本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



マエストロ山田和樹「夢舞台」英ロンドンで世界最大クラシック音楽祭「BBCプロムス」デビュー
日本とヨーロッパを中心に意欲的に活動する指揮者の山田和樹(43)が25日、英国ロンドンの夏の風物詩であり、世界最大のクラシック音楽祭と言われる「BBCプロムス」にデビューした。度重なる客演や日本公演で強い信頼関係のあるバーミンガム市交響楽団とともに、ロイヤル・アルバートホールで公演した。...
別窓で開く

「母が『ジュリアーノ、本当に日本語で話してほしい』って」…後藤久美子の息子(22)が語る、“後藤・アレジ家の教育方針”
 1980年代後半に美少女ブームを巻き起こした女優の後藤久美子(48)を母に、1990年代のF1界で活躍したレーシングドライバーのジャン・アレジ(58)を父に持つ、ジュリアーノ・アレジ(22)。? 父と同じレーシングドライバーの道を進み、2021年からはTOM'Sに所属して活動の拠点を日本に移してい...
別窓で開く

女子テニス元1位のバーティーが明かす引退後の生活!「他の選手がボールを打つ姿を見ようとは思わない」<SMASH>
今年1月の全豪オープンで悲願の地元優勝を果たすも、その2カ月後に世界ランキング1位のまま現役から退いたアシュリー・バーティー(オーストラリア)が、現在の生活や女子テニス界について英紙『The Guardian』ほか複数のメディアに語った。 現役時代は女子テニス界屈指の技巧派としてしられた彼女だが、現...
別窓で開く

「リバキナのウインブルドン優勝はロシアテニス界の成功!」発言に本人が「同意できない」と反発!<SMASH>
カザフスタンの選手として初めてウインブルドン優勝を果たしたエレナ・リバキナ。だが、彼女がかつてロシア国籍を有していたことや現在も両親がモスクワで暮らしていることを理由に、ロシア国内では現在「栄冠獲得は我が国の成果だ」とする声が飛び交っている。 幼少のころのリバキナはフィギアスケートの選手を目指してい...
別窓で開く

キャサリン妃、ウィンブルドン女子シングルス決勝を観戦 鮮やかなイエローのドレス姿に絶賛の声
ウィリアム王子とキャサリン妃が、ウィンブルドンで開催した女子シングルス決勝の観戦に訪れた。妃は今年3月のカリブ海ツアーで着た、鮮やかなイエローのドレスを再び着用して登場。ともにグランドスラム決勝初進出したエレナ・リバキナ選手対オンス・ジャバー選手の歴史的な試合を観戦した。...
別窓で開く

ウインブルドン初優勝の23歳リバキナ。終始クールだったが記者会見で涙「感情を出すところを見たかった?」<SMASH>
テニス四大大会「ウインブルドン」は現地7月9日に女子シングルス決勝が行なわれ、23歳のエレナ・リバキナ(カザフスタン/世界ランク23位)が格上のオンス・ジャバー(チュニジア/世界ランキング2位)に3−6、6−2、6−2の逆転で勝利。カザフスタン人女子選手初のグランドスラム優勝を成し遂げた。...
別窓で開く

23歳のリバキナが格上のジャバーを破りウインブルドン女王に! カザフスタン選手として初の四大大会制覇<SMASH>
大詰めを迎えているテニスの四大大会「ウインブルドン」は現地7月9日に女子シングルス決勝が行なわれ、第3シードのオンス・ジャバー(チュニジア/世界ランキング2位)と第17シードのエレナ・リバキナ(カザフスタン/同23位)が対戦。リバキナが3−6、6−2、6−2で勝利し、23歳で初のグランドスラムタイト...
別窓で開く

『FGO』に“イケオバ”がいない謎…萌えキャラとイケメンだけの世界に違和感?
『FGO』に“イケオバ”がいない謎…萌えキャラとイケメンだけの世界に違和感? (C)PIXTA大人気スマートフォンゲーム『Fate/Grand Order』(FGO)には、神話などをモデルとしたサーヴァントが300体以上登場する。しかし、これだけの数をそろえていながら、見た目が“老婆”であるキャラク...
別窓で開く

大坂なおみがウインブルドン前哨戦を欠場、ダニエル、杉田は予選敗退【6月13日からの大会・放映・配信予定】<SMASH>
6月13日からの週は、男女とも2大会ずつ開催される。 日本人男子選手は、ダニエル太郎が「シンチ選手権」、杉田祐一が「テラ・ウォルトマン・オープン」の予選に出場したがいずれも初戦で敗れ、他に出場選手はいない。 日本人女子選手は、大坂なおみが「ベット1・オープン」にエントリーしていたが欠場となり、全仏オ...
別窓で開く

【ご成婚29周年】「一生全力でお守りします」天皇陛下が守り続けたプロポーズの誓い
「このコはよく食べますね」「こちらにも葉を置いたほうが食べやすいかも……」蚕たちが食べる桑の葉の置き方について相談される雅子さまと愛子さま。そしてお二人を、ほほ笑みながら見つめられる天皇陛下。天皇ご一家が、そんなかけがえのないひと時を過ごされたのは、6月1日午後のことだったという。皇室担当記者が次の...
別窓で開く