対峙し、2対0で完封勝ち。今季100勝目を飾り、9年ぶりとなるア・リーグ東地区優勝を決めた。藤浪晋太郎は登板機会がなかったが、メジャー1年目でシャンパンファイトに酔いし...
別窓で開く

大谷翔平、藤浪晋太郎、そして鈴木誠也??1994年生まれの3人は試練を乗り越え、ただひた向きに前へ前へと進み続ける<SLUGGER>
「翔平と藤浪っていうのは、僕の世代の中でもずっとトップを走ってきた人たちだったんで、僕もそこに負けないように何とか頑張りたいなと思います」——鈴木誠也(9月19日、日本人の右打者で歴代最多の同一シーズン19本塁打を記録した夜)「先が見えなくなって不安になることもある」もがき苦しみながら、鈴木誠也は1...
別窓で開く

第2の水原一平通訳か!? オリオールズ藤浪晋太郎を支える“縁の下の力持ち”に地元メディア熱視線「私の仕事はフジナミのためだ」
剛腕を影で支える日本人通訳が、脚光を浴びている。 プレーオフ進出に向け、アメリカン・リーグ東地区首位を走るボルティモア・オリオールズ。オークランド・アスレティックスから今季トレードで途中加入した藤浪晋太郎はどんなシチュエーションでも、チームのために与えられた場面で165キロを超える速球を武器にメジャ...
別窓で開く


<前へ12次へ>